トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 28日

アレの中の風景画

今回の京都での展覧会にて思いがけずに見る方に興味を持って頂いたのが
去年の夏以降手がけている風景画である。いつもの黄紙に油彩の作品で最新作の
一部紹介のつもりで黒のファイルにいれて持参した。
風景画というジャンルは最もわかりやすいイメージであり、下手をすると月並みになり
かねない。アレが風景画を描き出したのは去年の6月パリでの個展を終えて、これから
何を描いて良いものか困惑していた頃である。夏の間、友人達と過ごした心地よい時間。
なにやらもやもやした気持ちで互いにこれからの生き方をどうすれば良いか
かなり語り合った時期でもある。行き詰まりの袋小路の心境。描くもののインスピレーション
が枯渇する。そんな中でトスカーナの色、土、風景を素直に表したらどうか、風景画なら
この地を訪れる観光客の人々にも興味を持ってもらえる(そして販売にもつながる?)
かも、と半ば自暴自棄の気持ちで描き出したのである。結局は地元で展覧会をやるつもり
が、その意図もいつの間にか消えていき、残った作品は風景画というより心象風景、アレの
中で昇華されたトスカーナの色と風土の結晶となった。
追いつめられると出てくるエネルギーなのか、それとも無心になるということの大事か、
このとき出てきた風景画は感性の鋭いものが多い。とりわけ紙油彩の作品の中に。
京都にてこれらの風景画への反応が良かったのも今までになく制作することへの直裁な
気持ちから出てきた表現であったからだろうか。画面に意味を問いかける必要のない
風景というジャンルの中に作家独自の精神性が滲み出るからであろうか。

この風景画群で来年大阪の画廊で個展が決まった。心から喜びを感じる。


f0097102_18334038.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-28 16:02 | Arte di Ale(アレのアート)
2010年 09月 23日

暁光


f0097102_16235236.jpg


9月22日、朝6:49。
天空、暁光、雲紅、
眩惑、畏敬。
[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-23 16:36 | Natura (自然)
2010年 09月 19日

人生の核

2ヶ月の日本での滞在で会った様々な喜び。
人と人との出会いにある偶然の中の必然。
瞬間の違いによって会えなかったかもしれない体験。
人生の驚きはこういった小さな出会いの積み重ねである。
2007年のアレの展覧会以来のご縁であるKさんご夫婦もそのような
出会いから生まれた友人である。
やはり同年の展覧会で出会いを得たご夫婦ともどもアーティストであるAさん
とJさん。エトルリア文明についてアレとイタリア語で語れるIさん。
そしてそれらの大切な友人達との出会いの場を作ってくださった文化サロンの
ような空間を創造されるHouse of Artのご主人のNさん。
80年代前半ロンドンに住んでいた時代に父方の親戚が是非紹介したい、
と言い続けながら結局一度もお目にかかることのなかった美術工芸研究家で
あられるSさんと今回の展覧会にて初めてお目にかかることができたのも
なんとAさんのお知り合いだったからだ。
すべてが初めと終わりがなく永遠につながる見えない絆のような宇宙の一貫。
ひとつの円。
人生生きれば生きるほどこういった嬉しい出会いというのがあるようだ。
それはおそらく自分という存在が以前よりはややわかってきた時期に入り
自分のいるべき場所に居ることが増えてきたからだろうか。
こういった嬉しい出会いは人生の核であるように思う。

f0097102_271032.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-19 02:08 | Vita (人生)
2010年 09月 15日

空が赤くなるとき

f0097102_1541380.jpg


晩夏の夕暮れ時は思わぬ光の綾を見せてくれる。
日に日に日没の時間が早くなる故7時から8時の
間は昼でもない夜でもない不思議な空気を持つ。
太陽の力もやや衰えたかのような微妙な機微を
備えた光の粒。
9月6日夕刻。
黄昏の光は雲に反射してすべての物体を赤く見せる。
忽然とピンク色に染まるテラスや家や我々の顔や手。
ここに16年住んで初めて目にした光景である。
自然の懐はまだまだ広い。
[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-15 15:44 | Natura (自然)
2010年 09月 09日

京町家とアレのサラミ

f0097102_471133.jpg


8月3日より15日まで京町家の空間を使ったワインサロン、Studio Yu-anにて
即興展覧会を開催した。題して「浮遊するサラミ」。
京都/フィレンツェ、京都/パリ間の文化交流の様々な企画を行っているミホプロジェクト
さんが奥に事務所を構え、水曜日から土曜日までワインサロンもオープンしている独特な
空間である。
2005年のフィレンツェ/京都姉妹都市40周年記念展の企画にてお世話になって以来
のご縁であるミホさん。以前よりYu-anの空間で展覧会したらどう、とお誘いは受けていた。
ただ日本へ発つ前に具体的な話しを詰めないまま出発してしまったので実際に行えるのかどうか
わからない状況であったのだが、美味しいイタリアワインを飲めるこのワインサロンに合う
作品とぼんやりとアレのサラミ群を考えていたのである。
そこでなにも打ち合わせもしないままサラミ、肉関係の紙作品を持参した。
7月半ば過ぎにやっと打ち合わせして、即決まったこの展覧会。
簡単なチラシとメイル配信のみではあるものの一応形になった展覧会としてご案内することができた。

f0097102_473381.jpg


トスカーナのトラットリアにあるように生ハムやサラミがつるさがった空間を全く違った京都の
町家空間に再現する。もちろん抽象的な意味であるが。
ところが不思議と調和が生まれる。
アレの絵の土っぽさと素材感が町家の土壁や梁の木の色に妙に合うのである。
サラミや赤の冴える生肉の色。
豚肉、牛肉、の様々な形。
これでもかと肉に満ちた展覧会。
しかし肉の形の中にあるイタリアの文化。
日本の文化とは対照的かもしれないが。
そして日本との遭遇。共鳴。調和。
文化と文化の交わりの面白さを感じる。

来てくださった方々とも楽しい会話の弾む心地よい空間であった。
ミホさん、ありがとう。
そして異常な猛暑の中、ご足労頂きました皆様にただただ感謝の気持ちで一杯である。

f0097102_475257.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-09 04:12 | Arte di Ale(アレのアート)
2010年 09月 04日

広告

7月、8月日本に滞在している間、知らない内にわけのわからない
インタレストマッチなる広告が記事を更新する度にくっついてくる。
なんとかキャンセルできないものかといろいろと見てみたがどうも
できない。
エキサイトのトップにてこの言葉を検索してみるとこれに関する
同様の感じ方をしている様々なブロガーの方々の記事が出て来た。
皆一様になんとかしてほしい、自分の記事に合わない、これが続くなら
他のブログエンジンに変えようか、という意見が多い。
私も全く同意見。インタレストマッチなどとよく言えるものだと言う程
自分の書いている内容とほど遠い広告が自動的に掲載されてくる。
こんな広告を宣伝しているのかと思うだけで嫌だ。
ある方の投稿でわかったことにはどうも7月以来エキサイトの無料の
ブロガーにはすべて自動的についてくる広告だそうだ。
そのことの警告はあったのかもしれないが不在で見てなかったのか。。。
有料であればないらしい。

どうでも良いとは言われればおしまいだが、好きでない様相の加わった
ページを更新していくことに抵抗を感じる。
これが永久的に続くのであれあば本当に場所替えをしようかとも思う。
[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-04 19:55 | Vita (人生)
2010年 09月 03日

友人の展覧会

f0097102_15581743.jpg


2005年以来友人の神道知子さんの京都での個展のご案内。
京都のMori Yu Galleryにて。

Mori Yu Gallery Kyoto

フィレンツェ、京都姉妹都市提携40周年記念の際にフィレンツェ
出のアレと京都出の知子さんとで当時の京都在イタリア文化会館にて
2人展を行った。題して'Terra e Aria', 「大地と大気」。
土の素材感があるアレと気を感じさせる知子さんの対照的とも言えるふたりの作品。
2013年にはドイツのケルンにて再度2人展を計画中である。

知子さん、展覧会のご成功をお祈りしています。
Bocca a Lupo!
[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-03 15:59 | Arte (芸術)