<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

夏と冬の狭間

f0097102_2059023.jpg


明日10月31日は世界で祝われるハロウィン祭の日。
そして今年は今週末が10月最後の週末に当たるのでヨーロッパでは夏時間から冬時間に変わる日である。31日、日曜日の深夜の3時が一時間早まり2時となる。ハロウィンはアメリカを中心に広めた祭りであるが、もともとはアイルランドのケルト文化にあったSamhain—文字通り「夏の終わり」を意味するサウィンの祭りーが起源である。アイルランド人の移民が多くアメリカに渡り、この祭りを普及させたのであろう。当時のケルト文明では11月1日が新年の始まり。1年を光が明るい前半と暗い後半のふたつに分けたのである。時期が交代する一瞬の狭間にこの世とあの世の壁が薄くなる。その時に死者の魂がこの世を訪れ彷徨うという云われである。良き先祖の魂にはご馳走を用意して家に招き、悪い魂は火をともして追い払う。悪い魂に取り憑かれないように自らお化けのような仮装をする。これがハロウィンのTrick or Treat?, お菓子か悪戯か? パンプキンをくりぬき火をともす、そして仮装パーティーの由来である。同時に10月終わりに収穫を終えて冬に備え焚き火を燃やすというのが儀式であった。
この焚き火の儀式はイギリスではガイ・フォークス・デーとして形を変える。ウェストミニスター国会議事堂に放火した罪で火あぶりの刑になったガイ・フォークスを象って藁人形を焚き火に入れて燃やす祭りである。収穫の儀式とは異なるどこか残酷でしかも喜劇的な祭り。国を変えて色々な祭りと成り代わる面白さ。
現在の夏時間、冬時間の交代もこうしてみると歴史的発生の理由があると言える。夏と冬の狭間に現れる幽霊達、ゴシックホラーのような面白みがある。

さてこのハロウィン祭、最近でこそイタリアでもパンプキン、仮装のお祭りの要素が定着してきたが、もともと11月1日はすべての聖人を祝う祭り-フェスタ・ディ・オンニサンティーである。カトリック教の殉教した聖人達の魂を弔うという意味の日である。そして翌日は「死者の祭り」、イタリア人がこぞって先祖の墓参りをする日。ハロウィンの語源も実は「諸聖人祭りの前夜祭」ということであることから、イタリア起源の祭りが近年になって形を変えて逆輸入されたとも思えてくる。
いずれの国にも似たような風習があるという立証であるが、紐を解いてみるとこの「諸聖人祭」というはカトリック教会がローマ時代の異教の祭りに取って代わるものとして発明したようである。カトリック以前のローマではケルトの祭りと同じくレムリア(Lemuria)と呼ばれる死神レムーリを弔う祭りで、本来5月9日、11日、13日に祝ったのだという。5月13日は果実の女神ポモーナを祝う収穫祭でもあった。しかしカトリック教会が強くなる4世紀頃にはこのレムーリの祭りは異教的でけしからんということでそれに代わるものとして殉教した諸聖人の祭と決め日にちも5月13日から11月1日に移し、翌日11月2日を「死者の祭り」に当てたということである。

死者を祀る、収穫を祝う、人間の生きる営みに密接につながる事象が交錯しあって国ごとに形こそ違え同じような祭りとなっていく過程。どちらが先でどちらが後に出現したかわからないにせよ、ヨーロッパとはギリシャ、ローマそして北方の文明の大きな流れがあって発展していったのだな、それでこそ今のイタリアがあり、西欧があるのだな、とつくづく思うのである。「すべての道はローマに通ず」の諺は確かである。
[PR]

by jamartetrusco | 2010-10-30 21:00 | Storia (歴史)
2010年 10月 24日

二重の風景

風景画を風景に合わせて撮る。
意図したわけでないのに、不思議な効果が生まれる。
実際の空の青、雲の白が絵の中の空の色と呼応する。
木の緑も絵なのか現実なのか見分けができないような
空間の中の空間。
切り取られた自然がキャンバスの中に濃縮されたようである。

f0097102_21122075.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-10-24 21:13 | Arte di Ale(アレのアート)
2010年 10月 16日

There Is No Blue Without Yellow And Orange

ゴッホの没後120年を記念した展覧会が東京の新国立美術館にて10月1日より開催されているが、この会期中10月23日に関連イベントとしてこの画家を題材としたドキュメンタリー映画'There Is No Blue Without Yellow And Orangeが上映される。「黄色とオレンジなしには青はない」という題名も詩的でゴッホの色彩を語るのにふさわしい。
没後120年記念ということもあって今年は様々な展覧会が開かれたり、またゴッホの書いた手紙を集めた豪華本の出版もあった。
この映画の監督はゴッホと同名を持つフィンセント・ファン・ワインガールト監督。もともと写真家である。何故この映画について話すかと言うとアムステルダム在住の親友のマデレーネが関わっているからだ。
彼女と会ったのはいつだっただろうか。かれこれ20年前だったか。イタリアに渡る前に東京にて
数年仕事をしていた時期に別のオランダの友人を通して知り合った。その頃は自分のデザインをした
帽子とアクセサリーをして華やかでチャーミングな女性で、すぐに友達となった。
彼女とともにした伊勢神宮への旅は今でも心に残っている。
その頃から日本への興味を持っていたので、持ち前の人なつっこさとエネルギーでその後オランダ、
日本の架け橋となる様々な文化交流を手がけられた。
アムステルダムのヴァン・ゴッホ美術館ともつながりがあり、そこでの日本関連の展覧会にも少なからず貢献しておられる。
このたびの映画はゴッホの短いながらも強烈な作家人生に多大な影響を及ぼしたヨ−ロッパの
国々ー生まれ故郷のオランダに始まり、宣教師として滞在したイギリス、ベルギー、そして晩年自殺するまで過ごしたフランスの各地を巡り撮ったドキュメンタリーである。短い生涯の中で26カ所も
場所を変えて住んだという驚くべき足跡。その際に出会った人々、風景、体験がそのままゴッホの制作に影響を与えているのである。そしてなによりも大きなインパクトとなったのは日本から渡ってきた浮世絵である。400枚は所持していたとされる。浮世絵との出会いなしにはゴッホの色彩による画面構成への変化は生まれなかったのである。
この影響を辿るべく日本にも足を延ばして今映画を撮っている監督の友人の話しをマデレーネから聞いたのは今年の5月頃だっただろうか。
マデレーネさんはこの映画撮影に関して大きな手助けをしたので、今回は招待して来日される。
1週間強の短い滞在におつきあいできないのは大変残念だ。

f0097102_21112056.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-10-16 21:02 | Cinema (映画)
2010年 10月 11日

琵琶の音色

昨日フィレンツェのピッティ宮殿内、フィオリーノの間にて日本から訪伊中の中村鶴城師の琵琶リサイタルが開催された。
琵琶という楽器は琵琶法師の耳無し芳一の話しで有名で、
その音色はもちろん知っていたが、実際に弾くところを見る、というか聴くのは初めてである。
琵琶のリサイタルというのにはこの空間はあまりにも装飾過多である。
ピッティ宮殿の内部装飾は18世紀ナポレオンがこの宮殿を拠点とし、その後サヴォイア王宮のものとなったおかげで、メディチ家の館であった建築当初の15世紀のルネサンス様式はことごとく改装され跡形もない。また椅子に腰かけての演奏はどこか違和感がある。師もさぞ弾きにくかったのではと想像する。
しかし、なんという音色だろう。師の絞り出したような迫力ある声音とともに琵琶の弦をたたくようにはじくバチの力強さ。まるで弦が切れてはじけそうである。一瞬にして高低と強弱の音が交互する。号泣のような音もあれば怒濤のような音もある。そして消え入るような炎の閃きのような音も。
とにかく劇的なのである。音のみで感情のすべてを表せるような、表現力豊かな弦楽器。その表現力はバイオリン以上にも思える。楽器を体にむかって縦に置いて弾くのも他の弦楽器にない。バチを弦に向けてはじくにもこのバランスを崩したらおしまいだ、という体勢である。
極限の危うさから生まれてくる音色。
そんな印象を受けた。

f0097102_21213985.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-10-11 21:24 | Musica (音楽)
2010年 10月 06日

陸ガメ

先日木の彫刻家のルカの田舎のお宅にお邪魔した。自然に囲まれ、畑で野菜を作り、
自家製パンを焼き、ほぼ自給自足の生活をしておられるかのようなご両親のお家。
ルカと設計士である弟のアルベルトとともに協力して建てられた心のこもった住み家で
ある。
高台にあり、そぐ後ろはそそり立つ山脈。段々状の敷地に処狭しと植えられたオリーブの
木。そしてその中に隠れる生き物はなんと陸ガメの大家族。
ルカは亀マニアのようで、30歳にもなる大きな陸ガメから今生まれたばかりの小さな
子ガメまで総数でも10匹以上の亀をここで飼っている。故に亀の生態などに詳しい。
質問すればなんでもすぐに答えが帰ってくる。天気の良い日であったから甲羅干しを
する数匹の亀達を拝見した。
のっそりのっそりと堅い甲羅の体をあげながら歩く亀の姿は恐竜の名残りのような
太古の生き物の感である。
甲羅もさまざまな柄になっていて美しい。
想像するのもやさしく、この亀達に一辺に虜になってしまった我が娘。
優しいルカにねだり、ついに一匹頂いてきた。
カモのダッフィーを日本に行く前に川に戻してあげたこともあり、今回取って代わったのは
陸カメのウーゴである。大家さんの庭の土のあるところに離して毎日様子を見ていた。
枯れ葉の下に隠れたり、草の間に埋まったり、よほど丹念に探さないとみつからない。
いずれにせよ活動よりは眠る傾向である。
ところがこの数日姿を消してしまった。どこに行ったのか心配である。時期からしても
たぶん冬眠の準備で、土を掘って地下に隠れてしまったのだろうか。
こればかりは自然の法則に任せるしかない。
次の春まで出て来ないようである。
春の訪れとともにどうぞ顔を出しますように。

f0097102_18501044.jpg


追記:
この投稿をしてから午後になって太陽が出てきたのに誘われてか3日ぶりに姿を現した
亀。いったいどこに隠れていたのか?! 自然界の七不思議。
とにかくひとまずほっとした。やはり冬眠にはまだ早すぎである。
[PR]

by jamartetrusco | 2010-10-06 20:51 | Vita (人生)
2010年 10月 03日

名画を細部まで見る

イタリアの宝である絵画の名作がテンペラのひび割れまでの細部まで見ることが
できるサイトがある。名前はHaltadefinizione、文字通り「高画質」のalta definizioneにどういうわけか
Hがついている会社。
このサイトを検索するとフィレンツェ、ウフィツィ美術館の代表収蔵品であるボッティチェリの
「春」や「ヴィーナスの誕生」、レオナルド・ダヴィンチの「受胎告知」、ブランツィーノの
「エレオノーラの肖像」、同じくフィレンツェのサンタ・フェリーチェ教会内のポントルモ作の
「キリストの降架」、その他にはミラノにあるレオナルド・ダヴィンチの「最後の晩餐」などの名画が驚くほど細部まで見ることができる。
画家の筆さばきから絵の具の状態などことごとくわかるから面白い。
興味のある方は検索してみてください。

f0097102_21294480.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-10-03 21:29 | Arte (芸術)