トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Cibo (食文化)( 5 )


2006年 05月 08日

食生活について一言

今日はちょっとイタリアの(というより私たちの)食生活について一言。初めてイタリアに来たとき(12〜13年前)はリラ使用プラス、円高もあり、とにかくなんでも食生活が安く感じたものです。その当時90,000リラ(当時で5000円ぐらいの感覚)も出せばスーパーの大きなcarrello (車かご)一杯の買い物ができました。外食も昼は10,000〜15,000リラ出せば「今日のメニュー」ーフルコースといかないまでもパスタ、メイン、コーヒーのセットーぐらいいただけたものです。 夜のレストランはアンティパストから始まり、最後の食後酒までフルコース、ワイン込み、たらふく食べて50,000リラぐらいでした。ですからあまり考えることなく食費は使っていました。
ところが、ユーロが導入された2001年以降、とんでもないことになってしまいました。露骨に物価が倍増したのです。年々の物価の多少の上昇は否めないものの、倍はひどすぎる(これは食だけに限らずガス、電気、水道も含めて)。
パンやバーでのコーヒー一杯など、人々が毎日支払うような最低限の価格はあまり変わりませんでしたが、他のものはあれよあれよという間に上がり、ピザもユーロ以前なら20,000リラ出せばピザ屋にて十分食べられたのに、今や20ユーロは最低。20ユーロは40,000リラです。レストランで夕食などすれば一人40〜50ユーロは普通になってしまいました。以前の倍です。ですから最近では外食も稀になりました。
そしてスーパーの買い物も必要最低限のものを買ってすぐに50〜60ユーロ(7000〜8000円)飛んで行きます。買い物は下の町グレーベでするのが常でしたが、グレーベは年々観光客が増え、物価も高いので、今では毎日のように買わねばならないパンなどの必需品以外は隣町かフィレンツェにてするようにしています。

アレなどはユーロ大反対の一人で、共通言語もなく人々のコミュニケーションもまだおろそかなのに、貨幣だけ共通にして何の意味があるのだ、と怒っています。私も本当にその通りだと思います。またヨーロッパ共同体の国間の良いところを享受できるならいざしらず、イタリアは車の保険や、銀行の手数料、赤ちゃんの粉末ミルクなど未だにヨーロッパ一高いそう。いったい何の得があったのかしら。すべては実体のないmulti nazionale (世界をまたにかけた大企業などもろもろの大物達)の懐が潤っているだけのような気がします。

こんな状況なので、毎日の食卓も工夫をこらし、なるべく冷蔵庫にあるものを有効利用して、食いつなぐというような生活です。野菜はそれでもまだ旬のものは比較的安く手に入るので、野菜中心のメニュー。また昼か夜か一回はパスタ料理。パスタもソースの材料次第で色々工夫ができ満足感もあるので食卓にはかかせません。
それでもイタリアの風土、旬の食べ物の豊富さ、気候の良さなどのメリットのおかげで裕福でなくとも美味しく楽しい生活はできる、というのは事実です。

昨日は旬の丸ズッキーニ詰めトマトソース煮を作りました。簡単で満足感の得られる一品です。日本で丸ズッキーニは手にはいるのかしら。
f0097102_18112389.jpg

中をくりぬいて、その中身をよく刻んで、みじん切りモルタデッラハム(ひき肉でも良いかも)とnoce moscata(ナツメグのことですが、こちらではこのように実として売っていて削って使います)
f0097102_18113711.jpg

そしてパルミジャーノレジャーノ、卵一個、塩こしょうを入れて混ぜ合わせ、またズッキーニの器に戻します。
f0097102_18121616.jpg

そしてトマトソース(にんにく、バジリコ、オレガノ)の中に入れて煮込みできあがり。それだけだとちょっと水っぽい丸ズッキーニにトマトの味と香料さまざまがよくしみて美味しいです。
f0097102_1812088.jpg


緑色の丸いズッキーニと赤いトマトの色が、なんとなくイタリアらしい。



人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ
☆one click ありがとうございます。
[PR]

by jamartetrusco | 2006-05-08 18:27 | Cibo (食文化)
2006年 04月 30日

Festa del vino モンテフィオラーレのワイン祭

昨日、今日と地元モンテフィオラーレにてワイン祭が催されています。この近辺のワインの製造元が城壁の通りに沿って小さなテーブルを出し、自慢のワインを味見してもらおうという行事です。ワイングラスを6ユーロにて購入し、その後は試したいワインを味見しながら歩いていくと自然と城塞を一周できるという仕組みです。
ところで、10数年前まではこの町でも、もっと庶民的なバッカス神を讃えるワイン祭りが毎年Vendemmia (葡萄収穫)に合わせて秋に行われていました。訪れる人々にワインをただでふるまい、収穫を祝うという真の意味でのワイン祭りです。ワインが飲み放題ということで、近年の人々の常識の低下にともない、酔っぱらいによる破損や迷惑行為が急増し、ついには中止という悲しい結末となったのです。せっかくの味わいのある地元の祭りが消えていくのは残念ですが、街の破壊を防ぐにはいたしかたないことでしょう。というわけで、お金を払ってワイン・テースティングをするという形のどこにでもある祭りとなってしまいました。
しかしどういうわけか、こういう商業ベースのワイン祭りは、下の町グレーベのそれも(毎年9月)含めて、いつも天候に恵まれません。いつも雨か、肌寒い日になるのです。思うに、本来の姿を失った祭りに、土地に息づくエトルリアの神々、バッカスの神も顔をそむけているからに違いありません。
それでも色々なワインをゆったりと試飲しながら、好きなボトルを買って帰るという意味では、ワイン好きの人々にはうってつけのイベントです。この小さい城塞にて行われるというのも魅力のひとつでしょう。 広場にてvitalba(センニンソウ)の枝を使って篭細工を実演するおじさんだけが唯一地元らしさを発揮していました。(赤キャップはいただけませんでしたけど)
余談ですが、このvitalbaは春先の出たばかりの芽をつまんで、それでオムレツ(frittata)にするとほろ苦い味のvitalbaがややアスパラガスのようで実に美味しいのです。庶民の知恵、素朴な味わいです。

f0097102_1733546.jpg






☆以下のランキングに参加中です。One click ご協力ありがとうございます。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-30 17:37 | Cibo (食文化)
2006年 04月 15日

Vino di Montefioralle フェルナンド・シエニ氏の店

モンテフィオラーレには以前紹介したレストラン、Taverna del Guerrinoの他にもう1軒、地元のワインとオリーブ・オイルを産地直売で売る店があります。


f0097102_22131419.jpg

店とは言えご自宅の下で、その昔小さな生協の店があった場所を改装したもの。ボトルの銘柄はただひとつ、この城塞の名前そのまま、”Montefioralle"。作って売られているのはSig. Sieni, シエニ氏。彼はこの街のcomitato (実行委員会)のメンバーのひとりです。Comitatoとはこの街のお祭りを仕切ったり、何やかやと決定権を持っている地元の顔役のようなひとたち。シエニ氏は以前から葡萄酒を作られていましたが、ここ数年お店を開けました。

f0097102_22133779.jpg





ただ開店しているのは週末の午後ぐらいですので、ご注意あれ。地元ワインは味もなかなかです。オリーブ・オイルもとくに絞り立てのときピリッと舌に残る独特のトスカーナ産オリーブの濃い緑色のオイル。ロンドンに住む姉一家にはいつもここのオイルとワインを持参します。どこにでも売られている有名銘柄とはひと味違った地元ならではの希少価値のワインです。




f0097102_022243.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click ありがとうございます☆
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-15 00:29 | Cibo (食文化)
2006年 04月 06日

 Vino del contadinoー農家のワイン

キャンティに住み始めて困ったことのないのは赤ワインの入手です。といっても私たちを含め、地元の人々が買うのはボトルに入った市販のキャンティ・クラシコではありません。リットル単位でdamigiana (ワインを入れる底太の瓶、下写真)持参で、ワインを作る農家に買いにいくのです。そして家に帰ってから1本1本ボトルに入れ替えます。その際酸化しないようにワインのための食用の透明オイルを半センチほど入れて保存します。飲むのときにはそのオイルはもちろん取り除きますけれど。

f0097102_2112345.jpg

1994年、12年前のワイン1リットルの値段はなんと1700リラ(当時の換算で100円前後)、まさに水より安い。今ではキャンティ・ワインブームのあおりとユーロの導入で1リットル2ユーロなどというのは珍しくなくなってしまいました。とは言っても300円弱ですが。

この農家で作られボトル詰めすることなくリットル単位で売られるワイン(vino sfuso)はなにが特別かというと、店頭で売られたり、輸出されたりするためのボトルワインに不可欠な酸化を防ぐための加工がされていないので、完璧に自然な状態の葡萄酒なのです。ですから度を過ぎるぐらい飲み過ぎても悪酔いをしない(というわけで私たちもちょくちょく飲み過ぎる)。味もどこか葡萄の自然味を残した荒々しい風味があるのです。農家によってまた味も度数も違います。

私たちの行きつけは今のところ2軒あり、ひとつはキャンティクラシコの地域から少し外れたところの街Cerbaiaの近くの農家。味は全くキャンティワインと変わりませんが、値段が1リットル1.5ユーロということで少し安いです。ワインをつくるご主人、その奥さんで売ってくださるお母さん、その娘さん一家、皆同じ屋根の下にお住まいです。


f0097102_21395191.jpgもう1軒はモンテフィオラーレ近くの農家、Falcole. 昔から顔なじみだったものの、ワインを売っているとは知らずに素通りしていたのですが、最近寄るようになりました。そこのご主人は土と自然を相手に仕事をしてきたというなんとも力強いワイルドな風体の方で(私とアレの間で通称Indiano、インディアンと呼んでいた)、話をしてみたらエトルリアや地元の歴史に詳しく、アレと気が合ってしまいました。またオリーブの木の剪定の名人だそうで、何か山の主のような方です。

トスカーナの農家の人たちが魅力的なのは大地と自然の中から得られる知恵にあふれていることです。皆一癖も二癖もあって絶対に自分が正しい、譲らないというような気骨があります。その分気難しいところもあるので、彼らの領域を侵すべからず。

作る現場の人々の顔が見え、彼らのこだわりを語ってくれるとてもパーソナルな味のするワインです。でもどんどん馬鹿げたヨーロッパ共同体の法律が入ってきて、その内にこんな個人的な小世界も消え去っていくのかもしれません。そして昔ながらの手農業のテラス式葡萄畑(terrazzamento)を営む人も減ってきて、大きな資本が入り、トラクターを導入した大量生産型の葡萄畑に代替されるようになっているのが現状です。Terrazzamentoが崩されるのを目の当たりにする度にアレは"Maledizione degli Etruschi!"ー「エトルリア人の呪いがふりかかるぞ!」と怒っています。グローバリズム反対! Microcosmo万歳!

f0097102_21125511.jpg



f0097102_23225811.jpg










人気blogランキングへ
f0097102_21564423.gifMille grazie!
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-06 23:00 | Cibo (食文化)
2006年 03月 28日

トスカーナ家庭料理の店、Taverna del Guerrino

Taverna del Guerrinoはモンテフィオラーレの城壁内にある唯一のレストランです。
Tavernaという名称はRistorante, Trattoriaに並んでイタリアのお食事どころの
タイトルですが、どこか庶民的な田舎の香りのするレストランに使われるようです。
もう数十年ここに存在するこの小さなレストランはニコライご夫婦が息子さんの
マルコさんと一緒に始められたもので、お料理はすべてお母さんのご自慢の味。
家族経営なのでとても暖かみのある和める空間です。


f0097102_1651825.jpg





f0097102_1613408.jpg

すべて家庭料理ということもあってメニューは多くありませんが、
それぞれのシーズンにあったお皿が用意されています。
前菜は生ハム、サラミの盛り合わせ、クロスティーニ(レバーベーストを
パンのぬったトスカーナの典型的アンティパスト)、そしてパンを使った
冬場のミネストローネ、Ribollita (リボリータ)や夏場のPanzanella (パンツァネッラ)、
またパスタは定番のいのししのミートソース。
後は旬の野菜のつけあわせと直火焼きの肉料理です。
Rosticciana (豚アバラ肉のロースト)や Salsiccia(ソーセージ)、
そしてなんと言ってもトスカーナの肉料理の王様、 Bistecca alla Fiorentina
(Tボーンステーキ)がおすすめです。





f0097102_167627.jpg

夏場はテラスも開放されます。見晴らしが良く夕暮れ時など最高です。
レストランの顔、マルコさんとキューバ人の奥さんのイデリアさんはきさくで
明るい素敵なカップルです。
モンテフォラーレに遊びに来られる方があれば是非立ち寄ってみてください。


Taverna del Guerrino
Castello di Montefioralle
Via Montefioralle, 39
Tel: 055-853-106
Open Thursday- Sunday Winter (冬期 木〜日)
Open Tuesday evening & Sunday Summer (夏期 火夕〜日)

Photo :Marco Niccolai
(右記以外の画像提供)
f0097102_16161621.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2006-03-28 16:30 | Cibo (食文化)