<   2006年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 30日

時という概念

f0097102_18242715.jpg


海での休暇も残すところ今日、明日。明日おそくか明後日には帰宅予定である。
長い休暇と思っていたが、一ヶ月などすぐに経ってしまう。楽しいことは早く過ぎるというのは本当。時間とは相対的なものだ。そして楽しい日々の経過ー日本帰国の際もそうーは、最初の1〜2週間はゆっくりしていて3週間目あたりから時間の進行が加速していくと常に思う。まるで人生の縮図のようだ。子供時代に比べて最近の時間の経過の早いことよ。
なぜだろう。たぶん毎日味わう新鮮みというのが薄れていくごとに時間の経過も早くなってくるのでは、と思う。感性が研ぎすまされている時、新しい風景や事物や行動に新鮮な心持ちでいる時、そういう時には時間はゆっくりと過ぎて行く。ところがじょじょに感性が慣れてきて、常に感じることが同様になり、同じ行為を繰り返すうちに時間の経過が早くなってくる。だから子供時代は時がゆっくりと流れるように感じるのだろう。休暇もしかり。初めの新鮮みがだんだんと習慣性をもつようになるとあっというま、という感じになるのだろう。

人生をいかにゆっくりと、楽しんで生きるには、故に、常に新鮮な驚きや体験、豊かな感性を常に持ち続けることが秘訣であろう。なかなか難しいことだ。人間はどうしても習慣性を持った動物なので、毎日違った驚きを発見できる生活ばかり追求できない。それではどうしたら良いのか。思うにどんな些細なことにも喜びや幸せを見つけるようにして生きるのがひとつの方法だろう。ではわたしにとって至福感を得られるのはどんなものからか、家族のことはあまりにも明白なので改めてここでは触れないでおく。それ以外、自然との関わりから出てくるすべての実体験(あまりにも多くの感激があるのでひとつひとつ書いていられない)、良い本を読んだり良い映画を観たり良い音楽を聞いたり、そして良い芸術に触れるとき、自分の能力が十分に発揮できたとき、食事をしているとき、お酒を飲むとき、暑い日の後シャワーを浴びるとき、ベッドに転がり込むとき、などなど。
要するに五感に訴える本能的な何かが一番である。

一方、思考という行為は案外と幸せを生むものでない。未来に不安を感じたり、過去にくよくよしたり、他人の思惑などに心配したり、ああだこうだと想いを巡らすときというのはほとんどの場合、憂鬱、不安、恐怖、怒り、悲しみなどなどろくな感情が湧かないものだ。
人間は考える葦である、まさに人間の特性をついており、考えることが大きなメリットとされているが、最近考えないことのほうが良いような気がして来ている。毎日五感への喜びのみに生きる。なるべく考えない。雑念が生まれないようにするためにさまざまな精神修行もあるのだろう。
なんだかどんどん話題が逸れてしまったが、要するに雑念に惑わされず毎日の瞬時をいかに幸せに生きるか、そのための新鮮なる喜び、感激を常に持てる感性を育てていきたい。

f0097102_18251935.jpg



人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-30 18:28 | Vita (人生)
2006年 07月 29日

Festa de l'Unitàーイタリアの7不思議のひとつ

f0097102_21245467.jpg


Festa de l'Unitàという夏のお祭り。イタリアの町の多くで7月終わりから8月初めにかけて行われる町あげてのお祭りである。といっても発祥は政治的。l'Unitàというのは現存する左翼系の新聞の名前である。PDS(社民党)と共産党支持の新聞である。戦後、l'Unità新聞の財政的後援と普及のために企画されたお祭りで、特に左よりの県、トスカーナとエミリア・ロマーニャにて広範囲に行われている。だからお祭りと言っても旧ソ連のシンボルである斧と星のあるイタリア共産党の旗があちこちに掲げられており、全体的に70年代初期の大学の学園祭のような趣き。お祭りに政党が関わっているというのは当初非常に不思議な気がした。左翼が強いということはイコール反教会という傾向となるので南イタリアのような宗教にかかわる大きなお祭りがあまり残っていないのだろう。トスカーナには守護聖人を讃えるお祭りはあるが、それは一日で終わってしまう。フェスタ・デ・ウニタは県の首都フィレンツェではなんと2週間も続き、レストラン、バー、コンサート、店、そして政党の主席まで登場して政治色とお祭り色と半々の深夜おそくまで続く大イベントである。

今滞在するドノラティコの町でも一週間開催されている。毎日ライブバンドの音楽とともに老若男女を問わず踊る。Ballo Liscio(スウィングダンス)もあればラテン・ダンスもある。そしてレストランは地元の人々が皆総出で経営する。バーベキュー、パスタ、典型的リボルノ料理の魚スープ、カチュッコ、などなど。バーも若者向けのビールバーでは共産党のシンボル曲”Bella Ciao”がかかっている。

お祭り好きなわたしとしては町中がかかわるこういう行事は大賛成だが、正直言ってお祭りに政治が入るのは大反対である。今でこそまさか共産党新聞や党の懐に祭りの売り上げが行くのではないと信じたいが、なぜ楽しむのに政党が入らなくてはだめなのか。宗教的な由来の行事のほうがよっぽど本物のような気がする。そしてもともと安価に飲食ができるのが売り物だったこのフェスタも普通のレストランやバーで食するのと変わらない価格である。多くの人が参加し、活気があると言えばあるのだが、どこか心から楽しめない。つまらない。

私が思うに戦後のイタリアの一番の問題は社会が左と右にまっぷたつに分かれてしまったこと。社会のすべての基準が左か右か、で決められているような気がする。社会ばかりか、芸術、映画、芝居もしかり。関わる作家たち、俳優達までわたしは左、わたしは右を支持する、という話題がでてくるほど。こんな状況では名作が生まれるはずがない。だから最近のイタリア映画、ビジュアル・アートは枯渇しているのだと思う。
なぜこんなに政治主流なのか。もちろんこれは人口の半分強の人に当てはまるのであり、すべてのイタリア人はこうではない。アレのように完璧に今の政治に嫌気がさしている人々も半数はいるに違いない。

それにしても人間の人生、社会の基準は別にあるのでは? 私は基本的にすべての人の自由と権利とを重視し、そして隣人、自然、宇宙になるべく迷惑をかけずに、できる限り知と感性を深め、美しいものを大事に、静かに生きたいと思っている。それには左や右である必要はない。自分の哲学、思想、そして過去の先祖たちの知恵を大事にしたいと思っている。
もっともイタリアは歴史的に二つに分かれて闘争するのが伝統にあるので(ギベリン、グウェルフィ派の戦いのように)これもまたイタリア文化のひとつなのかもしれない。

f0097102_21341391.jpg




人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-29 21:40 | Paese (土地柄)
2006年 07月 29日

完璧な形


f0097102_555722.jpg


この画像のもの、なんだかおわかりですか?
わたしは実はアレに言われるまで知りませんでした。
海の生き物をよくご存知の方、そして美食家の方はすぐにおわかりになるのかもしれません。
直径は5cmにもいかない小さなもの。完璧に計算されつくしたかのような突起の列、パーフェクトな球形。そして微妙な緑の濃淡の色調。手にとるとその薄作りにもびっくりします。まるで薄い磁器でできた焼き物のようなぴりっとした硬さ。手にしたときにはその繊細な美しさに感嘆しました。
一番のお気に入りのバラッティ湾の海辺にて見つけたものです。バラッティ湾の私たちの一番お気に入りのアングルは岩場と隣あわせで砂浜と石、岩場が組合わさっているので岩場のそれに近い、透き通った素晴らしい水質です。湾であるので波も少なく泳ぐにはもってこい。そして水中メガネで魚達が泳ぐのも見られる理想的な海。Salagoという鯛に似た白っぽい魚や群れをなす小イワシや黄色っぽくキラキラする小魚など、いろいろです。そして岩場にいけば必ず見られるもの、うに、それがこの形の正体です。トゲトゲの黒い針の外殻をすべてとってしまった後に残る芯になる部分だそうです。
アレに言われたときは「これが本当にウニ?」と疑うほどでした。アレいわく、うにの形体は以前にも紹介したことのあるフィボナッチの数字が当てはまる自然界の形体のひとつらしい。といわけでまたひとつ賢くなりました。フィボナッチの数字とうにの関係にてはまた調べてみよう。


f0097102_515628.jpg




人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-29 05:17 | Natura (自然)
2006年 07月 27日

朽ちたる美

イタリアの歴史ある町角にて必ず目を惹かれるのは石壁と木の扉。ただそこに存在するだけで文句なしに美しい。長年の月日を経てだんだんと朽ちかけていく中の美。それは素材が偽物でないからだろう。人間が作り上げたものであるのに、作為をあまり感じさせない。そこには純粋なる素材への理解があるからだろうか。
素材が良質だから、朽ちていくほどに味わいがでてくる、人間としてもそんな存在になっていきたい。
f0097102_15435337.jpg

f0097102_15444957.jpg

f0097102_15455523.jpg

f0097102_1547074.jpg




人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-27 15:51 | Paese (土地柄)
2006年 07月 26日

イタリア流夏の夜遊び(子供連れ編)

イタリアの夏の一日は長い。我々のようにバカンスにて海に来ている人々はなおさらのことだ。一日の大半を海にて過ごし、夕食をとった後、外にくりでるのである。もちろん我が家は7歳の子供連れであるので、行動はかなり限られてくる。ディスコで踊り狂うとか、シックなバーにて食後酒を一杯などという楽しみは残念ながら享受できない。子供連れ家族であふれるスポットとしてはまずは夜おそくまでやっている一種の遊園地。遊園地といっても様々な乗り物があるわけではないが、ピンポン台もあればゲームセンターもある。後はゴーカートのような遊びも種々。そしてもちろんアイスクリームを食べられるカフェも常備。
f0097102_4154497.jpg

中でも子供(ティーンエイジャーも含め)に一番人気はトランポリン。大きなスペースに網がはられていて、中に長方形のトランポリン台が敷き詰められているのである。すべて繋がっており、枠には当たってもいたくないようなゴム状のクッションに被われている。ひとつのトランポリンから隣のトランポリンまでピョンピョンと飛ぶこともできる。Gettone(遊園地専用の通用硬貨)をまず買っておく。そしてしたい遊びごとにそのgettoneを払うのである。トランポリンはgettoneふたつで10分間。子供達が悲鳴をあげながら空中を舞う。昔からトランポリン好きだった娘も2年ぶりに感覚を思い出し、10分間満喫。

子供連ればかりではないが野外映画館も夏の夜の楽しみのひとつ。映画の種類によってもちろん客層も違う。映画は日替わりで最近封切りされた映画を上映していく。昨晩はEra Glaciale 2。邦題はなんというのだろう。氷河時代のマンモスや動物達が主人公のアニメ。正直言って私はわざわざ入場料を払って観たい映画ではなかったのだが、近くで休暇中の親ともどもおつきあいしている子供二人の家族(先日のロンドン旅行でも少し体験をともにした)が観に行くというので、それなら一緒に、ということになった。
野外映画は通常夜9時過ぎから上映開始。醍醐味は夜空を仰ぎ、夜風に当たりながら映画が観られること。夏はほとんど雨が降らないイタリアならではの夏専用映画館である。夕食後のエンタテーメントで、家でテレビを観ているより涼しくそして夏らしい。イタリアの映画館の特徴はIntervallo(幕間)があって、皆お手洗いに行ったり、飲み物やポテトチップスなど買いにいく。せっかく観ている映画が途中中断されるので私はあまり好きでないのだが。そしてなんの前ぶれもなくまた映画が始まる。なんとなく人々がわいわい、がやがやとしているいかにもイタリア的な野外映画館。「シネマ・パラダイス」の映画さながらである。

帰りがけに街角の空き地にて大々的にFesta de l’Unità(これもいかにもイタリア的な行事、またの機会に話そう)をやっていて、そこで最後のカフェとグラッパと行きたかったのだが、娘がもう眠い、帰ろう、と騒ぐので仕方なく帰宅。映画が終わったのが夜の11:30だから当然であろう、かくして長い一日のお開き。

f0097102_4174671.jpg



人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-26 04:22 | Paese (土地柄)
2006年 07月 24日

波に想う

昨日日曜日、友人かつ、自転車娘フィレンツェを行くのブログのyossyさんがフィレンツェから電車にて2時間かけてわざわざ海まで遊びにきてくれた。とても嬉しかった。海辺での再会はどこか特別だ。町中での出会いと違ってなんだか心がゆったりと会話できる。海という広い懐のなかで凝縮されたひと時を過ごすことができるのである。

f0097102_1532851.jpg


海での休暇中に今までも色々な友達が訪れてくれた。日帰りできてくれた友人や何泊かしていく友人カップル、家族ー日本から、スイスからミラノからフィレンツェから。海で過ごしたこの友人達とのひと時は素敵な想いでとなって心に残っている。日常から離れて心身とも波に洗われるような体験。どこか違ったコミュニケーションとなるような気がする。これも宇宙に直結する海、波の威力だろうか。
子供の頃の思い出も海で過ごした時間が何よりも鮮明である。胎児がやはり母親の胎内で水に包まれて育つことからも、水への憧憬は生まれいづる記憶の糸につながっているのだろうか。
海という自然、考えるほど不思議なメカニズムである。あれだけ広大な海水がこの丸い地球を被っているのであるから、このよせる波はどこから来て、どこに行くのか。そして津波のような脅威として一瞬にして生命を奪ってしまうこともある。雨、川、海。水という構造自体の神秘。
そして海は異物を好まない。海岸の岩場などに行くとかならずありとあらゆる廃棄物がころがっている。プラスティックボトル、ゴムサンダル、発砲スチロールの箱、心ない海水浴者が置き去りにするゴミもあるが、どこかで捨てられたゴミが海に流れ、海はそれを飲み込むことができず当然ながら陸に吐き出するのである。すして次の大波のときにはまたそれを取り込んでそしてまた違う岸辺へ吐き出すのだろう。このような完璧にアンチ自然の異物を見ていると「ああ、人間だけがなぜこんなに自然の調和をこわすのだろう」とつくづく腹立たしくなる。
それにしてもプラスティックの発明は確かに現代文明の証であろうが、どれほど自然になじまない異物を造り出してしまったのだろう。日本のTV番組にて自然に解ける野菜からできたプラスチックの発明改良について紹介していた。これは是非促進してもらいたい。

波をながめ、波を触り、波に乗り、海を感じることによって、太古から未来への途切れることのない宇宙の流れを実感している毎日である。

f0097102_15304011.jpg




人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-24 15:37 | Vita (人生)
2006年 07月 22日

秘湯ならぬ秘海

バラッティ湾の駐車場が一杯で、人里離れて思う存分ロビンソン・クルーソーの気分を味わいたいときは岩場の海に向かう。知る人ぞ、知るの秘密の海。とは言ってももちろん岩場好きの人は訪れるところ。アレがもっと若いときにトスカーナの海岸のあちこちを探検していてくれたおかげでわたしと娘もその恩恵に被っている。岩場の難点は飛び込めばすぐに深海なので小さな子供向きでない。あまり気乗りのしない娘を説得し、歩くこと15分ほど。
f0097102_1724060.jpg

f0097102_1727930.jpg

最後はやや危なっかしい岩場までの険しい降り坂であるが、辿り着けばそこは我々だけの秘海である。岩場の魅力であるゴツゴツしたまるで彫刻のような岸壁。そして海の色の深さ。紺碧である。我々のパラソルが風景にそぐわない。

しぶきをあげる波の合間に住む小さな命、イソギンチャクの1種であろうか、まるで赤い丸い和菓子のような色合いと形。そっとさわるとふんにゃり、でもしっかり口があって吸引する。波にゆらぐ海藻も妙に艶かしい。こういう広大な海の中の部分の美って本当に神秘的。
ひさびさに生まれたままの姿で海を全身に感じた。なんという開放感!
魚たちと一緒に泳ぐーこれぞ海の醍醐味だろう。



f0097102_17255170.jpg



f0097102_17412974.jpg







人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-22 17:44 | Natura (自然)
2006年 07月 21日

結婚10周年記念日

f0097102_9134082.jpg


10年前の7月20日にフィレンツェのヴェッキョ宮にてはれて結婚した我々夫婦。今日は10周年記念日とあってレストランにて祝杯をあげようと決めていました。先日訪れた高台の町のオステリア、ピンツァグリッリにてテーブルを予約。町に着くと駐車場はドイツ、オランダ、スイスのナンバープレートがほとんど。これってすこしやばいのでは?と半信半疑。別に彼らが悪いのではないのだけれど、やはり彼らしかいないレストランは少しやばいのです。でも辿り着いてみるとイタリア人のグループも多少見かけられる。ふむふむ。
そして経営する家族はまるで地元の人びと。太っちょの汗だくのご主人にキッチンに立つお祖母さんとお祖父さん。そして娘達がテーブル給仕担当。少しホっとする。そして料理は家庭料理で量たっぷり。もうアンティパストとプリーモだけで十分。  アー良かった!

f0097102_9143072.jpg

食後のテラスのやもりが光をあびている。
そして教会が素晴らしい。
半分酔っぱらっています。ごめんなさーい。

f0097102_915229.jpg




以下のランキングに参加中です。
2回クリックお手数でなければお願い致します。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-21 09:17 | Vita (人生)
2006年 07月 20日

静けさや岩にしみいる蝉の声

ワインボトルに必須のコルクのふた、tappo di sughero。
実際にコルクの原材料となる木がどんなものかご存知ですか?
イタリアではコルクの木をスーゲローsugheroと言います。この木の外皮を剥がして加工し、コルクになるのです。かなり古木です。
今日は単にこの木に礼を表して。

f0097102_526125.jpg

f0097102_5285029.jpg



文章が書けない日もありますね。岩場の海の威力に当てられ、そして夕方の静けさ、
まさに聞こえるのは草をわけて歩く我々の足音と蝉の声のみ。「静けさや、岩にしみいる蝉の声」の芭蕉の俳句そのままの夕刻。絶句。

f0097102_530423.jpg




以下のランキングに参加中です。
2回クリックお手数でなければお願い致します。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-20 05:33 | Natura (自然)
2006年 07月 19日

Mare-mare-mare(海、そして海、さらに海)

f0097102_5545981.jpg


今日訪れた最初の海、Golfo di Calamoresca。岸壁の下にある岩場の海岸。Piombinoの街の住民が通う海である。写真に撮ったらまるで絵はがきのような美しさにみえる。遠目に見える島はエルバ島。かのナポレオンが最後に幽閉された島である。今ではもちろん海の高級リゾートとして有名である。

ピオンビーノから南下する海岸線、Val di Cornia。砂浜はすべて白浜に近い。ピオンビーノに製鉄工場があり、その下にEnelの発電所があるため自然環境的に、そして見た目に多少落ち度がある地域であるせいか、海はどれも地元の人の行き交う場所で、本当のリボルネーゼ(リボルノ県の人々)魂を味わうのはこの地域が良いだろう。北イタリアのvacanzieri(休暇のために訪れている人)や海外からの観光客が少ない。リボルネーゼはフィオレンティーノ(フィレンツェ人)に比べて、海に近いことや常にpassanti(一時的な訪問者)が多いことなどで、なんとなくあっけらかんとしてオープン、そして性格もゆったりしているような気がする。海の街、港町の人たちの独特な特徴かもしれない。話し方も独特。フィレンツェ出身の主人などリボルノの発音を真似してリボルノ人のことを「リボルネーゼ・デー」という。発音が最後にデー、と言葉をひっぱるような独特な喋り方をするのだ。とても好きだ。海の街にふさわしいどこか楽しい、リラックスした人たち。

お昼は友人が教えてくれたビーチ、Casalappiのbagno(有料ビーチ)に付属している海産料理のレストランIl Baracchinoにて、うにのスパゲッティ。お昼の後、さっそく海水浴へと。有料ビーチというと語弊がある。イタリアでは有料でパラソルとビーチベッドを借りることが可能で、このようなサービスのある施設をbagnoと呼ぶ。bagnoに行けばレストランもあるし、シャワーもあるし、着替え用の小屋も借りられる。少しお金を払っても海にて快適に過ごしたい人たちはbagnoに行くのである。私達はbagnoは素通り。お昼だけ頂き、そしてフリービーチへ。でもbagnoの着替え小屋、そして自然素材のパラソルが素敵なので画像に。典型的なイタリアの海の風景である。


f0097102_5565465.jpg

f0097102_559527.jpg




以下のランキングに参加中です。
2回クリックお手数でなければお願い致します。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-19 06:02 | Natura (自然)