トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 13日

Caffe Letterario Gallery

今開催中の写真展、JAPAN。
展覧会は6月4日まで。
元々監獄だったLe Murateという場所は近年改装されてアパート兼文化施設や
レストラン、バーと成り代わった。
多少の助成金が得られての経営と思えるが近くにあるフィレンツェ大学の
建築家の学生達が多くたむろするところでもある。
初夏の素晴らしい日差しの中日曜日に展覧会の様子を見に行った。
人のにぎわいはかなりあるものの展覧会を観る人はどれだけいるだろう。
しかし展示作品に変わりなく、安心。

フィレンツェの大部分は観光客の巣であることを考えるとこの場所は案外
穴場かもしれない。
それぞれがそれぞれの思いでこの場所を使っている感じがした。

展覧会が終わるまでにもう一度足を運ぼうと思う。

f0097102_4104887.jpg

[PR]

# by jamartetrusco | 2015-05-13 04:11 | Arte di Ale(アレのアート)
2015年 05月 06日

新しい隣人

長く空いていた下のアパートについに新しい隣人が越してきた。
北イタリアからこの地に仕事のため越してきた若いカップルである。
まだ好奇心旺盛で楽しそうな二人。これから交流して行きたいと
思う素敵な二人である。
ところで彼の方はどうもpolici verdi(緑の指)の持ち主らしく今まで
土だれけの荒れ庭の部分に様々な野菜を植えて畑と変貌させた。
ズッキーニ、トマト、ルッコラ、 茄子、などなど。まだまだまばらに
見える畑だが夏にかけてかなりの野菜畑となるだろう。
こちらも少しお相伴に預かれるかもしれない。

下に住人が来るのは善し悪しでもある。今まで勝手放題に行き来して
いた庭が少しだけままならなくなる。
また夏のテラスでのプライバシーが少し侵略される。
上から見下ろす側である我々はやはり下の彼らと眼が合ってしまっては
悪いから、やや窮屈な感じにはなる。

それでも若いエネルギーが新たな生命力を生むのは
大変嬉しい。特に木が伐採された後の穴を畑という媒体で生きる、
成長するーというプラスのエネルギーをこの空間にもたらして
くれるのはなによりである。

我が猫のミヌーもどこかそわそわしている。

f0097102_22472526.jpg

[PR]

# by jamartetrusco | 2015-05-06 23:01 | Vita (人生)
2015年 04月 27日

JAPAN 写真展

f0097102_17395460.jpg


友人の詩人、作家、美術評論家のエルダ・トレス女史の監修による写真展
JAPANが4月30日より6月4日までフィルンツェのLe Murate内 Caffe Letterario Gallery
にて開催される。
写真はアレが日本との長い付き合いの中から瞬時目に止まる新鮮なイメージ、風物、風景
をその都度写真に納めた中から私が選び、そしてエルダが最終的に展覧会として
まとめたものである。
日本人なら慣れた風景として見逃す事象や色彩、質感をイタリア人のアレの眼に
面白い、不思議、美しい、と感じられるものである。
もちろん日本人の私も同様に受け止めることも多々であるけれど。
写真家ではないので写真としての完成度や技術などを見せるための展覧会ではない。
アレの画家としてのインスピレーションの源となるイメージの数々である。

日本の機微、細部との遭遇から生まれ得たアレの作品の数々。

その意味での写真展である。
[PR]

# by jamartetrusco | 2015-04-27 17:34 | Arte di Ale(アレのアート)
2015年 04月 27日

蒼々

蒼々たる新緑の美しさ。満開の桜に勝るとも劣らない。
桜が散った後の京都は観光客も少し減ってかえって落ち着く。
桜と紅葉は美しいがそれゆえにあまりの多くの人の出で
その美しさを静かに味わうことができない。

仕事を終えて京都に入る。今年の4月は記録的に悪天候
雨ばかり、寒い日々が続いたが、時折現れる日の光が
それゆえになおさら有り難みを増した。

蒼々たる緑海原に友の魂、宿る。

f0097102_0561031.jpg

[PR]

# by jamartetrusco | 2015-04-27 00:56 | Vita (人生)
2015年 04月 05日

Orbetello 今の源となった町

f0097102_16401912.jpg


1993年の7月。
8月から始まる絵画修復夏期講習に参加するためにフィレンツェに向う前に
イタリア語の勉強で数週間滞在した海辺の町Orbetello。
トスカーナの最南端にあたるアルジェンタリオ半島をつなぐ細長い陸地に
ある不思議な地形の町。
ラグーナ(潟湖)中央にある砂洲にできた町。
トスカーナの海辺の語学学校を探していて当時はどこに位置するなどわから
ないまま滞在を決めた町。

アレと知り合うきっかけとなった大事な町である。
この町に来ていなかったらアレと会うことはなく、今の娘も人生もないことを
思うと不思議な運命を感じる。

そんなに深い想いのある町なのに、93年以来一度も再訪する機会が得られなかった
のが妙である。

復活祭の前夜とも言えるVenerdi Pasqua (イースターフライデー)の晩に娘の
お気に入りのMadhがこの町に登場すると聞いたのがロサンジェルスに行く前。
帰ってから2日後で、6日には仕事で東京に発たなくてはいけないことを
考えると日程的にきついのはわかっていたものの、娘の情熱を重んじてあげたい
というのがひとつ、そしてもうひとつの重要な要因はコンサートの町がOrbetello
であったこと。

20数年ぶりに訪れた町、滞在していたアパートの場所や町の風景はすべて記憶に
鮮明であるが、まだ左も右もわからない当時の自分の心境とは全く違う今の自分が
長い月日を経て同じ場所に立つというのは感慨無量だ。

未熟な片言のイタリア語で暮らしていた当時、知らぬが仏の大胆さもそういう
時期にしか味わえない醍醐味である。
しかしその時には考えてもいなかったアレとの出会いとそこから始まる今の家族、
人生を思うと久々に訪れたこの町に感謝の気持ちが溢れ出る。

お美味しい魚料理のトラットリアにて白ワインと食後酒と、すっかり飲み過ぎて
ほろ酔い加減になりながら、亡くなった友人の魂を大事にもっともっと強く生きようと
心に固く決めた。

深夜の2時過ぎまで近くの屋外ディスコの公演に
熱狂している娘とそのお友達の迎えまでまだまだ時間があるので、
アレと散歩しながら生きる喜びを感じた。
[PR]

# by jamartetrusco | 2015-04-05 00:29 | Vita (人生)
2015年 03月 24日

Morte della mia amica

初めて親しい友人を失った。
自分とほぼ同世代。病気であったわけでもなく。
今まで存在していた一個の個性が突然消失する。
もう二度と会えない。
一緒に過ごした時間は遠方ということもあり合計すれば
そう長いわけでもなかった。
でもこの10年、一番記憶が新しく、自分の最近の道程を
共にしてくれた友人。
近しい心持ちの人だった。

3月初めにその死を知らされて、呆然となった。
でも人間生きていくしかないのだから、そして
毎日やるべきことをこなしながら、
心をよそに向けながら
通常をよそおって暮らしてきた。

悲しみには時差があるような気がする。

涙、涙、涙。

でも生前の想いを刻みながら
彼女のために倍ぐらい生きてあげたいと思う。

f0097102_547966.jpg

[PR]

# by jamartetrusco | 2015-03-24 05:50 | Vita (人生)
2015年 03月 21日

今年のOpen Studio

土日のFesta di Frittelle(サン・ジュゼッペの揚げ菓子祭)に合わせていよいよ
オープン・スタジオの開幕である。
昨日までの春らしい陽気ではないもののなんとか雨降らずにいてほしい。
3月21日、春分の日と重なって。
昨日は日食、この地ではやや光が暗くなったかな、ぐらいであったが
イギリス以北はかなり完璧な日食だったと聞く。

月と生き物との関係は大である。
月により人の生命、営みのサイクルがある。

今年のオープンスタジオはどんな出会いがあるだろう。

これから一気に忙しくなる。
ロス、東京、京都、そしてフィレンツェにての写真展。
4月26日オープン予定の写真展はアレと私が過去20年に渡り日本にて撮り続けた
写真を選りすぐって展示するもの。
アレの制作の源泉となるようなイメージの数々。
アレの心を揺さぶった日本との出会いの結晶が集結する。
写真家でないから専門家の画像とは違うが見るものの「眼」が活きる写真である。
そこから彼の絵画がどのように生まれてきたかを知ってもらうためもある。
Firenzeの元は監獄だった場所、Le MurateのCaffè Letteraraioにての展示となる.
普段の展覧会とはまたひと味違ったものとなるだろう。

f0097102_2324818.jpg

[PR]

# by jamartetrusco | 2015-03-21 23:05 | Arte di Ale(アレのアート)
2015年 03月 08日

Idoli

Idolo という言葉は日本語に訳せば「偶像」なのであるがどうも意味が偶像崇拝の
ように否定的な暗喩があるようで雰囲気が違う。
また英語でIdol-アイドルーと呼べばその使用があまりにも限定されていて、本意から遠のいてしまう。
イタリア語で言うIdolo-イドロはどこか太古の香りのするひとがたの像。
神でもあるような人でもあるような、そして神聖さの中に土臭さのあるようなユーモラスな
像である気がする。
だからアレの彫刻はあえてIdoloとのみ呼びたい。
先日セルジョから貰い受けてきたオリーブ木片はどんどんとIdoloに変身しつつある。
次々とひとがたのような動きのある形体へとなり、それが増えれば増えるほど力を
増していくような気がする。
3月19日のサン・ジュゼッペの聖日に合わせて行われるこの集落の祭りにまたオープン・
スタジオを開幕させようと計画中。
杉の木の彫刻と合わせてこのオリーブのIdolo達も顔見せできるだろう。
冬眠の穴蔵からのっそり起き出したかのように。

f0097102_17324238.jpg

[PR]

# by jamartetrusco | 2015-03-08 17:34 | Arte di Ale(アレのアート)
2015年 03月 08日

Madh、ミュージシャン

16歳の娘のおかげで去年の秋イタリア版のXFactorをフォローする機会を得た。
毎年放映されるX Factor、日本では全く根のつかないマルチナショナルのTV番組の
ひとつ。ビッグ・ブラザーなどに端を発した最近のリアリティーTVの一つと言える。
オーディションから選ばれた音楽の道を夢見る候補達がそれぞれのカテゴリーに当てられた
審査員の元で毎回選ばれた曲をこなしながら視聴者、審査員の判断で選ばれ、残って行き、
最後優勝者が選ばれる、という形式の番組である。オーディションからフィナーレまで
3−4ヶ月かかる。
毎年放映されているものの全く興味なくて、馬鹿にしていたのに、去年はなぜかはまって
しまった。
なぜかと言うと娘がファンとなったMadhがいたからである。 フィナーレ二人に残り2位に終わった。
第一印象は全く興味なし、の感じのちんぴら風の若者だったのに、毎回観て行くにつれ
どんどんとその良さを見直してしまった。なぜだろう。
趣味から言うと真反対な感じの音楽と風貌のこの若者に、どこか魅力を感じ始めたのは
彼が日本のファンとわかったからだろうか。
自分で作曲した最後の切り札となる曲は
Sayonara
「さよなら」という曲である。
すべて歌は英語、これもイタリアの一般観衆には受けが悪い。
めざすのはムンバトンというラップとボリウッドを混ぜたようなのりの良い旋律。
そして全く一般うけしそうにないビデオとともに発信。一部のファンはいるものの今後は
どうなるだろう。 これからが勝負だろう。

まだ21歳のMadhは今までイタリアにいなかったタイプのミュージシャンだと思う。
音楽の中に政治プロパガンダも恋愛の甘いメロディーも関与しない、純粋に音楽を追求
しようとする。
誰にも屈しないという若い情熱が感じられる。
少し正統から離れたマイナーなこの歌手に惹かれた娘にもやや安心する気がする。

将来日本でコンサートが行えると良いのに、と思う。
[PR]

# by jamartetrusco | 2015-03-08 05:25 | Musica (音楽)
2015年 02月 16日

最後の砦

大家さんの庭にあったプラタナスの大木が無惨にも切り倒されてしまった。
樹齢どのぐらいだったのだろう。切り倒された幹の直径をみただけでもかなりの
幅があるので少なくとも70〜80年、いやもっとかもしれない。

大家さんの庭にあった木々、一体この20年で何本切り倒しただろう。自然の力ー
強風で倒れた杉の木も含めて10本以上?
松の木もあった。ヤシの木もあった。夏の暑さもややしのぐことのできる木陰。
松の実をひろって喜んで食べていた娘はいくつだっただろう。
その松の木が庭から消えてすでに10年は経っているだろう。
今では40過ぎの長男が生まれた祝いに植えたと聞いているヤシの木。
ひょろひょろと延びたその頂上にヤシの木らしい葉っぱをはやし、月影に映る
その姿は夜景にも似合っていたものである。
大きな葉っぱで落ち葉はきは大変だったけれど堂々とした大木だったもくれんの木。
大家さんの家を蔦っていた藤の木。
この家に住み出してからの20年。木が一本、また一本と切り倒される度に
悲しい気持ちになったのに、自分の子供の誕生とともに植えた木を切り倒して
平気でいられるこの家の大家さんの神経は一体なんだろう?

自分が植えた木だから切り倒すのも自分の自由、という人間のおごりか?
一本の木がある時までに成長していくその中に自然の生命の大切さなど
いっさい感じないのだろうか?
若気の至りでなにも考えずに植え過ぎてしまって壁を崩してしまった杉の木を
切り倒して以来、家を壊すのでは、また外壁を崩すのでは、という心配から
次から次へと木を伐採してきたこの大家さん。
そのお陰でどれだけこの家の住居空間が変わってきたのも気づかない。
木の壁なしに容赦なく吹き付ける風当たりが強くなり、湿気は下の野原から直接
上がってくるので冬の朝の寒さは厳しくなり、また直射日光を浴びる夏にどれだけ
暑くなり木陰の涼しさを欲するか、そのような自然の法則は全くおかまいなしである。

このプラタナス-最後の砦が切り倒されてしまった先週月曜日。
2月9日。
この大木のために記録しておこうと思った。


f0097102_175151.jpg

[PR]

# by jamartetrusco | 2015-02-16 17:53 | Vita (人生)