<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 30日

Mal di Mare

海から帰ってくるといつも悲しくなる。魂を置いてきてしまったような。
いわゆるホームシックの情感に近い空虚感に満ちる。
体と心が完璧に海の無限なる水により純化された後にまた現実の生活の
汚れにまみれてしまうような感覚。
夏の暑さを逃れて海辺に滞在するというバカンスの意味以上の大事な
何かがそこにある。
海辺で滞在するイタリアの人のほとんどは太陽で日焼けするのが目的の
ような気がするが、まったく本末転倒であると思う。
海は水に触れ、頭からすべて海に埋もれて体中で海を感じなければ
その恩恵を被ることはないと思う。

海辺の休暇観光客達を相手にさまざまなおみあげものや衣類その他を
売るアフリカ、セネガルの男達、女達がいる。イタリアでは彼らを
Vuoi Compraと呼ぶ。「買いませんか?」という意味であるVuoi comprare?
というイタリア語から来ているのである。
この人々は暑い炎天下の中、重い商品を持てるだけもって浜辺の端から端まで
売りに歩くのだが、彼らの中にはとても感じよく、回りで太陽を浴びているだけの
異様なイタリア人達より数倍も頭も良いだろうと想像できる気丈な若者達がいる。
その中の一人が語ってくれたこと。
セネガルでは海は心がなえているとき、嫌なことがあったとき、悪い要素を
体に感じているときにのみ海水に入ってそれらを洗い流すものなんだ、と。
それ以外に海に入るということはないんだよ。自分はまだこの夏一度も海水を
感じていない、と。

私が海に入って体感することと共通する海の力。
そこには本来の人間と海との関係が存在しているようだ。
海から離れて感じる悲しみは海の原始的な力から遠のくことへの
ホームシックであるのかもしれない。
アフリカに滞在した人々がよく口にする言葉、Mal d'Africaーアフリカ回帰と
共通する人間の本能と根源的な生き方へのノスタルジア。

f0097102_21305223.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-07-30 21:36 | Vita (人生)
2012年 07月 10日

Vallombrosaの森

標高1000メートル以上のヴァロンブローザの森。山間。
林立する杉の木の枝と枝がぶつかるせいか皆横ではなく
縦にのびる木の魂。
どれだけ育っていくのか、
木の魂がすべてであるこの森林。
人の存在など無縁である。
これ故に700年ほど前にこの人里離れたこの森林山間地帯に
僧院ができた。
汚職とデカダンスに満ちた教会の状況を憂いた一人の僧侶が
この地にひとつのコミュニティーを作った。
そこから始まったヴァロンブローザの僧院。
この森があるからこそ生まれた信仰の場所である。
森があり、信仰あり、と思った。

f0097102_5275594.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-07-10 05:28 | Natura (自然)
2012年 07月 01日

手と手のかたちー残照

f0097102_2116929.jpg


フィレンツェ近郊モンテルーポは焼き物の街として古くから栄え、ルネサンス最盛期のイタリアはもとよりヨーロッパにおいても最も重要なマヨリカ生産地のひとつである。技法ではブルーを下地に緑の装飾を施したもの、また物語を描くいわゆる「マヨリカ・イストリアータ」などで有名である。
今年で20回目となる焼き物祭、美術館では様々な歴史的焼き物や現代陶芸の展覧会が開催され、通りにはブースが設置されて展示販売や焼き物作り実践などもあり、6月23日より7月1日までの丸一週間、街中が焼き物尽くしになる時。
今年は例外的猛暑の6月末、そしてヨーロッピアン・サッカー試合、EURO 2012でイタリアが思いがけずファイナルまで残ってしまってやや人の出は少ないかもしれない。

今回の祭り、この暑い中訪れたひとつの理由は日本の陶芸家の塩谷良太さんが展覧会を開催しているからだ。塩谷さんは平成23年度の文化庁新進芸術家海外派遣研修員としてフィレンツェの国立美術学院に在籍しながら制作を追求しておられる。最近のプロジェクトとしての「ひとてま」—人、手、間。
氏のホームページの言葉によると、「握手をする時にみずかきとみずかきの間に粘土を挟みます、「ひとてま」はそうして出来た握手の跡です」。
震災の後、被害を受けた街の人々とその方々が避難していた街の人々との出会いと絆を記憶する握手の印として生まれたひとたまプロジェクト。フィレンツェにて、またモンテルーポにても引き続き行われている人と人の握手のかたち。どんどんと増えていく小さな有機的な人の手の残照。私たちももちろん参加する光栄を得た。

このプロジェクトの他にもうひとつ氏が試みたのはモンテルーポの高台にある13世紀初期に建てられたロマネスク様式の教会内ののインスタレーション。やはり肢体に土を押し付けることによって生まれた人の形の断章—具合—物質と記憶—というタイトルがつけられている。朽ち果てたフレスコ画の美しい面影の残った質素な教会内の静寂な空間の中に置かれたこれらの焼き物のオブジェ。
教会の数世紀に渡る歴史とともに生きてきた多くの人々の祈りの結晶がこののインスタレーションを通じて土の欠片として象徴的に表出したかのようなである。

f0097102_21162694.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-07-01 21:19 | Arte (芸術)