トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 23日

一言

樂茶碗はコンセプチュアルアートである。

能の面はコンセプチュアルアートである。

今に言うコンセプチュアルアートとは何かを間違えていると思う。
[PR]

by jamartetrusco | 2013-09-23 04:00 | Arte (芸術)
2013年 09月 11日

2ヶ月の滞在を終えて

6月末から8月末までの日本滞在。長いようで短い2ヶ月の滞在を終えてイタリアに
戻りすでに2週間が経った。
帰ってから雑用と片付けと気ぜわしい毎日。幸い真夏の日差しと暑さが残る晩夏の
トスカーナ。日本から帰宅した後に太陽の日差しは有り難い。太陽のエネルギーで
時差ぼけも飛んでしまうし、また暑いとホームシックにかかっている暇もない。
これがもし薄ら寒く雨などで迎えられたら、本当に気が滅入ってしまうというものだ。
蒸し暑い京都の夏に比べれば日中35度近い暑さのこの地もそのからっとした気候で
過ごしやすく感じる。
9月に入ってもずっとテラスで夕食を取ることができて、半分休暇気分を味わえた。
なにしろ今年の春から6月出発までのイタリアは雨が多くてほとんどテラスで食べる
日などなかったので、最後の最後で挽回である。
今日から娘の新学期が開始。いよいよ仕事、日常の再開という気分で、これから
一挙に涼しさが増して、夏よさらば。

日本滞在中は大阪と有馬での2回の展覧会で忙しい滞在で、ゆっくりした気分になれた
のは最後の10日間ぐらい。夏の帰郷と展覧会が重なるのは善し悪しである。
言葉が不自由なアレなので私が2倍の活躍をしなければならなくなるので。
甘えもあるだろうが、しかし言語能力のない人間というのもいるものである。
何回も日本往復を繰り返しているのに片言の日本語も話せない。
今更とあきらめてはいるが。
本人曰く、言葉への重みをあまり感じていないそうな。
確かに言葉を超えた意思疎通というのもあるので、アレに対して話はできなくても
心を通じてとても親しみを持ってくれている友達が数人いる。
なまじ余計な話しを繰り広げるよりだまっている方を好むという。
物つくりの者が持つひとつの論理かもしれない。

風景の表現にて一つの境地に入り、そして次の道に展開するすべを模索中のアレ。
次回の展覧会はたぶん風景をひとつ超えた何かを見いだした表現となってほしい。

2015年は京都とフィレンツェとの姉妹都市提携50周年。
それを記念してたぶん京都のいずれかの場所で作品展を企画するつもりである。
最初に京都での個展をもった2001年の法然院での展覧会。
そして2005年のまだ京都在だったイタリア文化会館での2人展。

はや娘も15歳となるこの10月。
歳月は矢のごとし。


f0097102_18434273.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2013-09-11 18:43 | Vita (人生)