<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 21日

Cave of Forgotten Dreams - 失われた夢の洞窟

再びヴェルナ−・ヘルツォグの映画。
ドキュメンタリー映画でありながらヘルツォグの夢の徘徊する幻想映画のようである。
タイトルは英題はCave of Forgotten Dreams ー文字通り失われた夢の洞窟。
1994年にフランスの考古学者によって発見されたショベーの洞窟画である。
南中部のアルデーシュ川沿いにある山合いの中の洞窟で、象徴的なアーチ型の岩場の
ある川。
どうして発見したのだろう。中からにじみ出る気が感じられて入ってみて、発見された
というような夢のような話。
ラスコー洞窟画やアルタミラの洞窟画と並んで重要な発見である。
この洞窟は密閉されていて発見された後でも非常に限られた数の学者しか入っていない。
ラルコー洞窟も観光客の入窟にて有機物の導入によりカビが生えてきたということで
今では入窟はままならないと聞く。
このシュベーの洞窟は内部の環境を変えないために一般公開はされていないため
ヘルツォーグのドキュメンタリーはその意味で貴重な記録として存在する。
なぜヘルツォ−グが撮影を許されたかというと、ショベー洞窟の管轄の地域の行政の
担当者がまずヘルツォーグの映画のファンであったこと。そしてへルツォーグが映画
を撮影するかわりにその映画をこの地の教育機関に無償で提供することを約束した
ことから実現した、と語っていた。

このドキュメンタリーは3D映画である。限定の上映であったため3D上映は見逃したが
DVDで観たその映画は感動を誘う映像とヘルツォーグ独特の淡々とした語りが真実を
露にするものであった。

洞窟画は信じられない程の生き生きした動物の描写。30000年程前に描かれた絵である。
そして動物の骨やその当時の人間が残した松明の跡まで壁に残っている。
頭がくらくらするのは30,000年前の絵を修正したのがその後5000年経った後というのが
解明されていることである。
一体どうしたらそんな時代性が解明できるのだろう。

さらに感動的なのはその絵を描いたらしい人の手跡まで残っているのである。
小指が少し曲がった人であると言う。

人間の歴史とはなんだろう。何万年を経た今、私たちは将来の子孫に何を残せるのだろう。
醜い建物、危険な原発だけ残すような人類としての我々があってはあまりにも子孫に申し訳ない。

ドキュメンタリー映画でありながらこれほど人の夢を広がせてくれる映画も少ないと思う。

ヘルツォーグの偉大を改めて感動できる映画。

絵を描く人々には衝撃的な映画である。制作とは、絵描きとは?


f0097102_255455.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-02-21 02:07 | Cinema (映画)
2012年 02月 14日

San Valentino

2月14日に祝う恋人の祭ヴァレンタイン・デーの起源は案外曖昧な伝説にまつわるものだ。
もともと聖ヴァレンタイン自体の存在がはっきりしないのである。
イタリアの名称サン・ヴァレンティーノを名乗る聖人は実は3人知られており、ローマの司祭
ヴァレンティーノ、テルニの司教ヴァレンティーノ、そしてローマ帝国領アフリカの殉教者。
おそらく前者ふたりは同一人物と想像されている。
殉教日が2月14日であるのでこの日を聖ヴァレンティーノの日としてカトリック聖人歴に当てていた。
しかしその存在の不確かさから1969年には削除されてしまったので、カトリック教会公認の聖人でない
ということである。
こんな曖昧な聖人の名前がなぜ恋人の祭りの起源として世界的にその名を馳せることになったのだろう? 
伝説によると当時の皇帝クラウディウス2世は戦さを前にしたローマにて「兵士は恋すれば士気がさがる」
としてローマ兵士の婚姻を禁止したのだが、司祭である聖ヴァレンティーノは秘密に彼らの婚姻を行い、
その罪を問われて捕えられ処刑されたとされる。
さらにはこの聖人は牢獄の看守の娘の盲目を治し、死ぬ前に彼女に当てて「貴女のヴァレンティーノより」
と記したという逸話もある。このように恋人達の願いをかなえ、思いを手紙に託した司祭の名前が現在
の恋人を思いカードや贈り物を送るというヴァレンタイン・デーの源となっているのだろう。

カトリック教会の祭日は本来ローマ時代の異教の神々の祭りに取って代わるものであることがほとんどだ。
ローマ帝国時代、2月13日から15日の間は山羊の足と角をもつ豊穣の農耕神ファウヌス(ギリシャ神話
のパーン)を祀るルペルカリア祭だった。悪を排除し土地を純化し、女性の多産もうながす性的暗喩
の強い祭りでもあったこの日をカトリック教会が良きとせず、聖ヴァレンティーノの日として代替したという
のが実の処と思う。

色々な伝説はあるもの、実際にヴァレンタイン・デーをロマンティックな恋と結びつけたのは英国文学の父
と言われ「カンタベリー物語」で有名な14世紀の詩人チョーサーである。
その詩の中で「鳥達が恋人を選ぶ日」として聖ヴァレンタインの名を引用している。
故にアングロサクソンの文化の中から歴史を辿って生まれてきたのがこの恋を祝う祭りの発祥だろう。

現在その由来も知らずに普及しているチョコ売り商戦の源はこんなところに処し、またコマーシャル化
した祭りの虚ろさはこの現代社会のミスティシズムの欠如をそのまま反映していると思う。

f0097102_22514692.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-02-14 00:38 | Paese (土地柄)
2012年 02月 10日

大寒波

この冬はなんと快晴続きで暖冬だろう、と喜んでいた矢先、この1週間ほど記録的な厳寒となっている
イタリア。トスカーナは先週水曜日に大雪となり、我が集落も孤立の島となった。
学校はもちろん休校。週末にかけて5連休となった娘は多いに雪遊びで楽しんだらしい。
今回の積雪の不思議は局部的であること。フィレンツェからたった20キロのわが町は大雪、でも
フィレンツェはちらちら降っただけで全く積もらず、そしてピサも大丈夫。
おかげで良い案配に無事にロンドンに飛ぶことができ、無事帰宅した。

この大寒波、トスカーナは比較的被害は少ないが、アドリア海側のマルケやアブルッツォ圏の地域
では前代未聞の大雪になっているそうだ。古都ウルビーノでも1メートル近くの積雪となっていて、
断水、停電と大変な状況とか。通常はそんな大雪は降らない地域であるのに。
要するにシベリアから来る大寒波なので、中央ヨーロッパ全体が大雪とマイナス気温に見舞われ、
イタリアもその例外に漏れず、北イタリアはもちろんのこと東側の地域に大雪被害が出ているわけで
ある。トスカーナ地方はイタリアの背骨に当り東西を分けるアペニン山脈のおかげでやや保護されており、
さほどの大雪とならずに済んだ。 ニュースで聞くところによると寒気はすべて南に流れているようで
いつもは零下のアイスランドなどが雪でなく雨が降っているというから不思議である。
今週末はさらなる雪の予報なので、あーあ。

交通にも支障が出始めてスーパーも品薄になり、また野菜や果物の価格高騰もあると聞く。
これはもしかするとイタリア式便乗値上げかな。
雪などほぼ降ったことのないローマでも週末にかけて雪が降り、首都は麻痺状態。
なにしろ慣れていない雪で道路に撒く塩もないし除雪車もないということで街中パニックだったらしい。
積雪からすでに一週間経つが。とにかく日中の気温が上がらないので積もった雪が解けるのも時間が
かかる。

寒くて歓迎できない雪であるが、雪景色の美しさだけは否めない。
葡萄園と杉の木のアクセントがある白の世界。 とくに夕暮れ時は絶景だ。
この光景を愛でながら春の訪れを心待ちにするこの頃である。

f0097102_0401258.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-02-10 00:42 | Paese (土地柄)
2012年 02月 02日

初雪

今年の冬初めての雪。
朝目が覚めたらいつになく静けさが満ちている。
やはり雪がつもっていた。

去年の春に生まれたMomoにとっては初めての体験。
初めての雪にはしゃいで飛び回る猫。

2月1日の早朝。

f0097102_0355740.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-02-02 00:36 | Natura (自然)