トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 29日

Bistecca alla Fiorentina

フィレンツェ風ビーフステーキ、別名、ティーポーン・ステーキとも呼ばれる骨付きの
牛肉の切り方である。この地では4〜5cmの分厚い肉片で外側は炭火にて一気に肉汁を封印して中は好みによって半生のレアー状態にて仕上げる。日本の霜降りのビーフのようなとろけるような柔らかさはないが肉を噛み締めたときの味わいは真に肉を堪能するという醍醐味がある。このような切り方はフィレンツェ特有のようで、故にその名もBistecca alla Fiorentina、フィレンツェ風ビーフステーキと呼ばれる。イタリアの他の地域から来た観光客も好んで食べたがるのは彼らの地では肉屋さんに行ってもこのような切り方のビーフがないからである。
地方地方によって肉のさばき方も異なるのはイタリアならではの面白みである。
私自身も特に肉がなければ生きられないというような肉食動物ではないが、この地に来てからときどき無性にこのビステッカが食べたくなる。なにしろ肉100%、混じりけもなにもないキアイーナの肉を上手に炭火焼きしたこの皿はしつこいソースで味付けした料理とか塩っぽい料理とか、そういった危険性は全くない純な味である。
肉という存在を真に謳歌する料理である。素材としての肉がまずくては話しにならない。
トスカーナの肉の色は瑞々しく赤い。日本人としては魚の新鮮味はなによりも大切だが、肉にも新鮮という言葉が当てはまると思ったのはこの地に来てからである。
血の滴るような赤い肉片。どんよりとした赤、黒っぽい赤、やや茶系の赤であったりするとやや時の経った肉であるのが一目瞭然である。
肉食人種の感覚に近づきつつあるのか、肉片の美しさも実感するこの頃である。

f0097102_23195917.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-01-29 00:23 | Paese (土地柄)
2009年 01月 25日

ミクロ彫刻

芸術性如何の問題は別としてこの世の中で一番小さなミクロ彫刻を作る人物がいるのを知った。
英国バーミンガム生まれのWillard Wigan 、ウィラード・ウィガン(1957生)。
つい最近完成したオバマ大統領家族を象った彫刻があるが、彼ら4人が立っているのは針の穴の中。要するにそのぐらい小さいのである。
アフロ系の英国人としてアフロ系のアメリカ大統領が生まれたという歴史的事実に敬意を表しての作品である。
彼はすでに過去にさまざまなミクロ彫刻を制作している。
考える人、キング・コング、拳闘家のモハメッド・アリの試合の模様、自由の女神、ヘンリ−8世と6人の妻、まだまだ数えきれないぐらいの針の穴や釘の頭、ピンの上の世界を創造している。彫るのは砂の粒の一部とか埃ファイバー。絵筆は蠅の背の毛だそうだ。もちろん顕微鏡を使っての制作。
そしてこれだけ小さな世界を取り組むのにまず必要なのは自分の体の完璧なるコントロールと集中力。心臓の鼓動を低下させ、心臓の鼓動と鼓動の合間に彫るのだそうだ。
神経を完璧に制御しなければ指が一瞬震えただけで彫刻は破壊されてしまうのだから。
この世で一番忍耐力のある作家であろうと自称。納得する。
超人的なこの人のまるでヨガの長者のような制作姿勢を読んでいて人間の可能性の偉大を思う。
小さいときに識字障害であったことから誰にも見えない世界を独自で築き上げることに心が向き、小さな虫の家などを造り出したという。そして自分を矮小に扱う先生に対して「何もない、という事自体存在しない」ことを示すために始めたのミクロ彫刻の世界。自然科学者が宇宙の広大さを知ろうとするのであればこの人の秀でた才はどこまで小さい世界を作り出せるかの追求であろう。
米粒に絵を描くということにも感心していたがこの人の超自然的能力はそれを遥かに越えている。
人間の本能的な「大きいこと」「高いこと」への願望と対照的に明らかに存在するミクロ宇宙の追求。小さいものも大きいものと同じ力がある。
展覧会では展示品はすべて顕微鏡の下にて識別可能である。
いろいろなアーティストがいるものである。

f0097102_017766.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-01-25 00:22 | Arte (芸術)
2009年 01月 20日

今日の感慨

今年はとにかく拘らずに力を抜いて毎日を暮らそうと思う。
去年はなにかと考えすぎてくよくよしたり、何か変わらなければと
力みかえっていたようである。人生のある意味で節目に来ている
せいももあってなんとかしなければ、という拘りに捕われていたようである。
なるようになる、なにがあってもそれはあるべき方向へと向かっているのだ、
という宇宙の見えない力に身を任す、ということをしばし忘れていた。
というとで今更ながら今年はそのような水にぷかぷか浮かぶような
無重力状態ですーっと生きていこうと思う。
そうすれば何かぼかっと見えてくるものがあるに違いない。
簡単そうでなかなかむずかしい。人間の原罪はまさに何かと拘りすぎる
ということであろう。無心。それしかない。

今日はオバマ大統領就任式。
歴史のページが変わるということで是非実況を見たい。
イタリアではLa 7という民放のチャネルが特別番組を組むのみ。
NHKに当たる公のチャネルRaiは放映するのに費用がかかりすぎてできないそうな。
イタリアで唯一ジャーナリズムにおいてまじめに取り組んでいるのは
このLa 7である。昨晩も去って行くブッシュ大統領の特別番組を組んで
オリバー・ストーン監督の「W」を放映した。
問題は我が家のアンテナは雨が降るとLa 7は映らないということである。
今日は朝から暴風の薄暗い曇り空。今にも雨が降りそうであるが暴風の
おかげでなんとか持ちこたえている。
夕方就任式までもってほしい。

f0097102_1821060.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-01-20 18:03 | Vita (人生)
2009年 01月 17日

Mucca squartataー肉塊あるいは生と死の象徴

f0097102_2001995.jpg


常日頃興味深く拝読しているaipitturaさんのブログに実に同感するひとつの
洞察が書かれてあった。

<普段の生活の中で肉を食べていても、死や血を目にすることはほぼない(中略)売られている肉は、動物の匂いも生死も連想させない別物の「肉」になっているように思えた。>

生命ということの何か、死ということの何かを蓋をして見ず、または気づかずに美味しいところだけ頂く、というのは利己的で容易な生き方である。日常の食卓のために考えることなくスーパーにて購入する肉パック。そこには確かに血の臭いはない。
近年の人間世界、生活姿勢自体、人間のみ小奇麗に生きるためにすべての自然をそれに従えてきた、そんな感じがする。
人間というのも自然の一部であり、血と肉の塊にすぎず、しかも他の生き物の生命を頂戴しながら生きているという実感。狩りをしてやっと仕留めた獲物をすべて大事に頂戴するという生活をしているのは遊牧民族やエスキモー達だろうか。
人間対動物の暗黙の上の了解と神聖なる掟。
それはスペインの闘牛文化に未だ残る生死への直視である。
このような根源的な定義は当たり前のようでありながら気づかず通りすぎる事実である。しかしこれは実は生きる、己を見つめる、真実を模索する、という作業をする芸術家の心の琴線が敏感に反応する生死の問題であるような気がする。
近頃アレが追求しているmucca squartata (ばらした牛肉)のイメージ。
今までの抽象形と肌合いある色彩的イメージとは裏腹に忽然と血肉の臭いのするイメージを描き出したのは夏が終わった頃からであろうか。
アレの中にあるイタリアのルーツが再び浮上しているのがわかる。
昔からばらした牛や豚ソーセージや血のしたたるビステッカのイメージを描きたいと
いう思い、念願かなって今没頭している。
作家の真に描きたいイメージが必ずしも展覧会のために制作する作品と一致しないことはままある。現在の制作状況はまさにそんなところ。
このイメージが消化ー昇華ーされてどのような作品へと向かっていくのか今のところ
未知である。

f0097102_19595252.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-01-17 20:38 | Arte di Ale(アレのアート)
2009年 01月 14日

ボルジア家発祥の地ー華麗なる町Xativa

f0097102_19283851.jpg


チェーザレ・ボルジア、ルクレチア・ボルジア、法王アレッサンドロ6世。
ボルジア家を代表する逸話多い人物達。法王とチェーザレは毒殺されたのか、または黒死病によるものか、真実は歴史が知るのみ。
ボルジア家にまつわる暗殺、政略結婚、陰謀などなどを語る塩野七生著の歴史小説
「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」という本をずいぶん昔、ルネサンスにのめり込んでいた頃、実に興味深く読んだのも記憶浅い。黒髪でハンサムなチェーザレ・ボルジア、ピサ大学にて勉学したバレンシア公。絶世の美女ルクレチア、そして悪名高き法王アレッサンドロ6世。良きにせよ悪しきにせよ個性豊かな歴史上のこれらの人物に心惹かれ興味を覚えたものである。歴史的にて稀にみる悪人とか悪皇帝とか、毒気のある灰汁の強い人物のほうが記憶に残るのはどういうわけだろう。

f0097102_19291998.jpg


ニコロ・マキャベリが著書「君主論」の中で「マキャベリスト」ー権謀術策の理想的君主ーの代表とみなすチェーザレ・ボルジア。人間としての魅力とともに政治家としての才能は抜群であったに違いない。
このボルジア家、イタリア・ルネッサンス後期の君主王国、ウルビーノやマントバやフェラーラなどの地域と深く関わるというような曖昧な記憶があった。
しかし今回のスペイン、バレンシア地域での滞在にて、「あーボルジア家はもともとスペイン出身だったのだ」、ということを思い出した。新鮮な驚きとともに。

法王アレッサンドロ6世の生家があるXativaーJativa(バレンシア語ではシャティーバ、カスティリア語ではハティーバ)。この町はバレンシアから少し内陸に入った古い城下町。ふたつの山頂を渡って高台にそびえるボルジア家の城塞は圧巻である。スペインの建築の特徴であるやや黄色い硬質の石造り。陥落不可能に見えるしっかりした造りである。ローマ帝国、ムーア人支配の時代などなどの歴史を経たこの地域を代表する質実剛健な城である。まさにスペインならではの城。いったいどれだけの血肉の戦いが繰り広げられたのだろう。

f0097102_19323689.jpg



城下町もその時代の趣きをそのまま残した勇ましく高貴な建物が多い。
冬の太陽の下、静かに佇む知る人ぞ知る人のこの古い町。その美しさと歴史の深さに感動した。

f0097102_19294580.jpg



アレッサンドロ6世は法王でありながら愛人に子供を生ませ(チェーザレやルクレチアはその子)身内に権力を与えて身の回りを固め、汚職と退廃の代名詞、史上最悪の法王という汚名があるが、一方15世紀末期のフランス、スペインの侵略が高まる混乱のイタリアをその巧みな政治手腕にて乗り切った政治家法王を代表する人物とも言える。この時代の法王は聖職者というより政治家としての面白みがある。
当時のヨーロッパ内の各国の権力争いの歴史は一読の価値がある。
その後イタリアの各都市は力を落し、航海国スペイン、ポルトガル、そしてフランスの力がヨーロッパを制覇することとなる。

シャティーバの町を歩きながらスペイン出でありながらイタリアに多大な足跡を残したボルジア家の歴史に思いをはせた。


f0097102_19301877.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-01-14 22:11 | Storia (歴史)
2009年 01月 10日

紙の作品

紙の作品はどうやって展示したら良いのか。
常なる課題。
アレの黄紙油絵の作品はとても味わいがあり、今年のパリ展はすべて紙作品のみ
の展示にしたいと思っている。いつも影になっている作品群を全面に出そうと思う。
問題はどのように展示するか。
いちいち額裝するような予算はない。お決まりの展示ではあまりにもつまらない。
「洗濯物」のようにひもに吊るして大きなひとつのインスタレーションにする。
たくさんのイメージが交錯するひとつの森に入るような。
ただし会場は真っ白なwhite cubeでないのでその辺もむずかしい。
煉瓦色が入ってくるとどうしてもうるさくなる。
6月までの課題。

どなたか良い案ないですか。。。


f0097102_22142356.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-01-10 22:15 | Arte di Ale(アレのアート)
2009年 01月 08日

近くて遠い国

f0097102_2358208.jpg


今年の新年はスペイン、バレンシア地方の海辺の町にて迎えた。
クリスマスをイタリアや日本以外の国にて過ごしたのは久々である。
バレンシア地方はオレンジの畑が土地の多くを占めるようなオレンジ原産地である。
故に気候も温暖。
コスタ・ブランカとして有名な海岸線に点々と配された多くの都市はバレンシアと並んで圏を作るアリカンテまで続く。
トスカーナの海とちょうど対岸にあるコスタ・ブランカの海岸線。
日没を海で望めない寂しさがややあるものの、椰子の木が路上を飾る南国風景、永遠と続くオレンジ畑とそそり立つ険しい山との対象はトスカーナの海岸の町とはまたひと味違ったダイナミックで荒削りの圧倒的なパノラマである。
バレンシアはマドリッドで話すいわゆる標準語のスペイン語であるカスティリアーノ
語以外にバレンシアーノを話す。街角の表示も2種類混じり合う。かなりややこしい。

スペインというのはイタリアとどこか近しいイメージがある。
どちらも地中海性、太陽あふれる南の国のイメージ。言語も近いところがある。
しかしいつもながら感じるスペインとイタリアの違いを今回も再確認した。
というより私の知るトスカーナ人との違いと言った方が良いだろう。
スペイン人は何と言ったら良いのだろう。
生き方がまじめである。日本的な細やかさがある。
人柄が素朴でもっと荒削り、そして他人に対して親切である。
反対にトスカーナ人独特のユーモアまじりの皮肉はたぶん通じないだろう。
スペインはやはり闘牛のある国である。死が生活の裏にあるような根源的な
生き方をしているように見える。
一日を100%使って謳歌している。
朝は結構早いのにお昼は2:00をまわってやっと昼食が始まる感じ。
食べ終わるのは4:00過ぎであろう。この時間帯に町をうろうろすると
スペイン人は何処へというほど深閑としている。
夕方6:00頃になってやっと人影が現れ出す。それまではたぶんシエスタ。
夕食は10:00から食前酒。深夜からやっと夕食などという風景は
珍しくない。朝の4時5時まで元気で遊んでいる若者達。昼寝の効果だろう。

特に感心したのはスーパーマーケットや市場の充実。滞在していた港町にいくつあっただろう。いずれも清潔、整然として食品種類も整っている都会のスーパーである。
また小さな町でも必ず市長舍があり、小学校、中学校がある。医療センターやCasa de Culturaと呼ばれる文化センターがある。
小さい核に市民の必要とする施設がすべて完備しているのである。
そして何よりもイタリアより物価が安い。トスカーナではほぼ手の届かない存在となった新鮮な魚介類をどれだけ食べたことか。

普通の庶民がまだまだ生きる余地がある。発言権を持っている。
イタリアによく見られる周りを構わず携帯電話をかけまくり、大型車を乗り回すような成金的な輩が大変少ない。これは現在の首相のベルルスコーニの影響大であろう。
成金文化の権化のような存在だから。
まだまだ質素な生活が報われるような人間的な生き方ができる国である。

スペインでの2週間の滞在にて20年前の良きイタリアを思いだした。



f0097102_23575988.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-01-08 00:10 | Viaggio(旅)