トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 31日

京都から戻って

10月21日まで続くアレの展覧会を後にして月曜日帰宅した。

凝縮した2ヶ月半の滞在。引っ越し、展覧会、友人との再会、新たなる出会い、祭り、宴。。。

いつも帰ってから数日、メランコリックになる。まだまだ仕残したことや会いたかったのに会えなかった友人。残して行く母。京都で吸っていた空気、踏んでいた土、京都の香りから無理やり体を離して空を飛んで行く。御所の木々や蝉の声を後にしていく淋しい気持ちはいつもつきまとう。後一週間いられたら、と常に後ろ髪ひかれる思いである。

起きてから24時間の長旅でへとへとになってやっと辿り着くトスカーナの自宅へ帰る、と木と紙の文化から石と鉄の文化に、生活の神髄が移行していくのをまざまざと感じるのである。
魚食から肉食へ、蕎麦からパスタへ。ご飯からパンヘ。豆腐からチーズへ。
冷たいビールから濃厚な赤葡萄酒へ。
何回体験してもどうしてもすっきりと対応できない一瞬の違和感。
何もする気にならない1週間である。とは言えすることは多々あるので、ぼっーとしてはいられない焦燥感。

一番適応力の早いのはやはり娘。着いた途端から近所の友達といっせいに遊び始めるのだから。帰りを心待ちにしていたお友達がモンテフィオラーレの石畳に"Ben tornata Mina!"(お帰り、Mina)とチョークで書き記しておいてくれたのを深夜に帰って目にしたときはさすがに嬉しかったが。

このメランコリーもあと数日でイタリアの明るい太陽の力とともに晴れていくのだろうか。


f0097102_23564693.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-08-31 00:03 | Vita (人生)
2007年 08月 21日

Metamorfosi del Vas

Metamorfosi del VAS

変容するVAS – 器

Forme rettangolari e cubiche fino a contenitori “Scatole” che
rappresentano l’involucro che contiene l’essenza o meglio
la quintessenza aurea nascosta dentro di noi.
四角い形、箱のような器は我々の中に潜む黄金エーテルを内包するもの。

Chiamati VAS intesi come contenitori simbolici e indefiniti dove poter
compiere l’OPUS, cioè la Grande Opera alchemica di trasformazione da Impuro a Puro.
VASとはOPUS—錬金術における物体の純化をめざす偉大なる業—の達成を
可能にする象徴的であり、無限なる器という意味である。

Cruda terra e materia iniziale che tramite il lavoro manuale e spirituale dell’
Uomo si trasforma in ORO simbolico.
人の手や魂の関与によって原土や原素材はシンポリックな「金」へと変貌する。

Corpo, Anima, Spirito, come alchimia della natura,
Purgazione e purificazione.
Viaggio dell’uomo alla ricerca della sua anima.
自然の錬金術的神秘の賜物である肉体、魂、精神。
浄化と純化。
すなわち己の魂を追求する人の旅程.

Si sedes non is - Si non sedes is
「静止するもの進まず」

f0097102_11241267.jpg

f0097102_11244060.jpg

f0097102_11251111.jpg

f0097102_11253954.jpg

f0097102_1126775.jpg


現在開催中の展覧会のテーマ。
[PR]

by jamartetrusco | 2007-08-21 11:27 | Arte di Ale(アレのアート)
2007年 08月 16日

猛暑-文化財との過ごし方

f0097102_15325220.jpg


それにしても毎日暑い。日中36.7度は軽いだろう。
お昼過ぎからArton Art Galleryに出勤(と呼べるのか)するが1時過ぎの太陽は容赦ない。なるべく日陰を求めながら自転車にて通う毎日。
画廊は文化博物館の中にあるので一般の観光客の方が訪問者の大半を占める。後は開催中の特別展を観にくる方々。

f0097102_15332476.jpg


画廊のある別館は特に京都府の文化財指定になっているので様々な規制もある。
飲食は禁じられている。これはかなり不便である。画廊というのはお客さんとのくつろいだ時間というのも必要なのでこの暑い中、飲み物もお出しすることができないわけである。さらに笑ってしまうのは、水飲み場もあるのだが、噴水方の飲み水供給仕組みに不慣れのアレや娘はなかなか飲みにくいのでその水を紙コップにいれて手にとり飲んでいたら受付嬢が不信な顔をしてにらんでいたらしい。外からドリンクを持ち込んだと思ったのか。

元銀行の事務所だったところはホールになっているのだが、そこの撮影もフラッシュを禁止している。ひとりふたりカメラを持った人が立っているとまたまた受付嬢がさっそくに飛んでくる。
一般の美術館の絵画作品などのフラッシュ撮影禁止は理解できるのだが、100年ほどの歴史建造物に適応する必要ないように思うが、なにしろお役所が関わっているので紋きり方である。

f0097102_1534826.jpg


画廊も開廊時間が10:00から19:30と異常に長いのはこの別館の開館時間に合わせて店も開けておかなければならないという規則があるらしい。画廊を夕方7時まであけていても来る人はほとんどいないようだ。この辺の融通のなさもお役所である。そして画廊の展覧会の案内看板も外に置くことは禁止されている。文化財の前には何も置いてはいけないらしい。

ということで文化財と関わる窮屈さも感じる展覧会となった。
しかしそれでもこんな空間の中で展覧会をできることは最大の光栄である。
あまりの暑さで5:00頃までは外におることままならない毎日の真夏の日差しの中での展覧会経験。ひとつの体験としてまた心に残るものとなりそうである。

f0097102_15351116.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-08-16 15:38 | Vita (人生)
2007年 08月 07日

Arton Art Gallery 明日オープニング

f0097102_15304273.jpg


昨日Arton Art Galleryに作品を運び込んだ。
いよいよ明日オープンするアレの展覧会の2日前。
月曜日は美術館が休館なのでその日に準備をするのである。
本館と別館の建物のコントラストが面白い。煉瓦とコンクリートの灰色が
美しく調和している。煉瓦、いかにもアレの表現に合う。

f0097102_15301459.jpg


休館日の美術館の中はしーんと静寂感が漂う。
外は灼熱の暑さの午後1時。搬入口で待ち合わせ、中に入ると
冷房がきんきんときいていて、すーっと汗がひく。
そして別館のホールではコンサートの予行演習で3人の音楽家達が
練習をしている。クラシックの生演奏の中の展示準備、贅沢な時間である。

展示ギャラリーはあまり広くはないが古い建築物の高々とした天井の
おかげで空間が美しい。空気の広がりのあるギャラリーである。
ショップの部分と分けた展示台を増設してくださったので空間もすっきり
していて展示しやすい。
壁面に合わせて知らずと展示作品が定まってきた。

落ち着いた個人住宅の室内の雰囲気のHouse of Artギャラリーとは違って
ギャラリーとしての機能のはっきりした空間。
作品も前回展は「テッラ・マーテルー母なる大地」のテーマに合わせて
砂や土を使ったシリーズが中心だったのだが、
今回は油彩が主で、主題も多少違うものである。
箱、包み、煉瓦、中になにか秘めたるもの、というやや象徴的な表現である。

Porta Magica – 神秘の扉。

f0097102_15321962.jpg


さて今展はどんな喜びや出会いやインスピレーションが得られることか。

Alessandro Nutini Exhibition
2007年8月8日(水)〜 10月21日(日)

オープニング・レセプション 8月8日 17:00〜19:00

於 Arton Art Gallery
京都文化博物館別館内
Tel/fax: 075 211 3288
E-mail: arton@jupiter.ocn.ne.jp
開廊時間 10:00〜19:30
月曜休廊(但し京都文化博物館の開館時間に合わせ開廊する場合あり。
月曜が祝祭日の場合翌日)



f0097102_15294012.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-08-07 15:38 | Arte di Ale(アレのアート)
2007年 08月 01日

EEA21展覧会—展示の醍醐味

f0097102_172115100.jpg


第7回エコロジー・アース・アート21展。
今回は展示にも楽しく参加した。通常自分たち本位の展覧会ばかりなので今回のように企画して頂く展覧会はまた違った楽しみがある。
搬入・展示の23日には1:00から開始して美術館の指定時間の5:30には無事終了することができ、責任達成の感があった。友人の作家3人の作品展示も直々頼まれていたこともあり、彼らの作品がよりよく見えるように、との思いが第一にあったのである。

ただ残念なことに美術館の展示室はぶつぶつ穴の開いた昔ながらの催事展示に使うようなもので、お世辞にも美術館の展示にふさわしと言えないものであった。絵などをかける位置までこの穴で決まってくるのである。アンドレアの作品も白い作品は軽いのでなんとか壁の穴にひっかけて掛けられたが、もうひとつの作品は重みもあったのでそれもままならず、台上での展示となってしまった。アンドレアもこの展示で満足してくれたら良いが。

美術館自体が25年前に建てられたということもあって、その当時はまだ展示空間へのこだわりがなかったのだろう。最新に建てられた美術館の壁面はさすがにこのようなものはないだろうが。独立展示台の古さも驚異で、白いはずの台は汚れと傷みが目立ち、全展示を監督してくださったEEA21の横澤さん達も組み立てるにも苦労されていた。

このような問題点はあったものの、作品展示というのはなんとなく楽しい。
梱包された様々な作品達が箱から次々と姿を表す。フィレンツェ4人以外の8人の作家の作品も初めてみるものばかりなので興味深い。

f0097102_1782425.jpg


f0097102_179451.jpg


f0097102_179331.jpg


f0097102_17102552.jpg


f0097102_17111251.jpg


カルロの「ペーパー・ショー」「キャンバス・ショー」のインスタレーションもなんなく展示。「ペーパー・ショー」はパチン、パチンとホチキスで止めるだけで完成するもので、一枚の絵が忽然と生き物と化す。多すぎるかな、と心配していたのは取り越し苦労。「キャンバス・ショー」もどこか動きを感じさせる。
エレナの「立つ本」も3点ともすっと台に立った。彼女の作品は立った途端に
活き活きとしてくる。彼女の楚々としながらも力強い人柄が彷彿とされる。
アンドレアの白いポリエチエールの彫刻はこんなにシンプルなのに観る人を惹き付ける力があるのは不思議である。素材ではなくて「形」や「ボリューム」の力を感じた。

かれらにしっかり写真を撮ってきてね、と頼まれていたのに、後でみてみると案外下手な画像しか残っていない。それも展示の途中のものが多い。
初日はなんだか落ち着かなくてゆっくり写真を撮っていられなかったのが最大の理由。後で横澤さんから良い写真を頂けること、願うばかりである。

f0097102_17115097.jpg

f0097102_17124217.jpg


さて展覧会のオープンの当日、梅雨が開けた24日は真っ青な青空の下美術館の建物もくっきりと際立ち、また周りの緑も眩しい。公園内に位置するので環境は抜群である。公園内にはいくつかの彫刻作品がその背景にしっくりと溶け込んでいる。市民と美術館、学校と美術館との良い関係が確立しているのを実感した。常設展示も少ないながら興味深く観た。
EEA21の横澤さんのますますのご活躍を祈って。

f0097102_177473.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-08-01 17:22 | Vita (人生)