トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 30日

Borse Nere come Nidi ー第三弾

f0097102_22275373.jpg


友人の作家エレナのBorse Nereイベントの第3弾を飾る展覧会"Borse Nere come Nidi"が12月5日(土)にフィレンツェのSS Annunziata広場にあるブルネルスキの建築によるもと捨て子養育所の建物内のサローネ・ブルネレスキにて一日イベントとして午後3:00から7:00まで開催される。
Istituto degli Innocentiとして知られるこの建物は現在でも子供や家族のための施設として様々な活動をしている。
Borse Nereのイベントは2007年の7月、エレナが別荘を持つカプライヤ島にて始めて行い、2回目のBorse Nere come Rondiniは今年の5月、スカンディッチの図書館内にて催された。
そして今回が3回目、最終回である。
エレナの黒い鞄は中に含まれる彼女の半世紀を黒い本の中に収めてツバメのように旅立つ。
旅の最終地として選ばれた生まれ故郷のフィレンツェ。展覧会タイトルにあるNidiとは巣のこと。まさに巣に戻るツバメの暗喩を含めてのタイトルであろう。
彼女とともに参加する視覚作家、作家,詩人、建築家、グラフィック・デザイナー、写真家は39名。アレもその一人である。
今回はどんなイべントとなるか。

f0097102_22281187.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-11-30 22:32 | Arte (芸術)
2009年 11月 24日

糸杉の力

風景画を追求するこの頃のアレの制作の中で糸杉の姿の存在は無視できない。
すーっと空に向けて延びた糸杉の輪郭は夕暮れ時の光の中で一際目立つ。
トスカーナの風景にはなくてはならない存在である。
糸杉の中でも細く、優美な形をしているのは雄の糸杉、反対にややもっこりと
してふくよかなのま雌の糸杉。自然界の雄雌の違いは常に興味深い。
ちなにみこちらでよく食するfinocchio、ウイキョウも雄雌によって形がやや違う。
雄は細く雌はやや膨らんでいる。熱を通して食べるには雄、生のまま食べるには
雌が良いと聞いた。
糸杉は特に周りの自然から逸脱してぽつんと孤立していでたつ姿がなおさら美しい。
なだらかな丘陵地帯の地平線につんつんと数本立つ糸杉のアクセントは風景を
きりっと決めるようだ。
かなり大きなカンバスに描きなぐったこの糸杉はどこか糸杉の精霊のようである。
自然の生命の力を抽出した風景画として心惹かれる。

f0097102_22345756.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-11-24 22:35 | Arte di Ale(アレのアート)
2009年 11月 12日

新旧のアート・パトロンの格差

ヴェネチアという水上の夢のような古都にて現代と近代の新旧のアート・パトロンの典型とも言える二人のコレクションを収めた美術館がほぼ並立している。
アカデミア美術館からさらに歩いて行った大運河沿いに昔の栄光を讃えながらも静かに佇むペギー・グッゲンハイム美術館。建物も蔦がからまり、個人邸宅をそのまま美術館にしているので空間も人間レベル。人が多いと作品を拝めるのがやや窮屈なぐらいであるものの、その秀逸な近代絵画のコレクションは真に宝物である。同じ作家でもその選ばれた作品の質は絶品である。あまり好きな作家ではなかったホアン・ミロの作品がこんなにも魅力があったのかと驚く。ジャコメッティの初期の美しいトルソ。永遠の美の姿。ここに収まっているピカソもベーコンも素晴らしい。
彼女が初めて世に認めたとも言えるジャクソン・ポロック。そして一時彼女の夫であったマックス・エルンストの作品も逸脱している。まだまだ挙げたらきりがない。

f0097102_1912058.jpg


50年代の力と夢ありのアメリカのゴールデンエージを飾る人物と言えるペギ−・グッゲンハイム。その時代のヨーロッパと関係を持つアメリカの文化人の典型である彼女は自身もジュエリーをデザインしたりアーティストとしての感受性を持ちながら何と言っても資産家であるグッゲンハイム家の経済力を駆使して当時の売れない作家をサポートするのである。
真の意味での趣味人であり、エクセントリックな洒落者、決して美人でもないのに人を惹き付ける人間的魅力。50年代の良き時代の文化人の象徴とも言える。
要するにお金があり、それを芸術と文化のために有効に使った昔ながらのアート・パトロンである。
さてこの趣味の良い輝く宝石のような美術館を後に運河沿いに歩くと現れるのが、大運河とジュデッカ運河を分ける三角州の突端につい開館したばかりの美術館がPunta della Doganaである。文字通り「税関の先端」。もともと海運で栄えたベネチアの港通関所であった17世紀の建物であるが、安藤忠雄の設計にて美術館として今年のべネチア・ビエンナーレに合わせて6月に開館した。収められたいるのはフランスの企業家の大富豪(グッチグループやナイケその他有数ブランドなど持つ)フランソワ・ピノーのコレクション。建物は昔の面影を残す船着き場の巨大な空間であり、ただただその空間の広大さと
船に関わるベネチアの歴史の偉大をまず感じさせる。空間自体が歴史という力に支えられている。
ところでそこからが問題である。現在開催中のコレクション展。Mapping the Studio。

f0097102_1914047.jpg


ピノーに選ばれることによってどれだけの恩恵を被るかは想像できる。例えばオークションに出した場合に価格が保証されるとか、要するに経済的な部分では作家は潤うのであろう。しかし!
なんという趣味の悪さ。Gaudyと英語の形容詞がぴったりのけばけば、派手はでしい、グロテスク、成金趣味、大きいだけが取り柄、こけおどかし、話題性、金に飽かす、、、。とにかく通常ましな作家までこのコレクションに入っている作品は趣味が悪い。はっきり言ってまともな作家であれば彼のコレクションに入ったら格が下がるような気がするのでは?!
ここに入ったら作家としての墓穴を掘ったと言うしかない。
いったいこのピノーという人物、チャールズ・サーチとともに現在のアート界を悪くしている張本人の一人であろう。

ペギー・グッゲンハイムという自身の美学を信じて秀逸な作品を集めていった前者の古く良きコレクターと比べて、金にあかして自身の富をさらに増やすために美術館を作っているようなこのピノーという成金コレクターのなんと限りなく現代的なことか?
すっかり憂鬱になってしまう美術館であった。しかしその反面、こんなに悲惨にアート界状況、
真剣な作家の生きる余地があるというものだ。
さらに輪をかけて悲劇的なことに、このピノーがヴェネチアにて以前から優れた展覧会の企画で有名な18世紀の屋敷空間、Palazzo Grassiの持ち主となり、この趣味のよかった展覧会会場が新たなる成金趣味の殿堂と成りかわってしまったことだ。ここの内装建築設計も安藤忠雄、この常にワンパターンな空間形成、なんとかしてほしい。18世紀の技巧を生かした装飾天井もすべて白壁白天井に被い尽くしてつまらないホワイト・キューブになってしまった。
皮肉にもこの展覧会場の元のパトロンはイタリアの昔ながらの文化人の今は亡きフィアット会長のジャンニ・アネッリであったのである。ここも、世代交代、新旧入れ替わり、美が醜に制覇された結果と言えよう。
最後にアレと訪れた「バルテュス」の展覧会を思い出し、強者どもの夢の跡、これからそんなに長くは続くまい、と最確信した。
[PR]

by jamartetrusco | 2009-11-12 19:13 | Arte (芸術)
2009年 11月 02日

Duomoから車が消える時

10月25日よりフィレンツェの花の大聖堂、Duomoの付近から車の

通行禁止
となった。バスもタクシーも通らない。文字通りの歩行者天国。
いったい今まで何故に実施していなかったか不思議なくらいである。
フィレンツェという我が若き日の憧れのルネッサンスの都に初めて訪れた
1980年。駅から都の心臓とも言える大聖堂に向けて歩く通りに車
が走り、おちおち歩けない感じがその当時でもどれほど幻滅を誘ったか。
車のクラクソンや雑踏に混じってその壮大な大聖堂の存在する損ねて
いるかに思えたものである。すでに30年近く経つ今となっては観光客
の数は数倍であろうし、バスとタクシーの列を背後にした大聖堂は
その美しい姿を十分味わうことが不可能なほどであった。

今年新しく就任した30代前半の若いフィレンツェ市長がまず行った
革命的改革は大聖堂付近の交通閉鎖である。
良くやったと言うしかない。そのかわりバスやタクシーは別の通りに迂回して
駅まで到達する。昨日車で走った限り日曜日ということもあるが、
別段の支障はないようである。

車の不在の大聖堂。フィレンツェ人であるアレすら未だ経験したことのない
新体験である。

その代わりに観光客の数が倍増なんてことにならないことを願う。

Duomo Libero, viva Firenze!

f0097102_22181885.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-11-02 22:07 | Paese (土地柄)