<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 29日

イメージの輪

f0097102_2016244.jpg



あるひとつの形が生まれるまで。作り手の頭の中にさまざまなイメージが試行錯誤するのだと思う。
作家の工房を訪問するとしばしば目に入るのがお気に入りの芸術作品のポストカードや切り抜きが壁にひとつのイメージボードのように貼られていることである。
ゼロからひとつのイメージを創造するのはさほどたやすいことではない。作家によっては自然の現象や事物が発想の源になっている場合もあるし、また過去の創造物ー絵画、彫刻、建築などーまたは他の文化に属する色彩、オブジェなどが刺激となって自ずの表現の礎を作る場合もある。かのピカソであれアフリカの仮面やオブジェがキュービズムを考案する重要なインスピレーションになっているのである。found objetを使った作品しかり。
芸術は古今東西を問わずそれぞれが刺激し合ってまた相互交換、影響し合いながら再生してきたのである。
印象派に与えた浮世絵の衝撃は言うまでもなく、日本の工芸、装飾美術、建築の意匠が西欧のデザイン史に与えた影響たるや偉大である。
故にすべての作家の作り出すイメージは「何か」または「どこか」から抽出され自らの表現との調和、展開の末、生まれてくるものであろうと思う。

アレの制作をひとつの水面と喩えるなら、その水源はフィレンツェに根ざしたルネサンス、マニエリスム美術であり、そしてそこにときどきシュールリアリスムや象徴主義の水滴がぽつりぽつりと輪を描いていた。最近ではそこに日本の美学の輪が加わったわけである。
その輪はときどき共鳴しながら、または反撥しながらアレ独特のイメージとなって広がっていくのである。
アレのイメージの中にときどき現れるのはマニエリスムの、シュールリアリスムの「くねくね」「歪み」である。アレ→ポントルモ→ダリ→アルプ→アレ。
オリーブの木のイメージから生まれ、はてはドゥローイングまで展開していくこの図式。

作り手の頭の中に渦巻くイメージの連鎖は実に面白い。

f0097102_2017879.jpg


f0097102_20164591.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-29 20:21 | Arte di Ale(アレのアート)
2007年 01月 27日

雲中供養菩薩 

f0097102_22333382.jpg


宇治の平等院。鳳凰堂の建築の美しさはやはり一見の価値がある。そして何よりもここの雲中供養菩薩が素晴らしい。

f0097102_2245171.jpg


阿弥陀堂内の長押上げの壁画に本尊を囲むように置かれていた52体の飛天。
今ではその半数は平等院の美術館鳳翔館内に展示されている。この美術館の内装は木版を思わせるコンクリート素材で、落ち着いた配色である。
本来の場所から移されての展示というのは像の意義を半減するとは言え、この世にも美しい雲中供養菩薩の像の数々を間近に見ることができるというのは多いに満足の行くところである。

平安時代の最高の仏師と言われる定朝とその弟子達の作である。阿弥陀堂内の阿弥陀如来座像は彼の代表作であるが、個人的にこの雲中供養菩薩の群像が好きである。
まず驚くのはその姿の様々なこと。雲のなびきも左右に半分ずつ。合掌したり、楽器をもったり、または持ち物をもったり、舞ったり、とそれぞれが雲の上に乗った美しい天上の姿となっている。悟りを開く超越した存在である菩薩そのものである。

f0097102_222845100.jpg


f0097102_22291067.jpg


この飛天の表現の多彩はなんだろう。
定朝のもとに20人の大仏師がおり、そしてその下にまたそれぞれ5人の小仏師が働いていたらしい。あたかもルネッサンスの工房さながらである。平安時代以来仏像作りの規模も量も増えていったに違いない。定朝は従来の仏像の一木彫りから初めて寄せ木造や割矧ぎ技法を完成したと言われている。寄せ木造によって一木彫りの大きさの制限も越えることができ、そして量産も可能になった。それには仏像の需要の拡大という背景があろう。
作風や顔の表情の違いはそれぞれを担当した仏師の個性を反映しているに違いない。一体一体それぞれの趣きがあり、比べながら見るのも楽しい。

木彫に対しての興味をアレが持ち出したのは日本に初めて足を降ろした95年来。
その折、奈良、京都を旅した。その地にて出会った仏像の数々に心から感動し木彫への興味が生まれたらしい。 それ故日本から帰って彫った最初の木彫は仏像に刺激されたものが多い。まだまだ稚拙で木の質も考慮にいれていなかったので今では顔の中心に無惨に割れ目ができてしまっているが。現在彼がたゆまず木彫作りに励むのもそんな日本との接点上という背景があるのである。

私が好きな日本の木彫像の好きなもの3点を挙げろと言われれば以下である。

京都広隆寺の弥勒菩薩半跏像。文句なしに美しい。前に佇むだけで心が透明になる。

京都、三十三間堂は何回訪れても良い。千体千手観音の圧巻もさることながら二十八部衆立像の中の婆藪仙人の迫力。鎌倉時代の力強い表現力の代表であろう。
フィレンツェのドゥオーモ美術館所蔵のドナテルロのマリアマグダレーナの像と共通点があると思うのはわたしだけだろうか。

そしてこの雲中供養菩薩、中でも北7(下2番目)北25(上2番目)そして南2(下一番目)、南24(上一番目)。阿弥陀如来は東をむいて座しており、その北側と南側の壁面にあったので便宜上このように番号付けされているが、なんとも趣きを欠く呼び名である。
この4像はいずれも顔の表情、雲のなびきの表現、動きの美しさが突出しており特に好きである。

f0097102_22281867.jpg


f0097102_2256170.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-27 00:03 | Arte (芸術)
2007年 01月 25日

scatola magica(魔法の箱)開放


f0097102_243952.jpg


アレのscatola magica ー 魔法の箱。ずっと前にブログで書いたことがある。
つい最近その箱から木の無数の彫刻たちを解放した。
長方形のガラスの金魚鉢に処狭しとぎっしり収まっていた木彫群。
次回の展覧会に少し出したいこともあり、一度空気にあたるため外に出した。
生きて動くわけではないけれどわたしにとっては皆それぞれの顔を持った命である。
ひとつずつの木の形の個性があって、形も姿も肢体もさまざまである。

f0097102_252045.jpg


並べるだけで群像を想起させる。
ミケランジェロあり、菩薩あり、エトルリアのグリッリあり、天使あり、ロダンの抱擁する人あり、、。

さてこの箱にこんなに詰まっていたのか、と感心する。
やはり魔法の箱である。


f0097102_2111943.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-25 02:14 | Arte di Ale(アレのアート)
2007年 01月 22日

京の唐紙

f0097102_22512596.jpg


江戸時代から今に至るまで変わらず唐紙作りを続けて来た唐紙屋千田長右衛門、現在11代目をむかえる。江戸時代には13軒もあった唐紙の版元も明治期までにはほとんど家業閉鎖を余儀なくされて残ったのはこの唐長千田家のみである。

唐紙とはその字の通りもともと唐中国より渡ってきた美術紙の名称である。当初は書くための料紙であったという。平安時代の日本、雅な和歌から書き物まで上流階級には必須の希少価値の唐紙であったに違いない。そして次第に唐物から日本の風土と美学にあった形で発展していったのである。卓越した書や茶碗で知られる光悦の嵯峨本つくりにも唐長の関与があったらしい。その後、唐紙は桂離宮から二条城、そしてさまざまな寺社内の襖紙や屏風の裏裝として使われてきた。この唐紙の歴史や今に至る経緯、そしてその伝統と美学を詳しく知りたい方には是非11代目当主の千田堅吉氏の著書「京都、唐紙屋長右衛門の仕事」という本を読まれたし。
この当主の心意気、生き方、そして長く守り続ける手仕事のなにものにも替えられない技と呼吸と美学の奥深さに真の感動を覚えた。


唐紙の版木は全部で650もある。そしてその意匠は現代の生活の中でさらに新しさを増す美しさがある。
現代性と伝統、斬新と古典、古くて新しい、そのような2元性をそのまま体現する唐長の唐紙である。そしてすべて自然、真なる素材を使って手仕事でできる作品である。
その微妙な光の陰影にて色合いを変えていく色彩。影あるからして生まれる柄の美しさ。


f0097102_2251544.jpg


その意匠を現代の建築空間にも活かして生まれ変わった建物が京都烏丸四条通りの角にある。大胆にも外装のガラス張りの壁に唐紙の意匠を使っており、建物内の照明や壁にも同柄が使われ外装との一貫した調和をはかっている。さらに一階には唐紙の意匠をポストカードや便せんなどにあつらった紙のショップもあり日常生活に生きる唐紙の伝統と美を提案している。すっきりと並んだ唐紙のポストカードの群はまるで全体がひとつの意匠を生み出すような粋な空間構成である。


唐長の素晴らしいのは伝統をただ保存するべき大切な遺産として残すだけでなく、その文化遺産を現在の生活に活かすべく新しい創造の力と変えているところであろう。それには貢献する若い心と力が不可欠であろう。そしてひとつの伝統はこうあるべき、という限られた範疇にこだわらずに唐長の根源にある美学にそうことをどんどんと実践していく挑戦の精神。

伝統というのはかくあるべき、とつくづく感じたものである。西陣など着物を始めとする日本の伝統産業が厳しい状況にある話しは多々耳にするが、伝統を続けるには創造する必要がある。創造というのは伝統をひっくり返すのではなく伝統を昇華した上ででてくるものであろう。
伝統と創造の問題。グロバリゼーションなどという言葉がもてはやされて久しいが、真の国際性とはこういった人間の手によって生まれるひとつの技と美学を深めることに自ずと集約するエネルギーへの賛同から発するものではないかと思う。いろいろ想い巡らす今回の京都滞在であった。

京都、唐紙屋長右衛門の手仕事
千田 堅吉 / / 日本放送出版協会
[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-22 23:02 | Arte (芸術)
2007年 01月 21日

Firenze Magnifico Club設立


f0097102_1835084.jpg


フィレンツェ在住20年以上という日本人女性の友人が立ち上げた文化交流協会、Firenze Magnifico Club。 ルネサンス最盛期の象徴といえる人物メディチ家のロレンツォ豪華王、ロレンツォ・イル・マニフィコにちなんでの命名である。
日本とイタリアの文化交流をめざして過去にもいくつかの展覧会や催しを手がけてきた彼女であるが、ここにきてその情熱をひとつの形にまとめて協会とした。わたしも協会設立のメンバーの一人としてお手伝いさせて頂くことになった。

協会は非営利で日伊を中心とした幅広い芸術文化交流を目的とし、主な活動は、芸術、工芸、音楽、歴史などの紹介、芸術家招聘、教育活動(交換留学生)、各種催物(2008年春、地蔵、タベルナッコロ展予定)、ボランティア活動(施設訪問、寄付等)、バザールなどが計画されている。非営利団体であるので運営費を少しでも割り出すために年間30ユーロの会員費の協力も募っている。

まだまだ未知数多い活動であり、今後どのような形で日本の文化をイタリアに呈示していくことができるか、わたしもメンバーの一員としていろいろと考えて行きたいと思っている。

町自体が素晴らしい芸術のようなフィレンツェ。しかし世界の観光都市となって長く、フィレンツェ市民の存在がおろそかになりつつある近年。店もレストランも観光化し、町の広場の多くも普通の市民が子供連れでなごやかに過ごすというにはほど遠い荒んだ状況になっていることは否めない。職人の工房などに見かける日本人の方々の姿。フィレンツェの伝統ある職人芸を残すことに一役かっているのはフィレンツェの都市とその文化芸術伝統を愛する日本人の方々であることも多い。このような状況の中でフィレンツェ市民のための新たなるフィレンツェ再生ーRinascimento (ルネンサンス)ーに日伊文化交流がどのような貢献ができるか。それが今後の課題ではないかと思っている。

2007年亥年にちなんでか、猪突猛進あるのみ、ということで立ち上げた協会。これからが勝負である。
[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-21 18:39 | Paese (土地柄)
2007年 01月 18日

京都での実り


f0097102_1846763.jpg




今回の短い滞在において我々にとって大切なできごとがいくつかあった。京都の伝統を守る素晴らしい方々との出会い。これから生きる上での勇気の源となった。伝統をただ保存するだけでなく現在生きる我々の時空間に取り込み活かし、新しい創造性を提案する。伝統と革新ということを自ら体現されている方々である。久々に「真なる物」への感動と衝撃を受ける。

そしてもうひとつの大切なできごと。それは京都にて今年の夏アレの2回にわたる展覧会開催が決まったことである。
2005年の京都イタリア文化会館での2人展の折に知り合った方の画廊にて再度展覧会をひらく運びとなった。桂にあるご主人自ら設計した自宅兼画廊の建築。石などもこだわってご自分で探したらしい。
House of Artという名称である。この画廊にて2回目の試みである。前回訪れてくださった方々にまた作品を見て頂ける機会となろう。桂離宮が近いのでまた足を延ばしてこようかと思う。今の眼にて再び見てみたい場所である。

さらにその後には京都の中心、3条通りにある京都文化博物館の別館内にあるArton Galleryにて初めて展覧会をさせて頂くこととなった。企画するのは知り合って3年来京都の滞在を心豊かにしてくれる友である。
三条通りは私たちの大好きな通りで、京都にくれば必ずぶらぶらしていた場所。京都博物館別館の赤煉瓦のこの建物は東京駅を設計した辰野金吾(1854〜1919)とその弟子の長野宇平治の設計による明治洋風建築の代表といえる建物である。もともとは日本銀行京都支店の建物であったが1969年以来国の重要文化財に指定されている。
本物の素材からくる重厚感に満ちた室内である。

f0097102_18464048.jpg


f0097102_19285454.jpg


この中は元銀行の面影を残す広間付近とその横にいくつかのギャラリーやショップがもうけられている。Arton Galleryはそのひとつである。
いつも通っていた大好きな通りの歴史ある建物の中で展覧会を開催できる、このことはこの上ない喜びであり、光栄である。
時期はまだ具体的に決まっていないが7月か8月。京都の暑い盛りであるが、今からわくわくしている。アレも新作に向けて制作に集中しなければならない。
今年は新年からさい先良いスタートが切れそうである。

人生とにかく信じるのみ。ひとつひとつの出会いを大切に、そして自分の心や波の浮き沈みに逆らわず毎日を丁寧に生きて行こうと思う。


f0097102_18462392.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-18 19:08 | Vita (人生)
2007年 01月 16日

日本の色についてーその2  京都の壁

f0097102_1748925.jpg



多彩色の調べとはまたまたうってかわって、京都の家をはんなりと見せるさまざまな壁や塀の色。
土塀であったり木造の年期の入った木の面であったり。または竹であったり。
これほど茶色のトーンが豊富で美しく使われている町はないのでは、と思う。茶色の美。木目の美。年をおうほどに美しくなっていく木の壁のテキスチャーの魅力にひかれてやまない。
一部を焦がしているのは虫除けのためと、木を強化するためであろうか。
古い木壁のつやのある模様をみているとおもわず有り難くなってしまう。そして木とという朽ちやすい素材をこれほど上手に保存し、美化し、そして永遠に存在するひとつの神々しい自然の象徴と化してしまう、その技に感心してしまうのである。

余談であるが、英国の木工作家で故意に木の塊を焦がして家具やオブジェを作るJIm Partridgeと言う作家がいる。年を経ていない木片を焦がすことによって木目の美を浮き立たせ、そして永劫化させる意図であろう。彼もまた木のもつ力の虜になったに違いない。

f0097102_17484016.jpg


Jim Partridge (Contemporary Craft Series)
Alison Britton / / Lund Humphries Pub Ltd
ISBN : 0853318905



京都の町並みの魅力はまさにこのような古い町家や民家の外装のおかげであろう。
建て壊しなどの悲劇にあわぬように守って行かなければならない遺産であろうと思う。


f0097102_17562193.jpg


f0097102_175640100.jpg


f0097102_17574294.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-16 18:16 | Paese (土地柄)
2007年 01月 14日

日本の色についてーその1

京都より帰ってまだ3日であるので頭はまだトスカーナに戻っていない。京都での日々の余韻がままだ心に強く残っている。このところ常に夏の京都に帰っていたこともあって久々の冬の光の京都、師走と年明けの京都に感慨新たである。冬のすかっとした晴空というのは京都では珍しいような気がする。東京のような空っ風が吹かないからかもしれない。そして地中海のからっとした青空とは別物である。晴れてもどこか薄らとした雲の幕がかかったような霞み空である。それが柔らかな京都の光を生むようだ。
早朝、家の扉から見える靄のかかった微妙な緑の明暗をはぐくむ山の景色を拝んでは仏さまの息吹を肌で感じる。

f0097102_19493660.jpg


京都にて日本の色の数々を見つけた。おせち料理の艶やかさ。そして子供やティーンエージャーが嬉々となる駄菓子の店。娘の大好きな店。ありとあらゆる菓子のパッケージの不思議な不調和の調和。こんな色彩は西欧の美学ではあり得ない。

f0097102_19482547.jpg


f0097102_19485140.jpg


そして和紙の店。なんといろいろな色彩、色調、紙の材質感があるのだろう。
昔ながらのおもちゃも多種多様だ。

f0097102_1947234.jpg


f0097102_19474290.jpg


f0097102_19484100.jpg


侘びという言葉に象徴される色を極力おさえたさびれた趣きの美も日本の美である。対照的にこのような色のあでやかな響宴も日本の美学である。
この対称はなんだろう。京都の文化、はては日本の文化の興味深い2面を感じる。
[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-14 19:56 | Paese (土地柄)
2007年 01月 12日

初雪 


f0097102_195332100.jpg


今年の京都は他の地にもれず暖冬と言われているが、それでも3週間弱の滞在中に2回の雪に出会った。
一回は暮れの押し詰まった29日。そして2回目は8日の初雪である。

北山時雨という言葉もあるように京都の北部は山が近いこともあって中心より寒くそして雪が白い冬空からどこからともなく吹雪いてくる。朝早くに降り出した雪はあっと言う間に木立や家の瓦を被い尽くす。
昼過ぎにはすべて溶けてしまうような短い降雪であったがそれでもその白の世界の美しさにみとれていた。
寒椿の赤と白の対称の美。そして石畳の模様との調和。それだけで感動を呼ぶ。

f0097102_19535176.jpg


f0097102_19541022.jpg


昨晩おそくにトスカーナの自宅に戻る。
不在の間のイタリアもやはり真冬とは思えない暖かさが続いたと聞く。昨晩もフィレンツェの空港の夜10:00の気温は12度。春並みである。

だいぶご無沙汰していたブログ日記。日本での楽しく実り多かった滞在の余韻からまた日常に戻るのにはやや時間がかかりそうである。
新たな光が見えてきそうなアレと私と娘の人生行程への期待をはぐくみながらまた今年も毎日心新たに生きて行こうと思う。
[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-12 19:56 | Vita (人生)
2007年 01月 03日

恭賀新年

京都より新年明けましておめでとうございます。
温かいコメント頂きました皆様にお返事できずにおりまして失礼致しました。
この機会にお礼申し上げます。

f0097102_1704655.jpg


亥を祭る護王神社は今年は大活躍です。
2007年が素晴らしい年になりますように。


f0097102_1714151.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-03 17:03 | Vita (人生)