<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 27日

フィレンツェのPatrono

6月24日(金)はフィレンツェの守護聖人ーPatrono−の祝日である。イタリアではどの町にも守護聖人がある。フィレンツェのパトローノは洗礼者聖ヨハネ。
もちろんこれはカトリック教会が主流となった時期以降のことで、ローマ時代のフィレンツェの守護神は戦神マルテであった。大聖堂の目の前の八画形のジョバンニ・バティスタにちなむバティステーロ(洗礼堂)の建物ももともとはこのマルテ神に捧げる神殿だったと言う。6世紀の東ゴート王のトーティラがフィレンツェの町を破壊させる図を描いた写本にこの洗礼堂が描かれているのはフィレンツェの歴史を語る興味深い資料である。そしてヴェッキョ橋の入り口に1333年までマルテ像があったそうだが、アルノ川洪水にて流されて今は存在しない。13世紀以降6月24日を守護聖人の祝いとした。

この日は朝から様々な行事が繰りひろげられる。まずは旗手による旗投げ、当時の衣装をつけた4区代表者のパレード、そしていわゆるcalcio storico, 別名calcio in costumeと呼ばれる古代サッカーの決勝戦がサンタ・クローチェ教会の広場で開催される。サッカーという名のもとで呼ばれているが、現在のサッカーとはほど遠く、ラクビーに近いもの、手足とも使ってよし、取っ組み合いもよし、というようなかなり荒っぽい試合。丸い球を相手の陣地ゴールに入れると得点。選手達の剛力の比べ合いと言った感じの、ときには血を流しての原始的な格闘ゲームである。フィレンツェの4区、白(サントスピリト)、空色(サンタクローチェ)、赤(サンタマリアノヴェッラ)、そして緑(サンジョバンニ)を代表する選手は皆15世紀の衣装を身にまとって争うのであるが、シエナの歴史的競馬パリオに比べるといささか野蛮な感じがする。個人的にはシエナに軍配を挙げたい。
そして試合が終わってから夜10時過ぎにはミケランジェロ広場から花火をあげてお祭りは幕を閉じる。

今年の24日はもうひとつの出来事があった。今年で就任2年目を迎える30代の若いフィレンツェ市長の
レンツィ市長が市内の歴史地区の一部を再び交通規制の地区に設定したのである。再び、というのはすでにドゥオーモの近くは歩行者のみの区域となっており、そのおかげでバスの路線をかえたり、開始当初はいろいろな渋滞の問題もあり困惑も否めなかったが今では車が通っていたのも忘れてしまうかのようである。今回の交通規制地域は有名ブティックの並ぶトルナブオーニ通り、そしてピッティ宮殿の前を通る通りで特に後者はかなり車の通りも激しかったので歩行者にとっては通りやすくなる、というところであるが、しかし問題はかなり残されている。というのも中心の歴史地区に住む人たちは身動きできな状況になりつつあるからである。そんな便利な地域に住むだけでもラッキーだから文句を言われる筋合いはないと言えばおしまいだが、彼らもフィレンツェの別の地域に仕事や用事に車で行かなければいかないことが多いだろうから、その際に不便は出てくること間違いなし。
古い町を歩行者天国にしてしまうと町のダイナミズムが段々と失われ、観光客のみ優遇されたディズニーランドに成り代わる危険性もある。フィレンツェ市民が一番暮らしやすいようにするのが市長の役目であろうし、
またそうでなければ町の意味がなくなってしまう。世界からの観光客数があまりにも多くそしてその割に
小さい町であるフィレンツェは多くの問題を抱えているのが現状である。

f0097102_18184967.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-27 04:19 | Paese (土地柄)
2011年 06月 18日

赤月夜 ーLa Notte della Luna Rossa

6月16日の皆既月食の晩。夜8時過ぎから9時過ぎにかけて。
その夜は快晴。絶好の月見日和である。
陰となった月がぼーっと薄赤色で背後に浮かび上がっているのが
美しい。月の姿が黒地にうっすらと映るのはまさに幻想的な夜空。
そして陰となった満月が徐々に顔を出していくその移ろい。
こんなはっきりした月食を見たのは初めてである。
自分たちの住む地球が太陽と月の間にあり影を月に
落とすというそのこと自体がなんとも神秘的である。
いつみても我がテラスから見る月の光景は感動的である。
完全に月が姿を現すまで随分かかった。
すでに深夜近かったようである。
ひとまず月に合掌して床につく。

f0097102_22433380.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-18 22:47 | Natura (自然)
2011年 06月 18日

行方不明のアーティスト

f0097102_1737590.jpg


ニューヨークのセントラル・パークの5番街の角に小さな噴水広場があるがそこに
Ai Wei Weiの十二支のブロンズ彫刻が5月の快晴の空の下展示されているのを
見る機会を得た。
この動物の頭部の彫刻群はこの後ロンドンのサマセット・ハウスにて6月26日まで展示される。

すでにこのブログでもロンドン、テートモダンでの「ひまわりの種」
インスタレーションで紹介したことのある中国の作家である。
中国政府のあり方にもしばしば批判を含めた言論をかわす作家であり、作品に中国の
歴史と文明への暗喩が多いことから、現代中国の第一人者の作家として西欧の
現代美術界での彼の動向への関心度は高い。
毛沢東が自分を太陽とし、中国国民が太陽の向く方向へ向くひまわりである
と喩えたということになんらかの申し立てをしたい意味もあった「ひまわりの種」インス
タレーションは景徳鎮の無名の焼き物職工たちを多数動員しての数年にわたる大作業で
あったことや本来はひまわりの種の敷き詰められた会場を歩き、手で触ることが趣旨であったのに、
展示開始1週間にして磁器性の種を踏みつけることから立ち上がる粉塵が人体に害を及ぼすという
衛生法により、遠くから眺める展示となってしまったといういきさつもあり、常に話題を呼んだ
ものである。


さてこのAi Wei Wei が4月半ばに香港空港にて中国政府当局にとらえられて行方不明になって
からすでに2ヶ月が経った。当局は身柄の拘束は単なる脱税のためと言い逃れをしているらしいが
それが少しの事実が混じっているにせよ、真の拘束の意味は彼の言論、行動があまりにも影響力
があるからだろう。そして中国政府がことさらに敏感に反応する世界の人権問題への関心。
ノーベル平和賞に輝いた中国の人権運動と民主化を訴える活動家,劉暁波 (リューシャオボー)
も投獄中での受賞だったことは記憶に新しい。
そしてこのことへの反感から授賞式に出席した国への報復など告げた政府の過激な態度も
西欧では多いに批判をもって受け止められた。

今回のこの現代作家の拘束。西欧の美術界では解放を求める大きな運動を引き起こしている。
ちょうど5月半ばよりロンドンの大手の画廊Lisson Galleryにて個展が開催中であり、作家不在の
展覧会開幕となった。開始前に作品展示作業を見せてもらったが、大きな中国の箪笥をいくつも
あわせてそこにある開口を覗くと三日月が見えるといったものや、中国の壷に原色のペイント
で彩色して多数並べたりといった規模は大きく、概念を物を通して即物的にとらえた主張の
はっきりしたものである。しかしその背後に中国文明への微妙な詩的言及がある。
自らの生まれた国の歴史と文明、そして現在の状況を直視する彼の態度は単なる自国政府へ
の批判だけの意図ではなく、作家が自身の奥底を見据えようとすると直面せざるを得ない
当然なる帰結であろう。

早く解放されてまた活動してほしい。
[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-18 17:50 | Arte (芸術)
2011年 06月 13日

もろもろ思う

自分の使いなれたコンピューターがないのでいまいちブログの更新はもとより仕事も進みにくい。
そろそろ修理が完了ということであるが、すべて初期化されてしまうようで保存してもらったデータ以外はすべて消えてしまうというので、なんとも悲惨。
I photoとかI Tuneに入っているデータはどうなるのだろう。
それでも仕事はなんとか支障なくこなしているからありがたいと満足するしかない。
娘に感謝。

それ以外にこの週末に起きた辛い出来事。うちの猫のミヌーの子猫3匹のうち一匹を娘の友達に
もらってもらった。
最初は一匹だけとっておいて他はあげるつもりでいたのだが、3匹の存在になれてきて、そして
そのかわいさに日ごとに心温まる体験をするうちに、あげるのがかわいそうになってきた。
こうなったら夏日本に行っている間の2ヶ月誰かにアルバイトでえさだけやりにきてもらう手配を
して皆とっておけるかも、とアレとも話し合って合意した。
しかしそう思う前に約束してしまった一匹だけはあげなくてはならない。
娘の友達だからなにも心配ないのだが、いざいなくなると思うとなんとも辛い。。
とりわけ3匹を本当に気を許さずに世話をしている母猫の姿をみていてますますその辛さは増す。
1匹消えたらどうするだろう、と想像するだけで気が重くなる。

いったい一般的に皆猫を飼う人は子猫が生まれると皆知り合いや友達にあげてしまうのが
当然のように聞いていたので、そんなものかと思っていたのだが、実際に母猫、子猫の関係を目の
当たりしてそんな簡単なものではないということをこのたび実感したのである。
母猫が子猫に対して抱く注意力、愛情、それは人間のそれとまったく変わらない、いやもっと
本能的に強いものに思う。子供を虐待するなどというへんな親が横行する現在を思うと猫の
親子のほうがよっぽど愛情深いと思う。

いよいよ一匹を親子でとりにくる土曜日。夕方7時ごろ、まだまだ明るい庭にて遊ぶ3匹の子猫たちから一匹だけ引き離して連れて行くなんて見るに見かねて、アレに頼んで私は部屋にて隠れていた。母猫が気がつかないうちに持っていってもらった。

その後がまた最悪。ミヌーはどこにいったのかと探し回る。声を出しては存在を探したり、
庭をうろうろしたり。ずっと悲しげな様子で探し回るのである。
なんという残酷なことをしたのだろう、と気がとがめてとがめて、こちらまで涙がとまらなくなる。一つの家族の調和を崩したとしか思えないからである。
たかが動物なんて言えないのである。

今日あたりやっとあまり考えなくなり残った2匹とともに平常に戻ったように見えるが、それでも
こんなことは二度としたくないと心に誓った。
この2匹はどんなことがあっても母猫から巣立つまではそばに置いておこう。

f0097102_22212447.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-13 22:12 | Vita (人生)
2011年 06月 08日

焦土

焦げたオリーブの彫刻は現在の彼の描く風景画とぴったりである。
トスカーナのなだらかな丘のある風景は光を落として闇夢のベールを
まとわる心象風景となりかわる。
そこには一般論の風景画の持つ機能は備わっておらずむしろ自然に
潜む神秘を映し出すかのようである。
まるで焦げた大地のようなメランコリーあふれる色彩画面。

8月末から9月頭にかけて大阪の画廊で初めての個展を開催させて
頂くのだが、風景画を中心にと考えている。
多くの風景画が2009年の8月以降描かれた。
それから2年。秋、冬、春、夏、秋、冬と何回も季節をかえて
風景画もその時々の色彩と自然の推移を追ってきた。
だんだんと色調を落としてきて最後には焦土へと成り代わるその変遷。
風景画のひとつの姿を見せることができれば最高である。

f0097102_2214576.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-08 22:17 | Arte di Ale(アレのアート)
2011年 06月 02日

Guai!

ニューヨークの出張より帰宅して久々に最愛のMacを開けたらなんとフリーズして
しまって、なにも起動しない。
そもそものguai (問題)の始まりはニューヨークから。
ネットがないと仕事に支障があるので娘のネットブックを持参でホテルにて無線Lan
を利用して便利に使っていた。と思いきや滞在最後の2日になって skypeが使用できなくなった。
マイクロソフトが買い取って起こった理由らしい、
新しいバージョンをダウンロードすればよいとフォーラムなどで皆アドバイスするものの
どうも苦手なウィンドウズの操作でなかなかうまくいかない。
結局帰宅してからやっとそれは解決。

しかし今度は私のMacの不機能。20年来お世話になるMac の専門家のジェルビの店に
すぐに駆けつける。いろいろやってみてくれたものの状況はかなり深刻ということで
とにかくデータを写してハードディスクを入れ替える作業になりそう、当分彼の元に入院。。
まあ娘のネットブックを使わせてもらうことにしてひとまず帰宅。
そうしたら次の朝から今度はネット接続ができない。
Ale の10年前のMacもまったくつながらない。
仕事がやまほどあるのに、どうするのーと悲痛な叫び。
プロバイダーの電話会社に電話して相談するがらちがあかない。
モデムが壊れているなんてわけのわからないことで相談料30ユーロというのだから
本当にぶったくり。
仕方がないからわが町のどこかで無線ランつながらないかうろうろして広場にて
やっとパスワードなしでつながるWifiにからくもつながった。
とにかく必要事項だけ連絡して、帰宅。
そうしたら不思議なことに今度は我が家のルーターが機能するようになっている。
いったいなんで?
やれやれ、と思って作業していたら、今度はとんでもないミスでExplorerを
キャンセルしてしまった、最新版の9が調子が悪いので8に戻そうとしたときの
ミス。
もう絶望的。またまた緊急にDoc Gerbiにかけつける。
簡単にインストールできると思ったら案外ややこしい。結局 Firefoxをとりあえず
入れてもらって帰ってきた。こちらブラウザーのほうがなれているので使いやすい、
今日はイタリアは祝日なのでまた金曜日にエクスプローラーは入れてもらう作業を
してもらうということで。
そうしたらまたまた自宅のネット接続障害、もう頭の毛がさかだってギャーという感じ。
夕食後また広場にてからくもつながってそしてまた家にもどったら今度は自宅も
接続再開。

ネットの電波の不思議?もしかすると空気中に飛び交う電波を家にもちかえって
それを我が家のシステムにガソリンのように注入している、という感じにしか思えない。

このミステリーだれかに説明してもらいたいものである。

ということで今日はまだ接続した状況である。このままうまくいけばよいけれど。

まあとりあえずここにこの数日のアクシデントの数々を記録として記しておく。

2011年6月2日 イタリア時間12時13分

追記
いろいろ調べていたらなんとIEが嫌いでどうやって削除できるか聞いている人も
いた。やり方はまさに私がしてしまった操作であった。それによるとIEがなくても
なんの支障もないということなので、一安心、使いにくさでは一番のIEであるのは
まさに同意権である。
[PR]

by jamartetrusco | 2011-06-02 19:18 | Vita (人生)