<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 28日

Atelier Ginkgo

f0097102_5121460.jpg


パリから150キロほど東南に下がったところにある街Troyes,トロワには私たちの友人の
映像作家アントネッラ・ブッサーニッチが住んでいる。去年の夏、京都にて体験を共にした。
パリに来ていることもあって彼女を訪れることは必須である。

彼女はフィレンツェの人であるが、父はクロアティア生まれのイタリア人。故にイタリア人という
よりはクロアチア人という意識が強く、戦争のどさくさにて生まれた家も土地も財産もすべて没収され、国外追放になったというかなり悲劇的な背景を持つ父であるが、それらを水に流してフィレンツェにて人生を築きあげた。とは言え彼女が自分の姓をイタリア名のブッサーニからクロアチア名のブッサ−ニッチに改名したのはある意味で自分のクロアチア人としての存在への証であろうか。日本から帰って去年の秋以来息子のアントンと住みついたこの街トロワ。

f0097102_5154223.jpg


トロワは素晴らしい街である。まず古い建物がそのまま残っている。日本で言えば飛騨の高山のような木材建築の集結した街。全く観光化されていない。住む人のために市がお金を投入している。
個人所有の歴史建物を修復するために市がお金を出してくれるのである。(京都市もそのぐらいの
援助をしたらどうなのだろう、町家がつぶされる理由は持ち主が維持できない事情があると聞く)。この市の政策故に自然と街は昔の姿を戻しつつある。60年代に改装された漆喰は拭いさられ中世からの壁肌が新たに現れる。

この街のあっぱれなのはそればかりでない。文化、芸術に投資しているのである。

f0097102_5123637.jpg


市に寄付されたりっぱな屋敷跡を選抜されたアーティストにアトリエとして提供しているのである。それも月にたったの88ユーロ(12,000ほどで)。10人ほどいるこのラッキーな
アーティスト達はそれぞれが60〜80平米ぐらいの大きなアトリエを3年間自由に利用できる。
そこに住まないことが条件で。
素晴らしい庭もある。そして展覧会会場もある。まるでアーティストのユートピアである。
そこに仕事をする若い作家、またはさまざまな体験をしてここに至る作家に会った。
皆がそれぞれの思いにてエネルギーを発散できる空間の無限大、そしてそれを支える市の懐の大きさ。この場所はその庭に高々とそびえる神々しい銀杏の木に敬意を表してGinkgoと呼ばれる。
Ginkgoとは西洋名の銀杏のことである。
この27日にはアトリエ公開があると言う。その準備に忙しいアントネッラ。
その機会に居られなかったのは残念だった。


f0097102_513119.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-06-28 05:23 | Paese (土地柄)
2009年 06月 25日

抜け殻

f0097102_5125398.jpg


展覧会というのはなんなんだろう。
展示している時間の緊張感と喜び。
これから何が起こるかわからない期待と不安。
わくわくどきどきして、どんな出会いがあるか、
色々心巡らせる時間である。
パリ展もしかり。
一番楽しい時間は展示のひと時である。1日半の展示時間に
合わせてさて大丈夫であろうか、と作品をひもとく。
展示空間は予想以上に美しく、石壁の色も素敵だ。
イタリアの煉瓦色とは違ったやや白っぽい古い石壁。
アレの紙の作品にはうってつけだ。
限られた予算にて考えた展示システム。プラスチックの透明版に
クリップで紙をとめてチェーンで吊るした。
静かな地下の展示空間で過ごす貴重な時間。
私とアレと、何も考えずにひたすら作品をかけていく、その
無償のエネルギー源。退屈するのは娘のみ。

そして始まる展覧会。オープニングの夕べは様々な人々の
嬉しいコメントに感動する。でも細部は全く覚えていない。
興奮と懸念の混じった自己満足と自己嫌悪のひと時。
あっという間に終わった宴の後は、どこかむなしい抜け殻に似た
状態である。
展覧会というのはまさに自身のエネルギーを使い果たした抜け殻に
近い。

f0097102_5131299.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-06-25 05:14 | Arte di Ale(アレのアート)
2009年 06月 24日

パリに酔う

パリから戻ってまだそのエネルギーの余韻に浸っている。
パリという街にほんの10間だけでも住み、日常の買い物をし、その空気を
吸ってこの街の魅力の100分の1ぐらいわかっただろうか。
過去すでに何回も訪れたことのある街なのに、今回はどこか印象が違った。
アレの展覧会という機会でもあり、自分の仕事以外の家族3人の時間があった
からであろう。

街自体の建築様式、ルイ14世からナポレオンに至るまでの中央集権的な威力の
偉大のなす都市空間。
小走りに歩くパリの人々のややアグレッシブな人となり。
リズミカルで、そしてどこか鼻にかかったような心地よいフランス語の言葉音。
フランスの文化や芸術をことのほか大事にし、保護しようとするその意気込み。
パリのすべてが鮮明に毎日の生活を通して体当たりしてくる。
夜の10:30頃まで明るいこの初夏の時期の色気のある夜景に心から酔いしれた。

f0097102_1472471.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-06-24 01:47 | Vita (人生)
2009年 06月 06日

デルス・ウザーラ

黒澤明監督の映画はほぼ全部観ている。どの作品もそれぞれの素晴らしさがありどれも観た後に
ずっしり心に響くものがある。そして物語の構築力のうまさ、映像の魅力はまさに「天才」としか
言いようがない。
その中で唯一まだ観ていなかった映画が「デルス・ウザーラ」であった。
ロシアとの協力のもとに監督した黒澤映画の唯一国外制作、せりふも全部ロシア語である。
デルス・ウザーラの髭面のクマソのような風采の顔の印象が強くなんとなく興味をそそられなかった。実際にデルス・ウザーラという名のこの人物の物語の背景となる実話についても全く無知であった。
そして今回手にいれたDVDでこの映画を初体験し、この映画の奥深さにただただ感動した。
やはり黒澤は天才である。1975年制作のこの映画。「どですかでん」が不評に終わり、その後、自殺未遂まで至った黒澤監督。日本国内からそっぽをむかれて資金難に陥りながら作り上げたのがこの映画である。苦難を克服して制作に向かうこの原動力自体がすごい。ロシアと日本との往復してできあがったこの希有なる映画は1902年から10年かけてシベリア沿海地方のシホテ・アリン地方の地図を作るために政府より派遣された探検隊隊長のロシアの探検家ウラディミール・アスセーニエフの記録をもとにしている。
冬は厳寒、未踏の森林や山川などを歩きながら探検するこの部隊とたまたま巡り合いそのガイドととして探検隊の重要な一員となるのが先住民のナナイ族のデルス・ウザーラなのである。
狩りをしながら自然の隅々まで理解し、自然を畏敬し、しかしその中で生き延びる力を備えるこの不思議な男の存在は時とともに隊長の心を捉え、はては無二の親友となっていく。
最後に自然へと帰化して死すデルスの人物すべての語るのは現在の環境問題の根本にある人と自然との共存というテーマである。70年代まだこのようなテーマなど考える人も少なかった経済成長期にこのような真実を語る映画を作る黒澤監督の偉大。
それも自然と人間の関係を説教ぼく語る映画でない。人と人との真の心の交わりを通してじわじわと伝えてくるのである。そしてシベリアの自然の壮大かつ恐ろしいばかりの野生の美しさを視覚に
おさめるその手腕。映画作りの上手さと物語性は黒澤映画以外の何ものでもない。

f0097102_074047.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-06-06 00:11 | Cinema (映画)
2009年 06月 01日

2009年のCOLLECT

f0097102_1910648.jpg


ロンドンにてすでに6回目を迎える現代工芸フェアCOLLECT。今年は従来のV&A美術館内の会場から新たにSaatchi Galleryの新建物内の会場へと移った。V&A美術館というビクトリア朝を代表する建物内の狭苦しいという批評があった空間から白壁と高天井のWhite cube的展示室での初展示。展示者達の評判はおおむね肯定的。確かにゆったりと作品は見れるし、スタンドのスペースも以前より大きく、観客数が多くてもゆとりがある。

Saatchi Galleryは90年代のデミアン・ハーストに代表されるYoung British Artistの名声を世に広めた貢献者である大コレクターのチャールズ・サーチのコレクションを中心に見せる展示ギャラリーである。それ以外にアートに関係するイベントにも会場を貸すらしい。このギャラリーの通常の展覧会の入場が無料なのは現代アートとデザインのマーケティングに力を入れる大手オークション会社のPhillips de Puryがスポンサーとなっているおかげと聞いた。広告王のサーチとフィリップス、企業と結託した完璧に商業ベースのギャラリーである。売ることが目的のフェアが公の美術館内で行われる事自体が異例のことであったので当然の移行であろう。
Crafts CouncilとV&Aとの契約更新が不可能となった今年のCOLLECTの会場が去年の10月に開館したばかりの新サーチ・ギャラリーに決まったと聞き、さてこの空間にてCOLLECTはどのように変化したのか好奇心を持って訪れた。

参加ギャラリーは以前よりやや少ないが質的にはあまりぶれのない全体にすっきりした展示である。いつもながらジュエリー専門のギャラリーが多いのがやや不満であるが。ただ大きな空間を持て余している感の展示室もあり、参加ギャラリーの数をもうすこし増やしたいというのはクラフツ・カウンシルの望みでもあるに違いない。
イギリス国内のギャラリーを中心に北方ヨーロッパのギャラリーが多いのだが、その中で初めて作品に触れることもあり注目した作家が2名。

f0097102_1954743.jpg


一人はデンマークのガラス作家Steffen Dam。(Joanna Bird Pottery
そしてオランダの磁器の作家Pauline WiertzTerra Delft Gallery)。
もともと道具師であったというDamはガラスを制作する中で気泡が入った失敗に目をつけ
気泡の変わりに海や陸の生き物を内包するまるで博物館の標本のようなガラス作品を作る。
表現がやや利口すぎる危険はあるものの繊細な生き物のようなガラス表現には目をみはる。
一方Wiertzの磁器のオブジェは17世紀オランダの静物画の伝統のエキスを磁器のオブジェを通して具現化したような作品。中国磁器からの影響も感じる。悪趣味に移る一歩手前で留まっている。

いずれの作家の作品も収集家の心をくすぐる珍なる宝石に似て実に奇異で美しい。

f0097102_1952343.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-06-01 19:22 | Arte (芸術)