トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 27日

イタリアへの不信感

このところ日本でもイタリアの首相の女性がらみの事件の発覚は時々報道されて苦笑いを
誘っているに違いない。
以前から不適当な発言や行動をしては(オバマ大統領が就任した際に彼が良く日焼けしている、
などと言ってみたり、またドイツ首相の頭に手でイタリア独特の馬鹿にした意図を含む
コルノの仕草を掲げてみたり)その都度国内外からの批判で話題をさらっていたこの首相。
私的な立場の人物の行動ならいざしらず、ベルルスコーニ氏は一国の首相である。
その立場でして良いこととしていけないことぐらい、子供でもわかるというものだ。
イタリアの美女ばかり大好きなショービニスト、騒々しい悪ガキぶりをまさに代表するある意味では
イタリアのひとつの典型的人物像を顕す人である。
ウォーター・ゲートに因んでルービー・ゲートと呼ばれるこのたびの首相の失態はもう言い訳の
余地なく辞任すべき状況であるにも関わらず。
発端はルービー・ルーバクオーレ(心を奪うルービー)という芸名(?)を持つ名目上はベリーダンサーの
女性。首相が他の近しいメディア界の仲間達とともに開催した自宅豪邸でのブンガ・ブンガ・パーティー
に呼ばれた女性群のひとりで、首相をパーピ(お父さん)と呼ぶ間柄であり、その彼女が盗みかなにか
の別件で警察に捕まった際に首相があわてて自ら警察所長に電話し、彼女はエジプトのムバラク大統領
(今では元)の姪である、と全くの嘘を述べて無理矢理に釈放。
その他様々なスキャンダルが発覚して現在4月の裁判に向けて待機しているという状況である。
問題はこのルービーがパーティーに参加していたときは未成年の17歳であったという事実である。

ムバラク大統領をだしにしてのこの浅はかな行動。しかし、その後のエジプトでの反対派のデモ
ついには革命的と言える大統領辞任をまるで引き起こしたかのような皮肉な結果となっている、
さらに我が首相の驚きは、今緊迫した内戦状況であるリビアのゲダフィ大佐をつい6ヶ月程前に
国賓で招き、その際に自宅豪邸へハーレムのごとく群がる多くの女性達とともに招待していることだ。
挨拶の際に大佐の手にキスをするというなんともそぐわない行為もしている。
こんなにまでして大佐に思い入れていたイタリア首相が今回の内戦の際に支持せずに反対派の
列に加わったとしてゲダフィ大佐のイタリアへの憎悪は格別だ。
イタリア首相が関わると、どの国もヒックリかえるかに見える。

そして北アフリカのこの革命的政変により放出する移民がまず海伝いに辿り着くのがイタリアである。
何十万という数にも昇るかもしれない移民へ備えてイタリアだけでは対処できない、ヨーロッパ
共同体への協力を仰ぐイタリア。しかしEUはこのお笑いのような首相が国を率いる限り
本当の意味での協力は渋るのでは、とさえ思えるのである。
イタリアの政治への不信感はこの首相の存続如何に関わっているようである。

この数日の首相。ついに最後のあがきとばかり反撃に出た。首相主宰のブンガ・ブンガ・パーティー
で有名になったセックスに絡んだBunga bungaの笑い話し。この数日の党大会の席で首相自ら
「みんなでブンガ・ブンガしようではないか!」と笑い叫んだのである。
まるで先日のゲダフィ大佐が支持者に向かって「皆食べて飲んで踊りたまえ!」と言ったのと同じ
エネルギーを持って。
そしてそれに大きく賛同する党支持者達。
恐ろしいのはこの首相、今回の騒ぎで辞任しないのであれば、次の選挙でも大多数をとるかもしれない
指示者達がいるのである。
イタリアは一体どうなっているの? 
[PR]

by jamartetrusco | 2011-02-27 18:22 | Paese (土地柄)
2011年 02月 22日

収穫

旅から帰ると常に日常の空白がある。彼方での日常はこちらでの日常と違うので一瞬空白な
感じがするのである。
時空がどこかで交替するような、飛行機で移動するという事自体が人間の元々の物理的
現実と違うのであろう。長いとは言えたかだか12時間弱の間に10,000キロの距離を
一気に移動するのであるから。
とは言え一瞬の戸惑いも一日も過ぎればまたたくまにその彩色を失い、またこの地の
日常へと解け合っていく。
まるで今まで過ごした日本での時間が夢であったかのように。
いつも旅にて感じる感覚である。
仕事、友人、アレの展覧会を 巡りあっというまの滞在であった。
多くの凝縮した時間は心にずっしりと大切な足跡を残している。

アレの夏の展覧会へ向けて画廊の方ともゆっくりした時間を持てたことは実に良かった。
これからの詰めが重要である。
この展覧会の実現へ多大な助言と助けを惜しまない心の師は様々な余韻を残して将来への
道筋を作ってくださった。師への感謝を含めても最良の展覧会にしたい。

ロンドンの仕事仲間。彼の案内をできたことは実に楽しかった。仕事なのに全く苦でなく4日間
ぶっつづけて時をともにしたのに、全く疲れがなかったのは彼と心が通じ合っているおかげ。

東京の仕事を通して知り合った心からの友。ますます力をつけて行かれるその潔くきりっとした
仕事ぶりは会う度にぞくぞくとした感動を伴い嬉しさで満ちる。仕事に活き活きとしたその姿は
不思議な色気に満ちている、と友ながら思った。

ロンドン時代からの長い日々を共にした友人と過ごしたゆったりとした時間。
素敵な空間での昼食。こういう時間が心を癒してくれる。

そして、作家として心から応援している友人から素晴らしい贈り物を頂いた。
感動、感激。ずっと大事に飾りたい。Aさん、本当にありがとうございました。

最後に今回初めて訪れることのできた伏見稲荷。訪れる度に様々な行事で人に溢れかえり
訪問を諦めていた神聖な場所である。
2月初午にちなんだ行事があるにせよ人気もあまりないその境内。永遠と続く赤い鳥居の
超現実的な道のりはまるで未知の世界へ辿り着くかのようである。
ニューヨークのGate Projectを過去に手がけたクリストも真っ青になるに違いない、その
執拗までの鳥居の列。
人間の信じる心の底なしの力を感じた。

今回滞在での心への収穫の数々。

f0097102_21571271.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-02-22 21:57 | Vita (人生)