2015年 05月 13日 ( 2 )


2015年 05月 13日

サン・フランシコへ旅発つ

この大きな杉の木と塔の油絵がついに永遠なる住処を見つけた。
サン・フランシスコから来た女性のお宅へ。

サン・フランシスコというと即スコット・マッケンジーの’If you're going to San Francisco...'
やザ・ママス&ザ・パパスの‘California Dreamin'などの60年代の大ヒット曲を思い出す。

60年代、平和と愛を奏でた素晴らしい肯定的な時代、フラワーパワーの
代表と言える音色である。その頃を思い出すと懐かしさで涙がでるほどだ。
現在のどこに行き着くでもない真っ暗闇、見えない敵と勝ち目のない戦いを強いられる
鬱の今このごろとは対照的な躁の時代。
古い価値概念を打ち壊していこうという新しい道へ向けての希望とエネルギー溢れる60年代。
もちろん反戦運動などを介しての若者パワーのほとばしる時代。

そんな自己意識の中で思い出深いサン・フランシスコについに空を飛んで行ってくれるアレの杉の絵。
それも素晴らしい心の持ち主とすぐにわかる方の元へ。

有り難いという言葉だけが心を満たす。
5月13日記念すべき日。

f0097102_22175690.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2015-05-13 22:21 | Arte di Ale(アレのアート)
2015年 05月 13日

Caffe Letterario Gallery

今開催中の写真展、JAPAN。
展覧会は6月4日まで。
元々監獄だったLe Murateという場所は近年改装されてアパート兼文化施設や
レストラン、バーと成り代わった。
多少の助成金が得られての経営と思えるが近くにあるフィレンツェ大学の
建築家の学生達が多くたむろするところでもある。
初夏の素晴らしい日差しの中日曜日に展覧会の様子を見に行った。
人のにぎわいはかなりあるものの展覧会を観る人はどれだけいるだろう。
しかし展示作品に変わりなく、安心。

フィレンツェの大部分は観光客の巣であることを考えるとこの場所は案外
穴場かもしれない。
それぞれがそれぞれの思いでこの場所を使っている感じがした。

展覧会が終わるまでにもう一度足を運ぼうと思う。

f0097102_4104887.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2015-05-13 04:11 | Arte di Ale(アレのアート)