トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Paese (土地柄)( 81 )


2011年 08月 15日

送り火

明日は送り火。五山の焚き火は例年晩夏を象徴する行事であるが。今年は8月に
入ってからの猛暑が連日続き、まだまだ夏真っ盛りである。
京都はこの2週間に渡り七夕の祭りが町の川沿いを灯している。
ついこの数年始まった夏の催しで歴史の重みはない。祇園祭と送り火の
合間の観光推進事業だろうか。
とはいえ夏の祭りはどんなものであれ楽しい。夕暮れ時から灯される明かりは
水に映えて美しいものである。と思って足をのばした。
しかし三条大橋から四条にかけての鴨川沿いに置かれた笹の木に七夕の星の
銀河にちなんでつけられた白っぽい点灯はいかにも風情がない。
床を彩るぼっーとした暖色の丸点灯と不調和である。
まるで品のないクリスマスツリーみたい。
なんでこんな風情のない光を考えつくのだろう。
がっかりして早々に三条にむけて戻るものの、今度は三条から御池通りに向けての川岸にある
丸い竹籠の中を灯す明かり、風とともにちりんちりんと微かな音色を出す風鈴がつけられて
ころころと転がるのを見た。
こちらはやっと京都らしい美しい風景を作り出していた。

脈々と繋がる時の流れと人の魂の根源に根ざしていない祭りはどこか薄っぺらである。
そこに美しさがなければおいておや。

明日の送り火も今年は陸前高田の被災した松の薪を燃やす燃やさないで議論を
醸していた。放射能汚染された可能性のある薪を燃やすことへの批判、そして
燃やすのを中止した送り火の保存会への批判。最後には結局松の代わりに
燃やそうと別の薪が届いたのだがそれらからセシウムが検出されてやはり断念という
こと。
汚染された木を供養のためとはいえ別の土地で焼くというのは現実的でない。
松に願いを混めた方々の心からの願いは本物である。
しかし汚染された薪というのはまた別問題であると思う。
心情の要因だけでこういった現実の問題を直視せず、議論を醸し出す場を作ること自体
どこか感情的であると思う。

震災でなくなった方々への心よりのお祈りを込めて今年の送り火はずっしりと重い。

f0097102_1193333.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-08-15 11:12 | Paese (土地柄)
2011年 07月 03日

美のヴェネチアーVenezia Biennale d'Arte 

ヴェネチアに数日滞在してきた。この街の特異性は車の不在である。ラグーナと呼ばれる内海に浮かぶ島であり、運河を挟んで両側に街が発達してできた。
グランカナ−レと言う中心の運河と街中を四方八方に流れる小運河、それをつなぐ橋の数々。
まるで迷路のようになった道筋は一度方向を見失うとどこにいるやらわからなくなり、そして袋小路の道も多いため、暗闇で間違うと運河にどっぽり、なんていうこともなきにしもあらず。もちろん水路を走るのは船やゴンドラ。時々渋滞するのはゴンドラのみである。
船の出すモータ−の音はあるものの年がら年中横を走る車やモーターバイクの騒音の不在はこの街を世界で無二一つの特別な水上の都市、朽ちる儚さをたたえた蜃気楼、人為の楽園のような様相を与えている。

ヴェネチアは好きな人とそうでない人がはっきり分かれると思う。朽ち果てる美、デカダンスの美を愛する人、
また水に浮かぶこと、土に足が着いていないことに不安を感じる人、自然が側近していないことに息苦しさを
感じる人。
私は心底ヴェネチアに魅了されている一人である。

16世紀以降、オスマントルコの勢力に圧倒されるまで、そしてその後18世紀末にはオーストリア・ハンガリー帝国下に組み込まれるまで、海港都市としての力を発揮しながら共和国として、また洗練された文化都市として驚くほどの繁栄を見せた。

ヴェネチアとフィレンツェの違いはフィレンツェがメディチ家の過去の栄光のみにあまりにも頼り過ぎ、「今」に目が向いていないのに対して、ヴェネチアは歴史を体現しながら「現在」を生き、「現代」を表現する街であるところである。

この街で開催される映画祭はもとよりアートビエンナーレはあまりにも有名である。
アートビエンナーレは建築ビエンナーレと交互に2年おきに開催される。今年で54回目を迎え、中心となる展覧会のテーマは毎年代わり、今年のタイトルはILLUMInations(イルミネーションズ)ー光。監修はスイスの美術史家、キュレイタ−のBice Curgierービーチェ・クリガー女史。16世紀のヴェネチアの画家ティントレットの
暗闇と光の対象をダイナミックに表した3枚の名画を主軸に現代作家の様々な表現が集まった。そして
数えきれないほどの鳩の剥製が展示室の天井から見下ろしている。

6月頭から11月末までという長い期間を使っての街をあげての展覧会であるアート・ビエンナーレはGiardini(庭)と呼ばれる自然の木々や運河のある公園のような公共スぺースに建てられた各国のパビリオンでの展示と、90年代後半から追加されたアルセナーレという元造船場の巨大スペースの2会場にての展覧会がメインである。これに加えてヴェネチア全域に渡って点在する屋敷や教会内でパビリオンを持たない国を代表する作家展が企画される。また関係展覧会、イベントも数えきれないほど。1〜2日ではとても網羅できない。

各国館の展示の中で今年はドイツ、イギリス、フランス館が良かった。いずれも表現が具体的、象徴的、
「物体」と「空間」から放たれる力に重きを置いたものである。コンセプチュアルでないからこその新鮮さ。
またアルセナーレ会場の様々な表現の中でとりわけ光っていたのはスイスの作家ウルス・フィッシャーの蝋でできたジャンボローニャの「サビニの女たちのの略奪」の原寸大の彫刻。本物はフィレンツェのウフィツィ美術館前にあるランツィの回廊にある。3人の肉体の絡み合いからできたこの巨大彫刻作品はただの蝋製の復元だけであればなんということもないのだが、実はひとつの巨大ろうそくとして火がともっており頂点から時間とともに解けていく仕掛けである。時間の移ろいと光をテーマにした微妙な詩情と解けていく過程の強烈なイメージの両極を内包する作品である。作家としての最優秀賞である金獅子賞を受賞したのも納得が行く。
この作品もドイツ、イギリス館での展示と共通した「物体」の持つダイナミックな美と力を感じる。
しかし6月末でこのぐらい解けてしまっているということは11月末まではとても保たないだろう。「見たい人はお早めに」ということだろうか。

別にフォルトゥニー美術館(Palazzo Fortuny)にて2年前と同様の素晴らしい展覧会も開催されており、3日間、美術三昧にて過ごしてきた。これについては別記する。

今年は特に観光客の多く集まるサンマルコ広場付近は極力避けて、地元の香り濃厚な通りを選び徒歩のみで散策するヴェネチアを満喫した。ヴェネチア市民でないと水上バスは高くいつも満員。観光客の顔ばかり見るためにここに来たわけでない。とりわけヴェネチアの魅力を知るにはなんと言っても歩くのが一番。通りをひとつ入るだけで人気のない路地が開ける。朝からバーで一杯やる地元のおばさんやおじさんの姿を見なければベネチアを見たことにならないだろうから。

ニコラス・ロ−グ監督の70年代の映画Don't Look Now (邦題は「赤い影」)を観たことがある方はいるだろうか。ヴェネチアの暗闇の静寂と迷路をこれほどうまく描いた映画はない。そして大変怖い映画である。



f0097102_15465066.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-07-03 23:01 | Paese (土地柄)
2011年 06月 27日

フィレンツェのPatrono

6月24日(金)はフィレンツェの守護聖人ーPatrono−の祝日である。イタリアではどの町にも守護聖人がある。フィレンツェのパトローノは洗礼者聖ヨハネ。
もちろんこれはカトリック教会が主流となった時期以降のことで、ローマ時代のフィレンツェの守護神は戦神マルテであった。大聖堂の目の前の八画形のジョバンニ・バティスタにちなむバティステーロ(洗礼堂)の建物ももともとはこのマルテ神に捧げる神殿だったと言う。6世紀の東ゴート王のトーティラがフィレンツェの町を破壊させる図を描いた写本にこの洗礼堂が描かれているのはフィレンツェの歴史を語る興味深い資料である。そしてヴェッキョ橋の入り口に1333年までマルテ像があったそうだが、アルノ川洪水にて流されて今は存在しない。13世紀以降6月24日を守護聖人の祝いとした。

この日は朝から様々な行事が繰りひろげられる。まずは旗手による旗投げ、当時の衣装をつけた4区代表者のパレード、そしていわゆるcalcio storico, 別名calcio in costumeと呼ばれる古代サッカーの決勝戦がサンタ・クローチェ教会の広場で開催される。サッカーという名のもとで呼ばれているが、現在のサッカーとはほど遠く、ラクビーに近いもの、手足とも使ってよし、取っ組み合いもよし、というようなかなり荒っぽい試合。丸い球を相手の陣地ゴールに入れると得点。選手達の剛力の比べ合いと言った感じの、ときには血を流しての原始的な格闘ゲームである。フィレンツェの4区、白(サントスピリト)、空色(サンタクローチェ)、赤(サンタマリアノヴェッラ)、そして緑(サンジョバンニ)を代表する選手は皆15世紀の衣装を身にまとって争うのであるが、シエナの歴史的競馬パリオに比べるといささか野蛮な感じがする。個人的にはシエナに軍配を挙げたい。
そして試合が終わってから夜10時過ぎにはミケランジェロ広場から花火をあげてお祭りは幕を閉じる。

今年の24日はもうひとつの出来事があった。今年で就任2年目を迎える30代の若いフィレンツェ市長の
レンツィ市長が市内の歴史地区の一部を再び交通規制の地区に設定したのである。再び、というのはすでにドゥオーモの近くは歩行者のみの区域となっており、そのおかげでバスの路線をかえたり、開始当初はいろいろな渋滞の問題もあり困惑も否めなかったが今では車が通っていたのも忘れてしまうかのようである。今回の交通規制地域は有名ブティックの並ぶトルナブオーニ通り、そしてピッティ宮殿の前を通る通りで特に後者はかなり車の通りも激しかったので歩行者にとっては通りやすくなる、というところであるが、しかし問題はかなり残されている。というのも中心の歴史地区に住む人たちは身動きできな状況になりつつあるからである。そんな便利な地域に住むだけでもラッキーだから文句を言われる筋合いはないと言えばおしまいだが、彼らもフィレンツェの別の地域に仕事や用事に車で行かなければいかないことが多いだろうから、その際に不便は出てくること間違いなし。
古い町を歩行者天国にしてしまうと町のダイナミズムが段々と失われ、観光客のみ優遇されたディズニーランドに成り代わる危険性もある。フィレンツェ市民が一番暮らしやすいようにするのが市長の役目であろうし、
またそうでなければ町の意味がなくなってしまう。世界からの観光客数があまりにも多くそしてその割に
小さい町であるフィレンツェは多くの問題を抱えているのが現状である。

f0097102_18184967.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-27 04:19 | Paese (土地柄)
2011年 04月 24日

Buona Pasqua!


Buona Pasqua!

Happy Easter!

今日の復活祭に日本のこれからの明るい未来を心より祈って。

f0097102_1618513.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-04-24 16:19 | Paese (土地柄)
2011年 03月 26日

チャリティー・コンサート

友人のオペラ歌手の平井ふじこさんがローマにて4月4日(月)と4月6日(水)
All Saints Churchという教会にて様々な友人達の協力を得て日本のこの度の
大震災支援のためのチャリティー・コンサートを企画された。
出し物は4日はプッチ−ニの蝶々夫人、6日は彼女の音楽家友達の協力とともに様々なプログラム。
開演 20:30
All Saints Church
Via del Babuino, 153, Roma

ここで集まった義援金はすべて日本赤十字に送られる。
大震災が起こってすぐ彼女とは電話にて様々な思いを分かち合った。
そして何かできることはないだろうか、と考えてコンサート企画に踏み切った
彼女の音楽家としての心意気と行動力に心より敬意を表する。
この記事は彼女への賛同とエールである。

f0097102_18453236.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-03-26 18:56 | Paese (土地柄)
2011年 02月 27日

イタリアへの不信感

このところ日本でもイタリアの首相の女性がらみの事件の発覚は時々報道されて苦笑いを
誘っているに違いない。
以前から不適当な発言や行動をしては(オバマ大統領が就任した際に彼が良く日焼けしている、
などと言ってみたり、またドイツ首相の頭に手でイタリア独特の馬鹿にした意図を含む
コルノの仕草を掲げてみたり)その都度国内外からの批判で話題をさらっていたこの首相。
私的な立場の人物の行動ならいざしらず、ベルルスコーニ氏は一国の首相である。
その立場でして良いこととしていけないことぐらい、子供でもわかるというものだ。
イタリアの美女ばかり大好きなショービニスト、騒々しい悪ガキぶりをまさに代表するある意味では
イタリアのひとつの典型的人物像を顕す人である。
ウォーター・ゲートに因んでルービー・ゲートと呼ばれるこのたびの首相の失態はもう言い訳の
余地なく辞任すべき状況であるにも関わらず。
発端はルービー・ルーバクオーレ(心を奪うルービー)という芸名(?)を持つ名目上はベリーダンサーの
女性。首相が他の近しいメディア界の仲間達とともに開催した自宅豪邸でのブンガ・ブンガ・パーティー
に呼ばれた女性群のひとりで、首相をパーピ(お父さん)と呼ぶ間柄であり、その彼女が盗みかなにか
の別件で警察に捕まった際に首相があわてて自ら警察所長に電話し、彼女はエジプトのムバラク大統領
(今では元)の姪である、と全くの嘘を述べて無理矢理に釈放。
その他様々なスキャンダルが発覚して現在4月の裁判に向けて待機しているという状況である。
問題はこのルービーがパーティーに参加していたときは未成年の17歳であったという事実である。

ムバラク大統領をだしにしてのこの浅はかな行動。しかし、その後のエジプトでの反対派のデモ
ついには革命的と言える大統領辞任をまるで引き起こしたかのような皮肉な結果となっている、
さらに我が首相の驚きは、今緊迫した内戦状況であるリビアのゲダフィ大佐をつい6ヶ月程前に
国賓で招き、その際に自宅豪邸へハーレムのごとく群がる多くの女性達とともに招待していることだ。
挨拶の際に大佐の手にキスをするというなんともそぐわない行為もしている。
こんなにまでして大佐に思い入れていたイタリア首相が今回の内戦の際に支持せずに反対派の
列に加わったとしてゲダフィ大佐のイタリアへの憎悪は格別だ。
イタリア首相が関わると、どの国もヒックリかえるかに見える。

そして北アフリカのこの革命的政変により放出する移民がまず海伝いに辿り着くのがイタリアである。
何十万という数にも昇るかもしれない移民へ備えてイタリアだけでは対処できない、ヨーロッパ
共同体への協力を仰ぐイタリア。しかしEUはこのお笑いのような首相が国を率いる限り
本当の意味での協力は渋るのでは、とさえ思えるのである。
イタリアの政治への不信感はこの首相の存続如何に関わっているようである。

この数日の首相。ついに最後のあがきとばかり反撃に出た。首相主宰のブンガ・ブンガ・パーティー
で有名になったセックスに絡んだBunga bungaの笑い話し。この数日の党大会の席で首相自ら
「みんなでブンガ・ブンガしようではないか!」と笑い叫んだのである。
まるで先日のゲダフィ大佐が支持者に向かって「皆食べて飲んで踊りたまえ!」と言ったのと同じ
エネルギーを持って。
そしてそれに大きく賛同する党支持者達。
恐ろしいのはこの首相、今回の騒ぎで辞任しないのであれば、次の選挙でも大多数をとるかもしれない
指示者達がいるのである。
イタリアは一体どうなっているの? 
[PR]

by jamartetrusco | 2011-02-27 18:22 | Paese (土地柄)
2011年 01月 28日

生き残りの紙

アレの紙油彩の作品の素材となっている黄紙については何回か紹介した。
その昔本当の藁を入れて作られていたcarta pagliaー真の意味の藁半紙。
最近では製造が機械化され、質もどんどんと落ちてきて、昔のざらっとした
触感の素材感溢れる紙質はなくなっている。
紙は重量にて購入するので、紙が薄ければ薄いほど多くの枚数が手に入るのである。
90グラムから80グラムヘ。
10グラムの違いでも紙が薄くなったのがわかるのである。
ところが今日素晴らしい再会があった。
90年代初頭には普通に売られていた昔ながらの藁半紙を再発見したのである。
再発見と言ってもこの紙が未だに製造されているのではない。
悲しいことにすでに絶版となったこの紙がたまたま売られずに残っていた紙の
卸店を発見したのである。
店のご主人と「この紙に絵を描いている、最近では良質の紙がなくなってきた」
という話しをしている内に、思い立ったのか、昔ながらの黄紙を見せてくれた。
トラットリアなどで使い捨てにされるのではあまりにも残念なので次の持ち主が
見つかるまで取って置いたのかもしれない。
紙とともに生きてきたこのご主人はアレの純粋なる情熱を感じ入ったのかもしれない。
ご主人曰く92年のイタリアの政府が百万リラ(当時はリラ)の出来高がなければ
個人企業は存続すべからず、という法律を作ったので当時兄弟3人で手作りの
紙を製造していたこの小さな紙工房は閉めざるを得なかったということ。
この手作りの紙は本当に日干ししながらできた藁半紙であるので水にも強く
使った後も洗って乾かせばまた使えるという良質のものだったそうだ。
近代化の波に生き残れなかった素晴らしい職人達の貴重な仕事はどれほど消え去って
しまったのだろう。
実に残念で悲痛な話しであるものの、この生き残った紙を作品として残せたら
こんなに光栄なこともないのである。
紙を横から撮ったイメージはそのままアレの描く風景画のようだ。
紙よ永遠なれ!

f0097102_01338.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-01-28 00:02 | Paese (土地柄)
2010年 06月 18日

トスカーナ畢竟の地

f0097102_4233059.jpg


イタリア、トスカーナにある修道院。屋根が歴史とともに失われ
空に直につながるその建築の持つ超現実的空間は、人間の作為と
自然のなすがままの姿故に信じられない程の力を持つ。
サン・ガルガーノの修道院に近づくと空気が凛としてくるのが
わかる。
最近では歌劇上演や観光客向けのカフェやら新たに植えられた
取ってつけたような杉並木やらでややその神聖さは失われつつ
あるものの、やはりこの地は独特の宇宙的静寂感を放つ。
交通の便が悪いこともあって訪れる観光客はそうはいない。
アレと知り合って最初に連れていってくれた神秘の場所である。
私のイタリアでの道標である。
その時8月であったが人影もなく時を超越したようなこの空間は
不思議な精神性を持って包み込んでくれた。その美しさは時とともに
失われることはない。
12世紀の聖人、サン・ガルガーノに由来するロマネスク様式の
円型の礼拝堂が高台にある。アーサー王の伝説のような石に刺さった
刀剣があるので有名だが、それよりも丸天上を飾る2色の渦巻き模様
の美しさが圧倒的である。
その後に修道院建築を目指して築かれたのがこのゴシック様式の建物である。
14世紀に入って黒死病やらなにやらで修道院は僧侶の数もたったの
一人となり、じょじょに朽ち果ててしまった。
しかしこの存在感はなんだろう。豪華絢爛なバロック建築やローマ
法王の殿堂サン・ピエトロ、またはフィレンツェの大聖堂もこの草の
中に静かに佇む石造りの存在には叶わないように思う。
その中に立つと声を挙げてはいけないような、沈黙とともに瞑想の領域に
導かれる。自身の存在を見つめるためにあるかのような。
夏の暑さもすーっと過ぎていくような静けさである。
神聖な場所の力である。
タルコフスキーがイタリアに移って制作した「ノスタルギア」(ロシア語で
はそう発音する)の舞台として選んだのは当然であろう。

トスカーナにて数少ない畢竟の地、心の拠り所の聖地である。


f0097102_423492.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-06-18 04:26 | Paese (土地柄)
2010年 05月 01日

石畳

家の下の庭の杉の木が倒れ、そしてその根が下水道の管を壊していたことがわかり、
庭の石畳をすべて掘り起こして管の交換を済ませた。
土がむき出しになり、雨が降れば泥だらけ、晴れて風が吹けば土埃となりという
状態が続いていていたがやっと先週からmuratoreー左官ーが入って石畳の再生を
開始。セメントの上に石をうまくモザイクのようにのせていく作業は簡単なようで
なかなか技術が入りそうである。水平にレベルを合わせるための四角い金棒を縁に
合わせてかんかんと石を合わせていく。あっという間に石畳の小道を完成させていく
様子をテラスから見るのも楽しい。形を整えるために石切をするのだろう。大小様々
な形をうまくパズルのようにはめ込んでいく。これもひとつのれっきとした文化である。
石モザイクのシンプルな美しさ。
初夏のような太陽がまぶしい。


f0097102_005881.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-05-01 00:01 | Paese (土地柄)
2010年 03月 27日

発言の自由

この日曜日と月曜日、イタリアは地方議員選挙にてこの数ヶ月、現首相のベルルスコーニ率いるフォルツァ・イタリアの中道右派とベルサーニ率いるPD(民主党)連合の中道左派との選挙運動/対抗がくりひろげられている。そしてつい最近になって"Par Condiscio"ー各政党による政治的な公的表現や発言に与えられる条件や時間を平等にすることーをもとにイタリアのNHKにあたるRai、主要民放のTVチャネルからすべての政治討論やら政治的言及を禁止する、という決定が下された。これはRai2の政治討論会的番組、Anno Zero (ゼロ年)を担当するジャーナリスト、ミケーレ・サントーロが抱く政治論が特にベルルスコーニ批判をその根底に有するためにこの番組を選挙前に排除したいために行われたという向きもある。なにしろ民放の3チャンネルを所有するのは今でこそ会長の座はゆずったにせよベルルスコーニ所有のフィニンベスト・グループであり、また 昔からキリスト教民主党の息のかかった保守的なチャンネルであるRai 1はそのときの支配政党の影響力が強いのである。ちなにみにRai 2は社会党、Rai 3は共産党の配下という時代があった。今でもその伝統は続いている。

それにしてもイタリアの不思議というか。とにかく政治討論の大好きな国民であるが、主要な選挙ではないし単に地方自治体の議員を決めるだけの選挙であるにせよ、一体政党が何を表明したいのか、行いたい政治計画案などを国民に知らせる手段としてのTV番組を取り払ってどの政党に投票せよ、というのだろう。他の国では考えられない不思議な状況。要するにこのふたつの右派と左派に
投票する人はどんな政治家であろうが、すべて目隠しのように同じ政党に投票する、ということなのだろう。そしてこの2政党に賛同できない40%以上の国民は投票しない、ということである。
この政治不信の40%の国民の支持を捕まえつつあるのは以前のマーニ・プリーティ(汚職排除へ
貢献)のディ・ピエトロ率いるItalia di Valori党とソーシャル・ネットワークのブログでかなりの
影響力をもつベッペ・グリッロである。ベッペ・グリッロは体制への過激な発言が多いため随分前からTV出演は自ら望まないものも含めてほとんど禁止されているような状況である。

さらに最近問題になってきている発言の自由。TVに出てくる様々なパーソナリティーが発言した
言葉によって降番されRai への出演御法度となる事件が相次いでいる。それも単に真実を語ったり
正直すぎたり、といった一言多い、というような発言に対してである。料理研究家のベッペ・ビガッツィ、音楽家のモーガン、そして作家のブーズィがその被害者だ。
こうなってくると発言の自由への侵害というか。発言に対して抗議の電話が多かったりということで降ろされるのであろうが、抗議にせよある一部の人々だけであろう。
様々な意見が存在するのであり、それ故に民主主義なのであろうが、それをある価値観を前提にひとつずつ奪っていったらどういうことになるだろう。
ある意味でインターネットを通じてあらゆる情報が手にはいる時代にまるで時代錯誤の状況である。
ベルルスコーニの息のかかっていない他のTVチャンネルはこの制限がないので、例えばイタリアにてもっともジャーナリズムがまともであると思われるLa 7の番組は毎日のように政治家が出演して視聴率が今までになく高いそうな。

さて選挙後、どんな状況になることか。どちらが勝利を飾るのか。


f0097102_18554011.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-03-27 18:56 | Paese (土地柄)