トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 30日

Festa del vino モンテフィオラーレのワイン祭

昨日、今日と地元モンテフィオラーレにてワイン祭が催されています。この近辺のワインの製造元が城壁の通りに沿って小さなテーブルを出し、自慢のワインを味見してもらおうという行事です。ワイングラスを6ユーロにて購入し、その後は試したいワインを味見しながら歩いていくと自然と城塞を一周できるという仕組みです。
ところで、10数年前まではこの町でも、もっと庶民的なバッカス神を讃えるワイン祭りが毎年Vendemmia (葡萄収穫)に合わせて秋に行われていました。訪れる人々にワインをただでふるまい、収穫を祝うという真の意味でのワイン祭りです。ワインが飲み放題ということで、近年の人々の常識の低下にともない、酔っぱらいによる破損や迷惑行為が急増し、ついには中止という悲しい結末となったのです。せっかくの味わいのある地元の祭りが消えていくのは残念ですが、街の破壊を防ぐにはいたしかたないことでしょう。というわけで、お金を払ってワイン・テースティングをするという形のどこにでもある祭りとなってしまいました。
しかしどういうわけか、こういう商業ベースのワイン祭りは、下の町グレーベのそれも(毎年9月)含めて、いつも天候に恵まれません。いつも雨か、肌寒い日になるのです。思うに、本来の姿を失った祭りに、土地に息づくエトルリアの神々、バッカスの神も顔をそむけているからに違いありません。
それでも色々なワインをゆったりと試飲しながら、好きなボトルを買って帰るという意味では、ワイン好きの人々にはうってつけのイベントです。この小さい城塞にて行われるというのも魅力のひとつでしょう。 広場にてvitalba(センニンソウ)の枝を使って篭細工を実演するおじさんだけが唯一地元らしさを発揮していました。(赤キャップはいただけませんでしたけど)
余談ですが、このvitalbaは春先の出たばかりの芽をつまんで、それでオムレツ(frittata)にするとほろ苦い味のvitalbaがややアスパラガスのようで実に美味しいのです。庶民の知恵、素朴な味わいです。

f0097102_1733546.jpg






☆以下のランキングに参加中です。One click ご協力ありがとうございます。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-30 17:37 | Cibo (食文化)
2006年 04月 29日

我が家の修復師

アレの作品制作以外の情熱として、庭仕事を挙げたが、もうひとつ、彼の好きな仕事は、家具の修復である。家具の修復とは言えアンティックの価値のある家具を修復する専門的なものではない。道ばたに捨てられていた椅子や机などに手を加えるのである。ただこの場合、第一条件は素材が純粋な木製であること。ベニヤなどの合成素材はだめ。ものとしての、素材としての価値がゼロだから、手の加えようがない。本物の木でできているものはその上にペンキやラッカーなどの上塗りがされていてもかまわない。それをすべて取り除けばまた下地の木が蘇るのだ。我が家の椅子はもともと家についていたものを除いてすべてアレの治療した椅子たちである。

f0097102_213446.jpg
ひとつは緑色のペンキが塗られていたがすべてはがして、安定感のある椅子らしい椅子になった。
もうひとつは仕事場で使われていた座台の高い椅子。ピンク色を被せられて悲惨な様相だったがそれもこんなに奇麗になった。コンピューターの前で大活躍している。

f0097102_2124829.jpg




それぞれアレの心がこもっているので愛着がわいてくる。今修復しているのはやはりしっかりした木製の椅子、単に座台のひも細工が破れていただけで捨てられていた。座台は新しく木の細板でつくり、てかてかした色の悪いラッカーは刀で削って下地の木を出している。また新しい椅子として我が家の一員となる日は近い。


f0097102_2132269.jpg





人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ

☆One click ご協力ありがとうございます。
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-29 21:18 | Arte di Ale(アレのアート)
2006年 04月 28日

 部分の美

f0097102_1736826.jpg



f0097102_17372149.jpg



f0097102_17364581.jpg



f0097102_17373965.jpg



f0097102_17375875.jpg



f0097102_17381525.jpg



f0097102_17383296.jpg



Beauty of details... Bellezza dei dettagli... 細部の美。
from Montefioralle...da Montefioralle...モンテフィオラーレより。
Colours of Tuscany... Colori della Toscana...トスカーナの色。





人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click ご協力ありがとうございます。
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-28 17:50 | Paese (土地柄)
2006年 04月 27日

スペインの画家、Miquel Barceló

先日好きな画家のひとり、ドメニコ・ニョーリについて触れたが、今回はもうひとり、ミゲル・バルセロMiquel Barceloを紹介したい。初めて彼の作品をまとめた形で見たのは1994年ロンドンのホワイト・チャペル・ギャラリーでの回顧展である。

f0097102_1713266.jpg1984年から1994年までの制作を展観するものだった。1957年生まれの作家であるから若くして世に認められたことになる。80年前半、ナポリのLucio Amelioギャラリーにての個展、その後すぐニューヨークのLeo Castelliに画廊作家として選ばれたいきさつをみてもわかる。かれの作風はニョーリとは対照的。ニョーリが「静」であるなら、バルセロはまさしく「動」の表現である。ひとつ共通するのはバルセロがスペイン、マヨルカ島生まれであり、70年代までその地で制作発表し、島とはその後も切っても切れない縁、一方ニョーリも晩年マヨルカ島に移り住んで制作していたことである。余談になるが、マヨルカ島はアートのエネルギーを培うところのようだ。私たちふたりも何回か行ったことがあるが、島自体の魅力もさることながら、首都パルマ・デ・マヨルカには世界優数の現代美術の画廊がある。
ニョーリの静鎰とした時間の静止したような空間構成に対して、バルセロの表現は怒濤のごとくすべてを渦にまきこむようなエネルギーがある。様々な要素を突っ込んだごった煮のスープのようなものから純粋な美が抽出される。アンビバランスな美。ティントレットの光と動き、レンブラントの色彩の深淵、タピエスの抽象、80年代、90年代初期の彼の表現はそんな要素がまざりあったかのようである。焼き物作品も多く制作している。また最近ではパルマの大聖堂のための制作も手がけているらしい。


追記
アレの表現をみているとニョーリとバルセロの両者に惹かれる理由がわかるのです。ニョーリの作品の持つ神秘性、目に見えるものの背後の何かの表現。それはアレが常に目指すものです。それと同時にバルセロの醜と美、天使と悪魔の狭間のような表現、これもアレがときどき奔放になり、内蔵に訴えるときに出てくる表現です。やはり芸術は2元性をもつものなのでしょう。

f0097102_1772595.jpg


☆以下のランキングに参加中です。One click ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-27 17:20 | Arte (芸術)
2006年 04月 26日

我が家の小さなイコンたち

日本人の血のせいか、なんとなく仏さまやご先祖様を祭る風習が残っているようで、我が家の本棚の一角にも4つのイコンが祭られています。
木製のものは祖母の木彫仲間が彫ったもの、蓮の形の中に彫られていて、蓋ができるようになっています。祖母が亡くなったときに大事にもらい受けました。

f0097102_22435727.jpg

テラコッタのものはずっと以前にタイに旅に行ったとき、地元のお兄さんがプレゼントしてくれたもの、プラスチックの入れ物に入ってぶらさげられるようになっている。残念ながら中の仏さまは3つに割れてしまっているけれど。今でもこのタイでの経験は頭にじーんと残る素晴らしい旅。この仏さまをくれた彼はちょうどB&Bを始めたばかりの日で、私と連れは初めての泊まり客。なので、なんとなくお祝い気分でお客というより友達のように食事をし踊りに行ったのを覚えています。その地で見た大仏の素晴らしさも含めて。

そして象神は京都の比叡山近くにあるタイ料理を出すレストラン兼、タイやインドなどの家具や小物など多く扱う雰囲気のある店にて、娘が「これがほしい」と主張して、一緒に夕べをともにした友人が買ってくれたもの、これはインドのガネーシァ(Ganesha)象神でしょうか。彼は私にとって人生が何かをおしえくれたような人で、今ここイタリアにいるのも彼のおかげかもしれません。

f0097102_22365926.jpgそして最後の石の顔はアレがアラバスター素材を彫ったものです。これは父が急逝して大慌てで娘とふたりだけで帰国したとき、ひとり空虚感を味わいながら家に残ったアレが即興的に彫ったもので、私にとってはとても想いの深い小さな石頭です。
なぜならこの顔、どこか父の面影があるのです。アレの手を通して現れたみたいな。考えすぎでしょうか。
別に毎日拝んだりするわけではないのですが、この4つの仏さまはわたしにとってなんとなく大事なお守りのようなものです。それぞれ素材も、木、土、鋳物、石と違うのも今気がつきました。自然の4要素を代表するみたいで、不思議です。同時に私の人生の節々を表す4つの姿です。

f0097102_1893754.jpg



人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click grazie!☆
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-26 18:27 | Vita (人生)
2006年 04月 25日

石壁の表情

トスカーナの風景に欠かせないもののひとつに石壁がある。家そのものの造りも石であるし、道端に古くからある礎の役割を果たして来た石壁、そして石畳。

f0097102_17595973.jpg


昔ながらの石壁はmurino a secco(から積みの壁)と呼ばれ、セメントなどのない時代に石と土のみで壁を立ち上げて行く方法である。昔の人は本当にすごい。しかし残念ながらこの技術を知る人たちも減っている。手軽にセメントが手に入るのでそれで固めた方が時間も手間もかからないからだ。必然的にmurino a seccoを仕上げることのできる人も減ってきている。

f0097102_1811618.jpg

いつの時代からあるのか静かに土地とそこに住む人々を見守る石壁の表情に作家魂を動かされ、石壁ーMuroのシリーズが生まれた。煉瓦が混ざって赤と灰色の調和を見せるもの、形もさまざまで、よく見ると顔が浮かび上がるようなもの、巌のような猛々しいもの、また反対に丸みのある優しい感じのもの、石壁の表情は千差万別である。通りすぎてしまえば気がつかない日常に生きる歴史 ー アレはそこに自然と作為の絡み合う無限なる美を見いだしたに違いない。
















人気blogランキングへ
f0097102_1811440.gif



にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-25 18:14 | Arte di Ale(アレのアート)
2006年 04月 24日

Dio Sole 太陽神

ここのところの快晴、すかっとした青空とキラキラする太陽の日差しの素晴らしさ。
厳しい冬が長く続いただけに、太陽の恩恵を思う存分満喫しているこの頃。

f0097102_21165974.jpg


日本に居た頃にはあまり気づかなかった光の美。日本の美しさはなぜならしっとりと湿っていて、影のあるのような曖昧模糊としたもの、イタリアの明々白々な美とは対照的。イタリアに来て、太陽の威力、つくづく感じるようになりました。すべてが太陽の光とともに美しくなるのです。自然も、ひとびとも。花も、石の色も。

太陽神が実在するかのように。 

バッカス神とともにイタリアの象徴か。

f0097102_21175130.jpg






f0097102_2129081.gif


にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-24 21:26 | Natura (自然)
2006年 04月 24日

サルバドール・ダリの評価表

シュールリアリスト画家で、エキセントリックな生涯で有名なダリの芸術家の評価表。
興味深いのでここに紹介します。
20点が最高得点のようで、自分も含めての評価。
技術ーインスピレーションー色彩ー主題ー天才度ーコンポジションー独創性ー神秘度ー信憑性の9項目からみた評価です。中で有名な画家を例にとれば、レオナルド・ダビンチは17ー18ー15ー19ー20ー18ー19ー20ー20、ベラスケスは 20ー19ー20ー19ー20ー20ー20ー15ー20、ダリ自身はというと12ー17ー10ー17ー19ー18−17ー19ー19、ライバルのピカソは9ー19ー9ー18ー20ー16ー7ー2ー7、時代は下がってラファエロは19ー19ー18ー20ー20−20ー20ー20ー20、印象派の先駆と言われるマネは3−1−6ー4ー0ー4ー5ー0ー14、一時忘れられ近年再評価されたフェルメールは20ー20ー20ー20ー20ー20ー19−20ー20、そしてモンドリアンはさんざんな点数 0ー0−0ー0ー0ー0ー ½ー0ー3、5。

これを見るとわかるようにダリにとって最も評価の高い画家はルネンサンス後期を代表する画家ラファエロと17世紀オランダの室内画家フェルメール。続いてレオナルド・ダビンチと17世紀スペインの宮廷画家、ベラスケス。同国民であるピカソは天才度は認めているもののさほどの評価ではありません。幾何学的な抽象画で有名なオランダのモンドリアンに至ってはひどいものです。モンドリアンの表現をダリが嫌うのは何となく理解できますが、ラファエロとフェルメールと全くタイプの違う画家両方に高得点を与えているのは面白い。彼の芸術の見えない部分が発覚する感じです。

ちなみに何故急にダリの話になったかというと、ダリはアレの一時期惹かれた作家。今でも「ダリの日記」など好きな本でその生き方などに共鳴しています。「初めににガラありき、次にダリ、さらにガラとダリ」と妻であり、ミューズであったガラを一生愛し続けたダリ。ダリと同じように愛妻と芸術生活をともに生きた作家としてバルテュスと節子夫人の例も有名です。
私たちふたりも互いに人生のインピレショーンとなり合うように生きていこう。もちろん3人目のMinaも含めて。 初めにJAMありき。

f0097102_2354111.jpg




人気blogランキングへ
f0097102_23592391.gif

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-24 00:02 | Arte (芸術)
2006年 04月 23日

画家  Domenico Gnoli

アレと私にとってとりわけ惹かれる芸術家のひとり、Domenico Gnoli ードメニコ・ニョーリ。1933年ローマ生まれで、1970年おしくも47歳にて世を去る。父親は歴史学者、母親は陶芸家という環境から芸術の道へ進むのは当然だったらしい。かれ曰く「私は生まれてからアーティストになる以外考えられなかった。父が認めた唯一の仕事だったから。」 芸儒家の道を良しとしない親が多い常識から考えても、ニョーリの育った希有な環境がわかる。
初めの内は本のイラストやグラフィックデザイン、舞台芸術や舞台衣装のデザインなどを中心とした仕事に携わるが、1964年以降、カンバスにアクリル彩の独特な絵を描き始める。ほとんど自身で学び確立した手法である。
日常のどこにでもある事物ーベッド、ボタン、ネクタイ、人の体、シャツなどなどーの一部に焦点を当ててそれを拡大鏡を通して見るようにカンバスいっぱいに描く。

f0097102_23413937.jpg


ひとつの日常が全く異なる非日常と化すのである。なんでもないものが突然神聖な、時を越えた「何か」に取って代わる。色彩はイタリアのフレスコ画のそれに似て淡く深い。日常の事物をこれだけシュール(超現実的)に描ける作家はなかなかいないと思う。


日常と非日常、空間と超空間、事物と抽象、作家が見いだそうとする永遠なる課題。
アレの目指す世界にひたすら近い作家である。アレの描いたドメニコ・ニョーリの肖像画が
自画像に近いのも偶然ではないかもしれない。

f0097102_23441056.jpg



人気blogランキングへ
f0097102_23103274.gif


にほんブログ村 美術ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click ありがとうございます☆
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-23 00:12 | Arte (芸術)
2006年 04月 22日

現在進行形のランドアート

住まいのすぐそばに私たちの大家さんは細長い庭を持っている。城塞の内壁の上なので、下を通る人たちを見下ろせる位置。そこにはすももやいちじく、杏子など果実のなる木が数本生えている。ここ何年か前までは草ははえ放題、手入れがされずにボウボウになっていた。

f0097102_161940.jpg



そんなとき庭仕事を第2の情熱とするアレが大家さんに了承をとってこの庭の世話をさせてもらうことにした。先方も無償で庭師を雇うようなものである。今ではその当時の姿と見違える庭の様相となった。

f0097102_1112889.jpg




きれいにする内に古いレンガなど時とともに埋まってしまっていたものが出て来て案外面白い発見がある。この庭どのように展開していくか現在思案中。春から秋まで人通りも多くなるこの城塞の街で何か即興的展覧会などできないかと。庭を使ったランドアート的な制作も可能である。
ここのところ春の日差しが素晴らしい日々が続いているので、アレは毎日庭にかかりっきりである。

f0097102_165433.jpg




作家にも四季折々の推移があり、寒い冬は体を動かす彫刻が、春の日よりの良い頃は庭仕事、そしてそれ以外は絵やドローイングをという風に自然とともに制作意欲も変わっていくようである。
すべて自然体で生きる、ということか。

f0097102_171315.jpg










f0097102_1125610.gif


にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click ありがとうございます☆
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-22 01:15 | Arte di Ale(アレのアート)