トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Arte (芸術)( 127 )


2011年 11月 12日

MAXXIかまたはMACROか

f0097102_5271790.jpg


国立現代美術館MAXXI、そして現代美術館のMACROの別館

ローマのフラミニオ地区に昨年開館したばかりの建築とアートのための美術館。名前はMAXXIーMuseo Nazionale delle Arti del 21 secoloー国立21世紀美術館。21世紀美術と建築にコレクションと展示を当てた国立の財団機関で、イタリア初と言える。半分は現代建築に当てられているというのも特徴的である。建物自体がまさに現代建築の集結と言えるような斬新な新建築となっている。設計したのはイギリスで活躍するイラク出身の女性建築家ザハ・ハディド。この建築デザインは開館同年の2010年に王立英国建築家協会により与えられるスターリング賞を受賞している。
プロジェクトは1998年に発足されたということであるから有に10年以上の年月をかけてやっと完成した、といういかにもイタリアらしい展開であるが、その間に何回政府が交代していることやらと思うと開館したこと自体が奇跡のようなものである。
イタリア事情はさておきこの建築空間は途切れることのない空間の広がりの美しさがある。既存の古い建物から派生したような形で設計された新建築部分はザハ・ハディド独特のゆるやかなカーブのある筒、楕円、角形などなどの形体が縦に横に組み合わさりひとつの一体となっているような感じの構造である。上から下まで見下ろせるような高さと広がり。空間の美しさのみを追求するという意味では建築としての効果は最大限に発揮されていると言えるが、いざ美術作品の展示空間となるとやや疑問が残るのも事実である。ひとつずつの部屋が横長に繋がっているため、ひとつの展示ギャラリーから次のギャラリーまでかなりの距離を歩くことになり、下手をすると展示されている作品自体を見過ごしてしまう場合もあるからである。建築家が自分の創造的願望を謳歌するための建築はともするとその中に展示する芸術作品や観客を忘れてしまう恐れも否めない。建物が主かその中に展示される作品が主か、という問題であろう。まあ現代美術は最近では大きさとインスタレーションが主体であるからこういった広々とした空間こそが適していると言えるのであるが。
卵と鶏の構図。建築があり中に収まる作品が決まるのか、それともその逆か。
現代建築の力と弱点。

これに比較して過去は牛の屠殺場だった建物を展覧会空間にしたMACROがある。
この場所はまず「空間ありき」、である。 
芸術のために造られてはない建物である。空間はまた広大である。
ところがその空間が凄い力を発揮しているのである。
屠殺された牛が吊るされていただろうという鉄具もそのまま残されている。
生き物の死がそのまま血の匂いを想像の中に残してただ「在る」。
その生の「在る」姿が妙に新鮮であり、それだけで有効な創造的な空間をなしている。
何も中に展示されていないのになぜこんな力があるのだろう。
作品なき中の美と力。歴史が刻まれているからこその重み。
まるで無に何かを見いだす禅の世界のように。 茶の世界の見立てのように。

建築家の自身の思いの強い美を追求するために
生み出した作為的な空間と、対する屠殺場として生まれた美などとはほど遠い
無作為な空間と。
明の美しさと暗の美しさの違い、

どちらが心に訴えるものがあるのだろう。
私の中では軍配は上がっている。

f0097102_5274812.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-11-12 05:12 | Arte (芸術)
2011年 10月 17日

再びLa Specola


フィレンツェにLa Arti Orafeというジュエリー制作を学べる私立の専門学校がある。1985年に設立された学校で、3ヶ月から3年まで、それぞれの生徒の希望にあったコースが選べ、ジュエリー制作、宝石のはめ込み技術や彫りの技術などなど様々な角度からジュエリー作りを目指したい人を助ける学校である。日本からもここにて学び作家として活躍している人が多いと聞く。
この学校では毎年Firenze Preziosa と題してジュエリーの秘める可能性を追求するための展覧会を企画している。今年の会場は「ラ・スペコラ」博物館の「ガリレオの間」。薄暗い博物館の一階に上がると突然と美しい照明に当てられた展覧会場が現れる。回りを囲むルネサンス建築様式との調和を崩さないすっきりとした展示。

今年はドイツで活躍する京都生まれの日本人ジュエリー作家Mari Ishikawaさんの作品展がひとつ、そして恒例の若手作家の選考コンペのPreziosa Young 2011のふたつの展覧会が見られた。Preziosa Youngのコンペでは世界各国からの180人の応募者の中からまず30名が選考され、その後関係美術館の専門家達からなる審査員パネルにより最後の8名が選ばれた。
Mari Ishikawaさんの作品は自然のモチーフを繊細に描きだした詩情あふれるもの、細かい技術的卓越が感じられる質の高い作品群である。
あまりジュエリーのことは詳しくないものの、個人的に思うのはまず「身につけてみたいな」、と感じさせるのが第一条件ではないかと思う。形などは面白くても素材の選択や大きさ、重量のせいでとても体につけたくない感じの作品も多いのが現代ジュエリー作品の難点と感じる。その点日本の作家の優れているのは身につけることを考えて形を追求していることだ。木々や葉っぱの息づき枯れ行く様をそのままひとつの結晶に捉えて金銀細工の造形の中に吹き込んだような彼女の作品は印象深いものだった。

f0097102_631265.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-10-17 06:31 | Arte (芸術)
2011年 10月 16日

土が火と出会う時

フィレンツェの剥製と解剖学の宝庫であるLa Specola博物館の人気のない館内の一角で
美しい焼き物の作品展を見た。
焼き物とはいえ壁にかけて鑑賞する平面作品群である。
作家の名前はジョヴァンニ・マフッチ
ピストイア圏内の標高1000メートルの山奥に住むようである。
焼き物の土も周囲の森林から掘り出し、窯も地面に掘る原始的な野焼きの焼成方法にて、すべて手練りで作る。
最近では容易に買うことのできる粘度や電気窯などあるにも関わらずあえてすべて自身の力と手を持って
焼きものを作り上げる理由は自然と人間の原始的な関係に帰還するためである。
10,000年前から人は土と火を使って生活容器を作ってきた。
その本来へ目を向けて、土、水、火、気の4元素が関わることによる土の変容を自身で体験する。
この作家はたぶん毎日の生き方もかなり原始的なものではないかと想像する。

作品はそういった原始的な容貌の器から平面作品まで。
平面作品は自然の葉などを火によって土の表面に現像するような手法のもの。
火による絵画、火による写真印刷、Firepaint, Fire Photography、そしてImpressionと彼は呼んでいる。

夏場はワークショップがあるらしい。来年は是非参加してみようかと思う。
今夏の日本滞在で焼き物作りに関心を示した娘を連れて。
来年の楽しみがひとつ増えた。

f0097102_1731582.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-10-16 17:05 | Arte (芸術)
2011年 07月 12日

Tra  ー 間

f0097102_2295325.jpg



ヴェネチアのフォルトゥニー美術館にて企画展‘Tra Edge of Becoming’がアート・ビエンナーレの期間中開催されている。
企画を担当したのは2年前同美術館で開催されたIn-Finitum展と同じくベルギー出身のアクセル氏と
他イタリアの美術関係者含めて4名である。
アクセル氏は一言でどういう仕事をしている人と描写できない。自身の美の追求を生きる糧としている非常に幸運な方である。自身の信じる美的哲学、生活哲学、空間哲学を自分の事業を通して建築、空間、生活環境へ実践させている。その一環としてアートの収集もあり、展覧会の企画もあり、本の出版もあり、そして己の生きる美学を貫くために住まいも仕事の空間もすべて自身で望むように演出できる恐ろしいほどの財力と活力がある方と想像する。単なるアート・ディーラーではく、単なる美術史家でなく、単なるコレクターでなく、単なるインテリア・デザイナー兼建築家でもない。自身がそれぞれの分野の微妙な融合と狭間を生きているようである。
というのも今回のテーマは一言で'Tra'。Traとはイタリア語では「間」を意味する。英語ではin betweenということか。何かと何かの間にある狭間に焦点を合わせている。前回展のテ−マは終わりなき無限そして未完という相反するようで同一の宇宙や美術に潜む無限の可能性について扱った美術展であった。

今回のTra 展覧会紹介サイトに以下のテーマへの言及がある。

Venice as the door between East and West/ 東洋と西洋の間の扉であるベネチア
the pilgrimage    心の旅
The theatrical representative dimension   劇的な表象下の次元
The threshold of consciousness, the passage towards imaginary and unconscious
      意識への入り口と想像と無意識への道程
The threshold:/the door: fascination with architectural spaces
      入り口/扉 建築的空間への投魂
The unseen enegery: the ‘MA’, the void as the pregnant possibility of energy
      見えないエネルギー、 「間」、エネルギーの可能性を孕んだ空ろ
Edge of Becoming: relates to chaos as the state of infinite becoming, and to becoming as the movement towards a situation. The edge of chaos is the passage of non-existence to life
and death.
成ることのぎりぎりの狭間ー成りうる無限性に存在する混沌に関わるもの、ひとつの状況への過程に関わるもの。
混沌へのぎりぎりの狭間は非存在が生と死へ移行する道程にある。

展示される作品は今回も東洋、西洋、現代、過去に限らずすべてが統一した糸により繋がっている。

この展覧会の会場に入ると6月末のぎらぎらした暑い日差しがすーと消えていき、心身ともまるで
瞑想しているかの気分になる。空間、光、闇、作品の選択ーすべてが心の旅へと見る者を導いていくかの
ようである。

強烈な美的志向と思考、ひとつの心地よい世界に包まれる。

f0097102_2291841.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-07-12 22:10 | Arte (芸術)
2011年 07月 08日

友人のジュエリー作家展覧会のご案内

東京にて7月、フィレンツェでの友人のTakirai Yokoさんのジュエリー作品の展覧会が開催される。
詳細は以下の通り。

瀧来蓉子
コンテンポラリー・アート・ジュエリー展
2011年7月21日(木)〜24日(日) 11時〜20時
ギャラリー・オンザヒル
代官山ヒルサイドテラスF棟1階
東京都渋谷区猿楽町18−8 
ギャラリー・オンザヒル
オープニングパーティー: 7月21日(木) 17:00〜20:00

「一見謎のようなそのフォルムは、無駄のない造形や熟考されたメカニズムにより、
身につけたときの楽しさ。独創性を実現している。彼女の作品はヨーロッパジュエリー
と日本のミニマルデザインの見事な融合であり、簡素、繊細。優雅な美しさに
満ちている。」 
ーピッティ宮殿銀器博物館学芸員 パオラ・ルチアーニ

案内状の推薦の言葉にあるように素材と形のエッセンスを追求しながら
優雅さと繊細さに満ちたジュエリーを制作するYokoさん。
1995年来イタリア在で工芸フェアにて偶然に出会ってからはや4〜5年経つ。
彼女とご主人のピエトロ、そして息子さんのRyu君、今回の展覧会で来日される。
イタリアからの友人とともに日本での滞在をともにする今夏。
初めての体験である。

f0097102_2235442.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-07-08 22:07 | Arte (芸術)
2011年 06月 18日

行方不明のアーティスト

f0097102_1737590.jpg


ニューヨークのセントラル・パークの5番街の角に小さな噴水広場があるがそこに
Ai Wei Weiの十二支のブロンズ彫刻が5月の快晴の空の下展示されているのを
見る機会を得た。
この動物の頭部の彫刻群はこの後ロンドンのサマセット・ハウスにて6月26日まで展示される。

すでにこのブログでもロンドン、テートモダンでの「ひまわりの種」
インスタレーションで紹介したことのある中国の作家である。
中国政府のあり方にもしばしば批判を含めた言論をかわす作家であり、作品に中国の
歴史と文明への暗喩が多いことから、現代中国の第一人者の作家として西欧の
現代美術界での彼の動向への関心度は高い。
毛沢東が自分を太陽とし、中国国民が太陽の向く方向へ向くひまわりである
と喩えたということになんらかの申し立てをしたい意味もあった「ひまわりの種」インス
タレーションは景徳鎮の無名の焼き物職工たちを多数動員しての数年にわたる大作業で
あったことや本来はひまわりの種の敷き詰められた会場を歩き、手で触ることが趣旨であったのに、
展示開始1週間にして磁器性の種を踏みつけることから立ち上がる粉塵が人体に害を及ぼすという
衛生法により、遠くから眺める展示となってしまったといういきさつもあり、常に話題を呼んだ
ものである。


さてこのAi Wei Wei が4月半ばに香港空港にて中国政府当局にとらえられて行方不明になって
からすでに2ヶ月が経った。当局は身柄の拘束は単なる脱税のためと言い逃れをしているらしいが
それが少しの事実が混じっているにせよ、真の拘束の意味は彼の言論、行動があまりにも影響力
があるからだろう。そして中国政府がことさらに敏感に反応する世界の人権問題への関心。
ノーベル平和賞に輝いた中国の人権運動と民主化を訴える活動家,劉暁波 (リューシャオボー)
も投獄中での受賞だったことは記憶に新しい。
そしてこのことへの反感から授賞式に出席した国への報復など告げた政府の過激な態度も
西欧では多いに批判をもって受け止められた。

今回のこの現代作家の拘束。西欧の美術界では解放を求める大きな運動を引き起こしている。
ちょうど5月半ばよりロンドンの大手の画廊Lisson Galleryにて個展が開催中であり、作家不在の
展覧会開幕となった。開始前に作品展示作業を見せてもらったが、大きな中国の箪笥をいくつも
あわせてそこにある開口を覗くと三日月が見えるといったものや、中国の壷に原色のペイント
で彩色して多数並べたりといった規模は大きく、概念を物を通して即物的にとらえた主張の
はっきりしたものである。しかしその背後に中国文明への微妙な詩的言及がある。
自らの生まれた国の歴史と文明、そして現在の状況を直視する彼の態度は単なる自国政府へ
の批判だけの意図ではなく、作家が自身の奥底を見据えようとすると直面せざるを得ない
当然なる帰結であろう。

早く解放されてまた活動してほしい。
[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-18 17:50 | Arte (芸術)
2011年 03月 10日

修復の善し悪し

f0097102_17483515.jpg


去年の11月に初お披露目のあったオンニサンティ教会内に収蔵されている
ジョットの手による5メートルにも及ぶ木製のキリスト磔刑図。
ジョット作と認定されたのはつい最近のことである。それまではジョット自身ではなく
その工房によるものと思われていた作品。故に誰からも注目を集めることなく教会の
片隅に蠟燭にすすけて真っ黒な状態で放置されていた。長年の汚れを落とす修復の
作業が開始されたのは2004年。フィレンツェの名高い修復工房のオピフィチオ・デレ・
ピエトゥレ・ドゥーレ(OPD)が着手した。作業の過程で汚れの下にある見事な色彩と
活き活きした人物の表情などが現れてきたのである。そしてそのスタイルはまさしく
様式化された中世の人間表現を打ち破った14世紀初頭の画家ジョットの手に間違い
ないと鑑定されたのである。
修復家の醍醐味まさにここにありき、だろう。
色彩の復元と言っても生易しいことではなく、まずは外気や煤の汚染を取り除くのが
一仕事であり、汚れをあまりに落としすぎて元々の色彩まで取り除く危険性もあるわけ
で、修復家の腕が必要なのはこの過程であると言う。
顕微鏡を使っての細かな作業であると聞く。その後痛んだ部分などを修復して行く
行程に移る。私も短期間とは言え絵画修復のコースを取ったことがあるのでほんの
少しはわかる。
全修復作業が終了し去年の11月6日に公開された。
先日やっと実物を見に行く機会を得た。週日だったこともあり教会内はしーんと静まり、
凛とした教会独特の薄暗がりを通って進むと祭壇の左側のアーチ型の空間に高々と
設置されていた。
あいにく近くまで行ってみることができないため細部の装飾や筆さばきなど
見ることができないのが残念であるが、色鮮やかなブルーの色と対比した金色が目に眩しい
修復前を見ていないので比較はできないが、色彩の鮮明な美しさは十分理解できるものの、
あまりにも鮮やかすぎるという感しないでもない。以前の記事でもやはりジョットの絵画
について書いたのを思い出した。偶然にもちょうど去年の今頃である。

仏像なども色彩が落ちて寂びた感じが良いというのと同じで、修復で汚れを排除することにより、
年月を経た美術品の歴史と重みも洗い落としてしまう、という印象も受ける。汚れも含めてまた
美術品である。
修復の善し悪し、常に問われる問題である。
[PR]

by jamartetrusco | 2011-03-10 17:54 | Arte (芸術)
2011年 01月 16日

「自然の力」

近年では数年前拒食症打開のために拒食症でやせ細った女性の裸体写真の大ポスターを制作公開するなど、賛否両論の論議を常に醸し出すイタリアの写真家、オリビエロ・トスカーニ。以前はイタリアの代表ブランドのベネトンの広告写真家として一世を風靡した。
趣味が良い悪いか、好きか嫌いかは別にして過激な姿勢をいつも持ち続け、社会の一般常識へ疑問を投げかける気骨のあるアヴァンギャルドな魂を持つ人と言えるだろう。彼の制作姿勢は純粋に自身の考えるところの正義感からきている。故に一匹狼的存在である。

その彼が今度もまた賛否のスキャンダルの話題の的となっている。
1月13日、フィレンツェにて行われるファッション・フェア、ピッティ・ウォーモのイベントのひとつとしてスタツィオーネ・レオポルダにて行われたトスカーニの写真による2011年カレンダーのお披露目会。この席でトスカーニを含めた6名のパネラーが「自然の力ー女性との出会い」という討論会を行った。
このカレンダー、普通のカレンダーではなく、なんと女性の腹部から下のみを大写しにして12月分のカレンダーにしたもの。ローリング・ストーンズ誌の1月号の付録として配布されるということである。
もちろん反対側の大論争は間逃れない。
テレビなどで女性のイメージの侵害が当たり前のように行われている現在、この写真は単なる女性の「自然のまま」の状態を映し出したにすぎない、というトスカーニや出版編集長の言い分である。
確かに唇を厚くしたり、頬骨を高くする顔面成形をしたり、胸をボール玉をいれたように大きくしたり、自分で良いと思っているのだろうが、見るからに男性受けしようという様相の、女性の尊厳を否定するどころか侮辱しているかのような人工的な芸能人が当たり前のようにTVに出回るイタリアの現在のマスメディア。
そういう女性を良しとする風潮に比べてこの写真はまさに自然そのもの。それを痛烈な皮肉を込めて呈示しているのだろうが、反対側の意見ではこの写真もまるで女性を物体として扱っている、と目くじらを立てている人びともいるようである。配布を阻止しようとする方向が優勢のようだ。

このカレンダーから、即、想起したのは19世紀の写実主義の画家ギュスターブ・クールベの「世界の起源」という絵画である。この女性の腹部の裸体画、当時はかなり衝撃的だっただろう。
この作品は理想化された裸体でなく目の前にあるがままの裸体図である。
裸体とはこういうものであるとまざまざと示したかのように。
通常のエロチシズムではない、日常の風景画のような、当たり前の事実としての裸体という印象を受ける。
女性のあるがままの「自然」を讃える、という意味でトスカーニの写真はクールベの作品の継承であると言える。
[PR]

by jamartetrusco | 2011-01-16 00:55 | Arte (芸術)
2011年 01月 11日

Ex3

f0097102_233525.jpg


フィレンツェのQuartiere 3(第3区)に2009年に開館したコンテンポラリー・アートの展覧会場Ex3
大きな商業センターが隣接して開設されて以来、存在は知ってはいたものの、通っても
開いているのか開いていないかわからないぐらい照明も宣伝もない、ただの建物として目に入る
のみであった。
ところが最近になって娘の買いたいものを訪ねてこの商業施設に買い物に行ったおりに、
隣に寄ってみようと思い(今回もまるで閉館しているように中は暗く人気がない)おそるおそる
扉を押したら開いている。
中に入ってみたら一応受け付けのようなところに女性が退屈そうに一人座っているではないか。
展覧会は見れますか、と聞いてみると展覧会案内のボードを手渡してくれた。
開催されていたのはCharles Averyという若手のスコットランド出のイギリスにて活躍する作家
の作品展である。
作品展というよりひとつのテーマに則ったインスタレーション。架空の島を想定してデッサンから
彫刻からなるIslanderという展覧会。カラフルなデザインを施された人物の頭像やら、兎の剥製やら、
未来都市を描いたような都市設計のデッサンのようなものやら。
作品はひとまず置いてまず驚嘆したのはこの展覧会場の空間の大きさである。天井の高さはかなり
巨大な作品でないと貧相に見えてしまうスケールである。展示室も中心となる大空間から隣接した
小部屋までいくつもあり、かなりの大規模なものだ。
こんなスペースがフィレンツェにあったのか、とびっくり。
町自体がルネッサンスの美術館であるかのようなフィレンツェである。古い美術の保存と展示に
忙しく、現代アートとなるとまるで存在しないかのごとしであるこの町にしてはよくこんな展覧会場
を開設したものであると感心した。
第3区は中心からもやや離れており、住宅街でもあるが、商業活動もある程度活発な地域であるものの、
一体誰が見に来るのだろう。私たちが入った日もたまたま見に来ていた関係者の親戚のような
年配の女性がふたりのみ。がらんとした会場は私たちの独占である。
こんな展覧会場がかの大都市にあればもっともっと人が入るに違いない。
もともとコマーシャルギャラリーの経営者だったセルジョ・トッスィ(Sergio Tossi)が監修者。
スポンサーもたくさんついている。経営するのに必須であろう。

このCharles Averyの作品群の中で一点目を惹いたのはキューブのシンプルな建築空間のような
モデルが中央に設置され、背後から映写機を通して鳥の動きを写し出してそれが架空のスペース
の中を飛ぶというビデオ・インスタレーションだ。説明なしに美しかった。

この会場がこのまま存続していくことを望む。

f0097102_2341491.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-01-11 02:51 | Arte (芸術)
2010年 12月 23日

女性作家による自画像

フィレンツェのウフィツィ美術館の収蔵品は膨大な数にのぼるので常設できない
作品が数多くある。その中で'I Mai Visti'-「未公開」作品を定期的に展示する
一年に一度の展覧会が開催されてきた。場所はウフィツィ美術館の目の前の
別館。今年は1700に及ぶ自画像の中からその内の7%に過ぎない女性作家に
よる自画像を選んでの展覧会、題して'Autoritratte「女性自画像」。
開催は来年1月30日まで。

今回の展覧会のオープニングに行くことができたのは、フランスより戻って来た
アントネッラがその中の一作家として参加しているからだ。
別件にて展覧会を監修したジョヴァンナ・ジュスティに会った際にアントネッラの
ビデオ映像による自画像を気に入り、急遽展覧会に作品が加わることとなった。
彼女のためにもコレクションに購入されるのであれば良いが。

展覧会は18世紀頃の作品から現代まで。作家も無名有名混じっている。
会場も屋敷の一室を思わせるようなデザインになっており、自画像の展示に
なかなか合っていた。草間弥生の作品も一点。ちょうどアントネッラの作品の下に
飾られていたが、草間作品としてはいまいち。
あっ!と思ったのはアリソン・ワットのひだの絵。
自画像でないのだが何故か選ばれていた。
作家が女性であること以外は自画像となりうる要素はないのだが。
以前彼女について少しブログにて紹介したことがあるが、さまざまな自画像に混じって、このモノクロームな世界の
力強さが一段と目をひいた。ひだを描いているだけなのだが、その陰影に深い見えない世界が
感じられる。具象でありながらそれを越えた抽象的、精神的世界を打ち出すような不思議な
表現だ。

f0097102_0572670.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-12-23 01:06 | Arte (芸術)