トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 27日

ヴェネチア絶景

ヴェネチアの夕日。
絶景かな、絶景かな。

儚い夢のような街。サン・マルコ広場とその付近の雑踏を避けさせすれば
これほどまでにマジカルな街はない。

海、運河、橋、広場、狭い路地。
車不在の街は人間の生活を豊かにする。

そしてヴェネチアの人々は陽気である。仕事帰りに行きつけのバーで必ず
食前酒をひっかける人々。老若男女問わず。
飲酒運転の心配がないから、皆のびのびとしている。
人間の原点、本来の姿、歩くことの大切さ。
ヴェネチアの人々は自分の街を誇りに思っているのがよくわかる。

城塞のような閉鎖的なフィレンツェとは対照的に東洋の窓口であった歴史を
感じさせる色鮮やかな港町、世界へと目が向いている。
毎年ある映画祭はもちろんのこと、アート、建築のビエンナーレが1年おきにある
刺激的な街。

フィレンツェの友人がヴェネチアに行くと落ち着かなくなる、海に浮かんでいるから、
そして憂鬱になる、朽ち果てていく感じが、と言っていたのを思い出し、
私とはまるで正反対な情感の人もいるものだ、と驚くとともに、真の心の友とは
なれないだろう、と思った、 ヴェネチアの真の美しさが理解できない人とは。。。

f0097102_1754557.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2015-09-27 17:57 | Viaggio(旅)
2015年 09月 25日

ヴェネチアー潜む顔

f0097102_3265017.jpg


最後に更新してからなんともう2ヶ月が経ってしまった。忙しかった7月後半、そして日本へ
帰郷、あっという間の1ヶ月の夏の京都。
そして9月頭に帰宅。
あまりにも多くのことがあったこの2ヶ月。仕事も、新しい展開を見せる。
アレの来年の展覧会の予定も概ね決まったこの夏。
娘にとっての日本もまた違った眼鏡で映った今回の滞在。きらめくような
心弾む滞在であった。

イタリアに戻って数日後、ヴェネチアに発った。日本の余韻が未だ消えない頃。
新たな旅へと。荷物を開けて片付けたと思ったら、また新たな荷物を
詰める作業、旅の一番苦手な一面かもしれない。我ながら持って行く着替え等は
少ない方と思うが、それでもー
何も持たずに動けたらどんなに素晴らしいだろう。

ヴェネチアは着いた日、素晴らしい快晴。まだまだ暖かい。
今回の滞在はヴェネチア・ビエンナーレのすぐ近く。いつもは正反対の地域である
カナレッジョに泊まるのであるが、今回初めて泊まるカステッロ地区。
巨大なビエンナーレ会場を見終わる頃には疲れ果てて周りを散策する余裕など
ないが、今回は着いた日の午後、他に回る気分でもないのでゆったりとこの
地域を歩いた。

わかったことはこの地域はビエンナーレの国際的な動きと裏腹に庶民の土地である
ことだ。土地の人がどのようにこのアートの祭典を捉えているかは聞く由ももない。
またこの土地にはヴェネチアで一番古い教会、サンマルコ教会の先祖のような
教会があるのである。
ひっそりとした広場にあるまるでピサの斜塔のような傾いたと鐘楼。
周りに座っているのは地元の人ばかり。
午後の日差しがだんたんと傾いてくる中、光が美しく細部を映し出す。
運河の苔むした壁の色、朽ち果てた中の美しさ。
誰も振り向きもしないだろう、ひっそりと佇む石壁にこちらを眺めるかのような
小さな鉄の人物。

ヴェネチアの美しさが潜む。

f0097102_3272170.jpg


f0097102_3275872.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2015-09-25 03:30 | Viaggio(旅)